rss twitter fb hatena gplus

*

ホラー卒業します! 『インシディアス 第2章』

poster2死霊館』と2つ合わせて全米大ヒットの嵐!だったらしい。ジェームズ・ワンはたった一人でホラーを盛り上げることが出来る人だ、ということですよね。しかも、ホラーはこれで最後の2作品だと言っているのだから、さらに業が深い。

死霊館』はそれこそオーソドックスな作品。これまでみんなが何度も見て来たような、よくあるホラーの定石をなぞりながら、テンポの良さと冴えのいいビックリ演出で、盛り上がり必須の面白い作品へと磨き上げられてた。ただ、個人的にはラストが上手にまとまりすぎ、感動作で綺麗に終わりすぎで醒めてしまった。だから、私の大好きな作品にはなり得なかったんですよ。ベストにはこういうの入れたくないんですよね。あの「どうだ、上手にやれただろう」感が好みじゃない。

で、こちらの作品はといえば、その死霊館でのオーソドックスで古典的な作りである部分を一切取っ払って、もうやりたい放題にやり尽くした感じ。ノリノリなのか前衛的なのか、それとも「あれ、ものすごい難解な映画を見ているんだろうか?」なんて思ってしまった(笑)。あの世との境界線を超えるやり方も、戻ってくる方法も、驚くべきアトラクション感覚!この物語の構成について思い出そうとしているんだけれど、上手いこと説明できない…あ、駄目。思い出せないわ。ジェットコースターのコースを覚えろなんていうのが無理なのと一緒で。

要は1の『インシディアス』から綺麗につながっているんですよね。だから1の物語を忘れていると、全くついていけない可能性がある。最後に助かって息子と一緒に生還した時に、お父さんと一緒にあの世の一番恐ろしい存在がついて来てしまった。1はオーソドックスですごく良く出来ていて面白かったのだけれど、この文脈をシッチャカメッチャカにした2はもう何というか…素晴らしーッ!!とにかく、すんごいお祭り騒ぎ!

死霊館』のラストの綺麗にまとまった感じを観て思ったのは、自分はホラーを信じている人、ホラーというジャンルの中でもっと別の何かが出来る、と信じている人の方が好きだということ。もちろん、『死霊館』は満足の行く面白い娯楽作品なので、普通に考えればものすごく評価する気持ちはあるんですよ。ただプラスαの部分で、自分が好きか嫌いかという本能のようなもので言えば、取り残されたような寂しい感じがしてしまった。これでホラーを引退すると言っているのだから余計、「ホラーなんてこんなもんでしょ」と言いたいのか?、なんて気持ちにもなってしまった。そう考えてみると、全力でやり切った感のあるこちらの作品は、『死霊館』を表とすれば、まさにこれ裏面。そして、本当はこっちの方が彼はやりたいことなのかもしれない。だから逆に納得がいってしまったんですね。「私はホラーを卒業します。ジェームズ・ワンを嫌いになっても、ホラーを嫌いにならないで下さい!」そう言われているような気が勝手にして、勝手に許す気になった私でした。

ところで、パトリック・ウィルソンはすごいな。私が初めて彼を見たのは、『ハードキャンディ』のロリコン兄ちゃん。チ●コ切り取られる役でした。次に見たのは『リトル・チルドレン』。ここではロリコン役ではないけれど、この映画にロリコンが出てくるんですよね。ジャッキー・アール・ヘイリーが性犯罪者の前科者の役で。さらに『ウォッチメン』ではこのロリコン二人が出てきます。パトリック・ウィルソンとジャッキー・アール・ヘイリーの二人ともウォッチメンの重要なメンバー役。で、その後は他にいろいろな映画に出てくるんですけど(『特攻野郎Aチーム』とか『ヤング≒アダルト』とか『プロメテウス』とか。)、これでさあ、どんどん名を上げていくのか?と思いきや、なんと『インシディアス』、『インシディアス2章』、『死霊館』気づけばホラー俳優。おいおい!?大丈夫なんですかぁー?そんな彼の今後が見逃せない!また原点に戻ってロリコン役かもしれない!?乞うご期待!

’2013年、アメリカ
原題:Insidious
監督:ジェームズ・ワン
製作:ジェイソン・ブラム、オーレン・ペリ
製作総指揮:スティーブン・シュナイダー、ブライアン・カバナー=ジョーンズ他
脚本:リー・ワネル
撮影:ジョン・R・レオネッティ
音楽:ジョセフ・ビシャラ
キャスト:パトリック・ウィルソン、ローズ・バーン、タイ・シンプキンス、リン・シェイ、リー・ワネル、バーバラ・ハーシー、アンガス・サンプソン

 

関連記事

『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...
記事を読む

『エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に』 アメリカ亜流派のレイドバック主義

80年代の映画を見るなら、私は断然アメリカ映画派だ。 日本の80年代の...
記事を読む

『湯を沸かすほどの熱い愛』 生の精算と最後に残るもの

一言で言えば、宮沢りえの存在感があってこそ成立する作品かもしれない。こ...
記事を読む

美容師にハマりストーカーに変身する主婦・常盤貴子 『だれかの木琴』

お気に入りの美容師を探すのって、私にとってはちょっぴり大事なことだった...
記事を読む

『日本のいちばん長い日』で終戦記念日を迎えた

今年も新文芸坐にて、反戦映画祭に行ってきた。 3年連続。 個人的に、終...
記事を読む

1,867

コメント(2件)

  1. こういうオカルトホラーもいいんだけど
    前作がかなり怖かったんで期待値上げすぎちゃったのが敗因でした(笑)
    パトリック・ウィルソンのデビュー時のロリコン役見たかったな~^^

  2. itukaさんへ

    こんばんは〜♪コメントありがとうございました。
    『インシディアス』1の方もすっごい面白かったですよね!
    私は逆に、1と同じような作り方をしたら、凡作で終わってたと思うんです。
    ぶっ飛び過ぎ、かっ飛んだ作品になってるところが、才能を感じました。itukaさんとは違う観点ではあるんですが。
    ホラー卒業宣言は、『狼の死刑宣告』がかなり出来のいい作品だったこともあって、私はそれはそれで有りだと本当は思ってるんですよ〜

    パトリック・ウィルソンは、映画俳優になる前はブロードウェイのミュージカル俳優なんですよ。
    ホラー俳優ではないらしい!(爆笑




管理人にのみ公開されます

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


スパム対策をしています。コメント出来ない方は、こちらよりお知らせください。
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...

【シリーズ秘湯】乳頭温泉郷 鶴の湯温泉に泊まってきた【混浴】

数ある名湯の中でも、特別エロい名前の温泉と言えばこれでしょう。 乳頭温...

2016年12月の評価別INDEX

年始に久しぶりに実家に帰ったんですが、やはり自分の家族は気を使わなくて...

とらねこのオレアカデミー賞 2016

10執念…ならぬ10周年を迎えて、さすがに息切れしてきました。 まあ今...

2016年11月の評価別INDEX & 【石巻ラプラスレポート】

仕事が忙しくなったためもあり、ブログを書く気力が若干減ってきたせいもあ...

→もっと見る

【あ行】【か行】【さ行】【た行】 【な行】
【は行】【ま行】【や行】 【ら行】【わ行】
【英数字】


  • ピエル(P)・パオロ(P)・パゾリーニ(P)ってどんだけPやねん

PAGE TOP ↑