rss twitter fb hatena gplus

*

2015年10月のINDEX & 【2015TIFF雑感】

映画祭の季節がやって来ました。
東京国際映画祭(TIFF)、ラテンビート映画祭。さらには中国映画週間、シッチェス・カタロニアも重なっていて、フィンランド映画祭、フィルメックスももうすぐ。
東京はしょっちゅう映画祭をやってる訳ですが、中でもこの時期はたくさん重なります。
おかげで今月は、劇場で31本映画を見てしまった。

今年のTIFFも終了。今年は9本。
張り切ってチケットを取ろうとしたら、ワールドフォーカス部門が値上がりしたのを知り、何となく意気込みが萎んじゃいました。
さらに新宿と六本木の移動は面倒だったのもあって、今年は少なめに抑えちゃいました。

今年のコンペ雑感ですが、TIFFらしい重厚さ・渋さ・深みを感じるコンペ作品が少なく、
その代わりに従来のTIFFコンペ作品とは少し趣きの違う娯楽性、コメディなどが増えたイメージ。
難解であったり、ドッシリ構えるような作品は、ワールドフォーカスの方に絞った傾向を感じた。

TIFF雑感まとめをUPすることにします。

2015TIFF雑感

ワールドフォーカス

・『ヴィクトリア』
「140分ワンショット」と聞いてホイホイ釣られた。この尺の長回しとは思えないほど確かな撮影技術、満足度の高い映像に惚れ込む。ただし物語には惹かれず。その場を体験するかのような目線だからこそ、“ここで引き返すべき時”を全て見逃すヒロインの行動が疑問に思える。

・『ボディ』
これは何とも珍妙な作品…!ベルリン監督賞作品だけど、感激と共に語るか永遠に黙るかの二択しか無い。私はゆるゆると楽しめたよ。この世は生者と死者が共に存在する世界。body自体にどちらの意味もあり、ダブルミーニングになっていたのだと。

・『私の血に流れる血

・『ミューズ・アカデミー

コンペティション

・『スリー・オブ・アス』
イラン系フランス人の監督ケイロン。途中でその名前が登場し誰がそこに該当するかが分かった。フランス人の描いたイランにしか思えず、違和感を感じたりも。あと私には編集のテンポがのっけから合わないなと感じた。並列のエピソードの並べ方もあまり好きではなく。

・『神様の思し召し』
イタリアンコメディは意外な切り口。入信する息子とその父親を描いて笑いに繋げるとは意欲的。父親の変容に関しては少々駆け足か。ラストは梨が落ちた訳だから…。

・『ガールズ・ハウス』
盛大に寝てしまったのでティーチインを聞いたけど、そこでも寝てしまった…。ファルハディを凡庸な才能が真似ようとしても難しいね。去年TIFFで見たイラン映画『メルボルン』(監督:ニマ・ジャウィディ)はそこ行くと面白かったなあ。

・『ボーン・トゥ・ビー・ブルー

アジアの未来

・『If Only』
インドのフレッシュさ溢れる青春映画。失恋の痛手を乗り越える話を、真正面から捉える。監督(イシャーン・ナイール)はこれが初めての映画である上に、主演の俳優(ヴァルン・ミトラ)、女優(ニディ・スニール)、助演女優(カーヴヤ・トレーハン)も全て初映画だとか。さらには撮影監督も初映画ですって。インドは本当に才能がひしめいているのだな。
美しい映像でウットリとさせ画作りもセンスを感じる。テーマも好きだけど、私には少々甘すぎた。

2015-10-24 13.39.09


10月の評価別INDEX

★★★★★

★★★★

★★★

★★

  • ガールズ・ハウス ・・・2.9
  • If Only ・・・2.8
  • スリー・オブ・アス ・・・2.7

(特に無し)

以上

好き嫌いのみで判断し、作品の完成度とは関係ないものとします。
評価は人の数だけあります。

 

関連記事

2016年12月の評価別INDEX

年始に久しぶりに実家に帰ったんですが、やはり自分の家族は気を使わなくて...
記事を読む

2016年11月の評価別INDEX & 【石巻ラプラスレポート】

仕事が忙しくなったためもあり、ブログを書く気力が若干減ってきたせいもあ...
記事を読む

2016年10月の評価別INDEX & TIFF一言レビュ

一気に朝夜冷え込むようになりましたねぇ。 今年も東京国際映画祭が終わり...
記事を読む

9月の評価別INDEX

最近ちょっとだけ忙しくなりまして。 本当はもう少し更新したいなと思って...
記事を読む

2016年8月の評価別INDEX

こちら、先日行ってきた江ノ島。 今年の夏行った公園は… 錦糸公園、大宮...
記事を読む

879

コメント(2件)

  1. こんばんは。
    今月の評価別INDEXはひとつも観たものがなく残念です。
    「マジック・マイクXXL」は観たかった~(マット・ボマーに嵌っているので)
    「ボーン・トゥ・ビー・ブルー」の公開&レビューが楽しみです。
    私は来週「アクトレス」と「裁かれるのは善人のみ」(先月ロシアに行ってきたので)を見る予定です。

  2. cinema_61さんへ

    こんばんは〜♪コメントありがとうございました。
    あらまー、一つも無かったとは!それは残念です〜。
    確かに映画祭の時期は、元々ちょっとマイナーなチョイスであるのに、さらに拍車がかかるかも。すみません…。
    通常劇場公開では、『アメリカン・ドリーマー』や『マジック・マイクXXL』辺りなら、cinema_61さんにも楽しんでもらえそうと思うのですが、いかがでしょうか?

    私も、『アクトレス』と『裁かれるのは善人のみ』は見に行こうと思っています!
    あと、今日『名もなき塀の中の王』を見ましたが、これまた大傑作でしたよ!
    ハードな、男っぽい映画ではありますが…。
    もしまだでしたらいかがでしょうか?
    新宿ケイズシネマでやっています。




管理人にのみ公開されます

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


スパム対策をしています。コメント出来ない方は、こちらよりお知らせください。
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...

【シリーズ秘湯】乳頭温泉郷 鶴の湯温泉に泊まってきた【混浴】

数ある名湯の中でも、特別エロい名前の温泉と言えばこれでしょう。 乳頭温...

2016年12月の評価別INDEX

年始に久しぶりに実家に帰ったんですが、やはり自分の家族は気を使わなくて...

とらねこのオレアカデミー賞 2016

10執念…ならぬ10周年を迎えて、さすがに息切れしてきました。 まあ今...

2016年11月の評価別INDEX & 【石巻ラプラスレポート】

仕事が忙しくなったためもあり、ブログを書く気力が若干減ってきたせいもあ...

→もっと見る

【あ行】【か行】【さ行】【た行】 【な行】
【は行】【ま行】【や行】 【ら行】【わ行】
【英数字】


  • ピエル(P)・パオロ(P)・パゾリーニ(P)ってどんだけPやねん

PAGE TOP ↑