rss twitter fb hatena gplus

*

65.ローズ・イン・タイドランド

ローズインタイドランド少女の世界そのままのような、美しく彩られた毒々しい幻想ワールド。
エグイのにピュアな、少女でありながら大人の色っぽさを感じさせる、ジョデル・フェルランドの、魅力溢れるこの作品。
おぞましい描写をしているのに、奇妙に鮮やかな美しさ。
相反する言葉で表現されるのがピッタリマッチして感じられる、反転のファンタシー世界。


チョコバーを食べすぎのママ(ジェニファー・ティリー)が死んで、パパ(ジェフ・ブリッギス)とユトランドへの冒険の旅に出る。ユトランドは、トーマス・モアの“ユートピア”ー理想郷、と同義語。ユートピアもラテン語の二つの言葉を掛け合わせた、トーマス・モアの同著作名の彼の造語であるので、このユトランドもどこにもない“理想郷”。

それをパパはずっと信じているが、ママはハナから信じてはいなかった。もちろんジェライザ=ローズ(以降、ローズ。ジョデル・フェルランド)はパパを信じている。
しかし辿り着いた先は草原の中の死んだおばあちゃんの家だ。
パパは結局、家に居た頃と同じ、“小旅行”と称して、ドラッグでトリップしてばかり。どうやらパパの理想郷は、そのことらしいんだけど、いつもローザはその間置いてけぼりだ。
パパのドラッグのお手伝いの、注射器を用意するのも手馴れたもの。


で、その間、大概、友達のいない彼女は、人形の頭を指人形がわりに、話かけたり、幻想の世界で遊ぶ。
トリップしている間に、パパはいつの間にかオーバードーズで死んでしまうが、ローザにとって、別に、いつもこの状態のパパであるし、死の概念がないので、そのまま彼女自身の世界が揺らいだりすることはない。


ギリアムの『フィッシャー・キング』なんかが好きな人には、この映画の毒々しいファンタジー世界に、難なく入っていけるかな?と思う。

少女の世界は、幻想と現実が錯綜していて、“こっちの世界”と“あっちの世界”、それら二つが自由に自然のうちに行ったり来たりする。
も少女は、幻想のうちに現実を生きているとも言え、現実のうちに幻想を見ているとも言え・・・。


この少女の世界そのままを表したミッチ・カリン原作の、このギリアムワールド・・・私は、夢中になった。
きっと、理屈のないヘンテコ妄想世界。
 友達がいなかったら人形としゃべるし、「ここが海底で、海の魔物が襲ってくる!」・・・と思えば、すぐにそう思うことができる、子供の頃。・・・
少女だけじゃなくて、男の子もそうだったんじゃないか、と思うけど。


少なくとも私は・・・そうでした。
なので、指人形に話しかけるローザの姿は・・・自分もヌイグルミに喋らせて遊んでいた自分、そのままを見ているかの様だった・・・。と、言われると、これを読んでくださった方は、ドン引きかな?・・・(汗)
でも私、中には、私と同じような人もいると思うんだ。子供の頃、その“王国”に住んでいた人には、うん、分かる、分かる・・・そうなのよねぇ。なんて思ってワクワク見入ってしまうんじゃないかな。
この変な妄想ワールドに、入って行けない人には入っていけないし、入って行ける人にはすんなり入って行ける・・・なんて思うんだけど。
みなさんも、子供の頃はそうだったでしょ?
大人になると忘れちゃう人が多いかもしれないけど・・・

:::::::::この先、ネタバレ:::::::::::


ローズの家


 


 


 


 


 


 


 


 


 


パパの世話やママの世話ばかりしていたローザは、この世界で、他の人間に出会う。魔法使いかと初めは思った、浮浪者のデルと、脳手術をして、知能が小児程度のディケンズと“友達”になる。


始めにしゃべるリスに会って、どっぷり一人だけの幻想世界から、一緒に幻想の世界で遊ぶ仲間が出来ると、・・・自分で話しかけなくても、指人形が喋りだすように感じるあの辺りから、どんどん深くへ移行してゆく・・・。

ローズの世界を美しく描き出す、映像と、音楽の使い方がとても見事だ。死体に加工を施す後始末とは言え、掃除をしただけの廃墟は白亜塗りのお城のようにローズには感じられる。
ローズ掃除も、おそらくローズには初めての事だったのか、楽しげな音楽で行われ、ディケンズと愛を交わすシーンでは、小鳥の鳴き声がずっと聞き取れたりする。そのシーンは、イケナイことに、なんだかドキドキしてしまう。

どんどん深くなる世界は、曲がった木の根元より、いつのまにか反転する。
“地球のまん中まで行くと、向こう側に出る”。
列車の脱線事故が“世界の終わり”なら、少女の幻想が終わる時がこの世界の終わるときでもある。


なんだかよく分からない少女の幻想世界を、現実と幻想の境界線ナシに描いた、素敵に奇妙な世界。
よく分からなくても・・・それが少女の世界だ
美しいだけじゃない、醜いものも同時に、普通に存在する。


ローズのように感じたら本当に楽しそうで、ジョデル・フェルランドの演技が見事でキュートであるから、余計・・・。この子の世界に埋没してしまいたくなった。

 

関連記事

『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...
記事を読む

『エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に』 アメリカ亜流派のレイドバック主義

80年代の映画を見るなら、私は断然アメリカ映画派だ。 日本の80年代の...
記事を読む

『湯を沸かすほどの熱い愛』 生の精算と最後に残るもの

一言で言えば、宮沢りえの存在感があってこそ成立する作品かもしれない。こ...
記事を読む

『ジャクソン・ハイツ』 ワイズマン流“街と人”社会学研究

去年の東京国際映画祭でも評判の高かった、フレデリック・ワイズマンの3時...
記事を読む

『レッドタートル ある島の物語』 戻ってこないリアリティライン

心の繊細な部分にそっと触れるような、みずみずしさ。 この作品について語...
記事を読む

5,816

コメント(86件)

  1. 『ローズ・イン・タイドランド』

    —-テリー・ギリアム、精力的だね。
    この前、『ブラザーズ・グリム』が公開されたばかりじゃなかった?
    「うん。あの呪われた『The Man Who Killed Don Quixote』の不幸以来、
    すっかり表舞台から姿を消していたと思ったら、最近またまた大活躍。
    やはりただ者じゃなかった…

  2. I am「テリー・(ギリギリ)・アム」

    て、あまりにベタなタイトルで失礼しました、が‥ある意味当たっているテリー・ギリア

  3. ローズ・イン・タイドランド・・・・・評価額1200円

    気の抜けたシャンパンみたいだった空虚な大作、「ブラザーズ・グリム」に続いてテリー・ギリアムが送り出してきたのは、「嫌われ松子」が裸足で逃げ出す、とんでもなく悲惨な少女ローズの物語。
    彼女が生きるのは、残酷な現実に????j1

  4. 「ローズ・イン・タイドランド」一人上手ネグレクト麻薬虐待その他闇闇

     宣伝では「不思議の国のアリス」風味の素敵ファンタジーみたいになってるけど全然違いますがな。といってもこの内容でどうやって宣伝したら客が入るかもさっぱりわかりませんが。

  5. ローズ・イン・タイドランド

    昨日公開された「サイレントヒル」を観て名子役ジョデル・フェルランドにすっかり魅了されたわけですが、丁度同じ昨日公開の「ローズ・イン・タイドランド」では主役で登場しているというので、後日観るつもりでしたが慌てて今日観てきました。
    ★★★★
    やっぱり凄かった!…

  6. 『ローズ・イン・タイドランド』

     僕はテリー・ギリアム監督の映画は苦手です。苦手と言っても『ブラザーズ・グリム』と『ラスベガスをやっつけろ』を観た程度なので明確に何処がどう苦手なのか上手く文章にすることが出来ませんが、取り敢えず両作品とも凄く退屈でただ眠たかったという点においては共通し….

  7.  おはようございます。
     テリー・ギリアムの映画は苦手だったのですが、この映画に関しては凄く好きです。
     子供の頃は確かに空想と現実の間を行き交うことが出来たのかもしれませんね。最近は目の前にある現実しか見えなくなってしまったけど、子供の頃は空想の中で何かを学んだり、何かを発見したり。そんなこともあったのかなとフト思いました。
     
     僕は人形遊びをした記憶は無いですけどよくキンケシ(キン肉マンのゴム人形のことです)使って同じような事やってました。腕千切ったり・・・って別に動物虐待とかはしてませんのでご安心を(笑)

  8. 蔵六さんへ
    あっ、久しぶりに真面目なコメントが来ました(笑)v
    そうですね、空想するのは普通に遊びの一つでしたよね。
    死体に防腐処理を施す(そんな科学的なものではありませんけどね)辺り、『蟲』を思い出しました。
    ディケンズとのキスシーン、結構みんな引いたみたいですね。
    私はディケンズって体は成人男性だけど、ちゃんと精神年齢の低い男の子の純粋さが垣間見れて、いい奴だなーなんて思って見てたので、ちっとも引かなかったんですが、そんな人は珍しい様でした。

  9. ローズ・イン・タイドランドを観に行きました

    テリー・ギリアム監督のローズ・イン・タイドランドを観に行きました。てくの的久々の直球映画です!好きすぎてイラストまで描いてしまいました。キテるキャラのオンパレードな世界観にハマりました。昨日の母と姉の趣味の大人のピンキーメルヘンとは打って変わり、私の趣味…

  10. とらねこさん、こんにちは。トラックバックありがとうございました♪こちらも張らせていただきました。時々映画のイラストを描いているのでお暇な時に遊びに来て下さいね☆
    私も妄想少女だったんでハマっちゃいました。「ワカルワカル」って。同時に大人としての社会の見方から離脱出来て感動しました。子供の視点からしてみると、何でもかんでも姓や犯罪に結びつけて物を観る視点の方がありえないんですもの。
    子供の世界は大人が住んでいる世界でもあり、決して美しいものではありません。そのありのままの世界を受け入れる子供の純粋さに胸を打たれました。純粋を超えた純粋な映画だと感じました。

  11. ローズ・イン・タイドランド

    京都みなみ会館にて、「ローズ・イン・タイドランド」を鑑賞「ブラザーズ・グリム」の監督テリー・ギリアムの新作です。「未来世紀ブラジル」で有名な監督約20年前に公開された映画・・・・。確か観た記憶はあります。何か不思議な映画でした今回のこの「ローズ・イン・…

  12. ローズ・イン・タイドランド

    京都みなみ会館にて、「ローズ・イン・タイドランド」を鑑賞「ブラザーズ・グリム」の監督テリー・ギリアムの新作です。「未来世紀ブラジル」で有名な監督約20年前に公開された映画・・・・。確か観た記憶はあります。何か不思議な映画でした今回のこの「ローズ・イン・…

  13. てくの詠画さんへ
    コメントありがとうございます!!
    とても素敵なコメント!嬉しくなりました。
    >子供の視点からしてみると、何でもかんでも性や犯罪に結びつけて物を観る視点の方がありえない
    その通りだと思います。子供って、時に夢中で遊びの世界に昂じてしまうんだと思います。それがいいか悪いかは別として・・・
    てくの詠画さん、どうぞ今後もよろしくお願いします。私も遊びに行きます

  14. 試写会「ローズ・イン・タイドランド」

    [:映画:] 「ローズ・イン・タイドランド」  原作は「Tideland」  Mitch Cullin
    応募したのも忘れていた試写会が当選。 
    テリー・ギリアム、前作の 「ブラザーズ・グリム」 が私はダメだったので、もうどうかなあと思ってたんだけど、けっこう面白かった。 
    た…

  15. 摩訶不思議世界「ローズ・イン・タイドランド」

    前作「ブラザーズ・グリム」でも
    独特な世界観を生み出した
    テリーギリアム監督の
    「ローズ・イン・タイドランド」を観てきました。
    「不思議の国のアリス」を
    モチーフにしていますが・・・
    全編摩訶不思議なストーリー展開です。
    決して理解しょうとしてはいけません。

  16. こんにちは☆
    TBアリガトウございました♪
    わたしもリンクレイター監督やアメナーバル、
    バズラーマンなど好きです♪
    またあそびに来て下さい〜

  17. ローズ・イン・タイドランド/TIDELAND

    テリーギリアムが創り出す、
    少女ローズの現実逃避による、イマジネーションワールド
    去年9月のトロント映画祭で出品,上映されて
    yueがジェニファーティリーと写真撮ってもらったあの時の作品、
    やっと日本公開☆期待しないで待ってました〜
    公開2日目に観に行ったら立ち…

  18. migさんへ
    コメント有難うございます!migさんの、思わずプッと吹き出す記事、とっても楽しいです
    豪邸特集も、よく集めましたね!
    リンクレイターが好きって人初めてです(涙、涙)
    嬉しいです
    今後もよろしくお願いしま〜す!

  19. [映画・ラ行] ローズ・イン・タイドランド

    [映画・ラ行] ローズ・イン・タイドランド
    今回の映画は、「ローズ・イン・タイドランド」です。この作品の映画公開にちなんで、「ローズ・イン・タイドランド」の作品紹介について書いてみました。
    (今回の映画レビューは、本家サイト「やわらか映画〜おすすめDVD〜」か…

  20. トラックバックありがとうございます。(http://www.yawarakacinema.com/cgi-def/admin/C-010/cinema/tdiary/index.rbのほうです。)
    本家サイト(http://www.yawarakacinema.com/)も、よろしくお願いします。

  21. やわらか映画〜おすすめDVD〜さま
    コメントありがとうございます!
    本家サイトには行ってみたのですが、この映画を探してみたら、またここのところに行ってしまったのですが?何か間違ってしまったのでしょうか、すみませんでした。

  22. 「ローズ・イン・タイドランド」レビュー

    「ローズ・イン・タイドランド」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *主な出演:ジョデル・フェルランド、ジェフ・ブリッジス、ジャネット・マクティア、ブレンダン・フレッチャー、ジェニファー・ティリー *監督:テリー・ギリアム 感想・評価・批評 等….

  23. コメントありがとうございました!
    評価と星、よく分かりませんが、つけてみました。
    ジョデルちゃん最高です。この映画、きっと私の今年のベスト10の上位に入りますね。
    ペット友達(我が家は猫ですけど)&リンクさせてもらえますか?

  24. ボーBJジングルズさんへ
    コメントありがとうございます!!
    BJさん(と、香ん乃さんが呼んでいたような)、リンク有難うございます!よろしくお願いします。
    でも、ペットの友達はどうやってやるのか、よく分からないため、少し遅れてしまうかもしれません。
    でも初めてなので、それも嬉しいです
    ちなみに、BJさん、私キング大好きなんで、『グリーンマイル』のネズミ、Mr.ジングルズが好きなんて、・・・嬉しいです!!泣かせますよね、ジングルズには・・・
    これも、映画より、小説の方がずっといいですよね。
    あと、ボー・ジャングルズっていう、歌があるんです。アメリカの古い歌なんですが。
    それをもじったハンドルかと思いました。
    ちなみに私もマリリン大好きです。

  25. ローズ・イン・タイドランド

    1865年、数学者のチャールズ・ラトウィッジ・ドジソンが「ルイス・キャロル」というペンネームで10歳の少女アリス・リデルの為に書いた児童文学「不思議の国のアリス」(引用)
    ジェライザ=ローズもアリスさながらに、脳内冒険の旅に出る。
    子供の想像力はいつも驚く事が…

  26. こんばんは☆
    遅くなりました。<(_ _)>
    う〜、この世界観なんだかよくわかってしまった私です。苦笑
    一人遊び大好きでしたよー。
    …といっても、ギリアムの世界は毒たっぷりでちょっと気味が悪い。(^^ゞ
    ローズも冷静になって考えてみれば、精神的にちょっと大丈夫か??ってマジで心配しちゃいますよ。爆

  27. 映画@ローズ・イン・タイドランド/TIDELAND

    『不思議の国のアリス』が大好きな
    10歳の少女ジェライザ=ローズ
    両親が2人ともヤク中で、ある日ついに母親が死んでしまう
    慌てた父親はジェライザ=ローズを連れて故郷へと旅立つ
    辿り着いた実家は、周囲に何もない草原の中に立つ
    誰も住んでいない壊れかけた古い家
    着い…

  28. Charlotteさんへ
    コメントありがとうございます。
    ギリアムワールド満開で、私にはとても心地いい世界感でしたよー。
    でも、確かに毒たっぷりでしたね。
    マジで心配しちゃったのですね。確かに食べ物をロクに食べていなかったので、もうあそこら辺は現実ですらないのかも・・・

  29. Rose in Tideland

    観てきました、「Rose in Tideland」。 テリー・ギリアム、待望の

  30. ■〔映画雑談Vol.19〕『ローズ・イン・タイドランド(2005/テリー・ギリアム)』

    (※尚、今夏日本公開予定)メモ―その1
    こんばんは??、ダーリン/Oh-Wellです。
    ・・・さてさて、
    僕が、この夏公開予定の映画中に於いて、素朴に大いに楽しみにしている一本に、
    テリー・ギリアムの新作『ローズ・イン・タイドランド(2005)』〔◆IMDb◆公式サイ…

  31. ローズ・イン・タイドランド TIDELAND

    ジョデル・フェルランド主演
    10歳のジェライザ=ローズはジャンキーな両親を持っています
    両親のヘロイン注射の手助けを平気でしています
    周りに友達が居なく他に情報は無いので「不思議な国のアリス」の本を
    幾度と無く読み続けています アリスの冒険と自分を置き換え…

  32. ローズ・イン・タイドランド

    ギリアム的ワンダーランドは、蜂蜜色の悪夢。 ■あらすじ■ 「不思議の国のアリス

  33. 「ローズ・イン・タイドランド」現代のおとぎ話は甘くないのだ

    「ローズ・イン・タイドランド」★★★
    ジョデル・フェルランド、ジェフ・ブリッジス 主演
    テリー・ギリアム監督、2005年、イギリス、カナダ
    主人公の少女は
    「不思議の国のアリス」が好きな
    10歳のジェライザ=ローズ。
    アリスを連想させる地面にあいた穴など…

  34. 「ローズ・イン・タイドランド」/ギリアムの真骨頂が炸裂した「裏」ブラザーズ・グリム

    『ローズ・イン・タイドランド』(2005 / イギリス・カナダ / テリー・ギリアム) Text By 鮫島 サメ子  ド辺境の地で兄と弟に挟まれて育った筆者は「女の子」が苦手である。同性が苦手、ではない。ある程度育っちまえばいいのだが、幼少期に同性の遊び相手がいなかったせい…

  35. ローズ・イン・タイドランド

    「ローズ・イン・タイドランド」 TIDELAND/製作:2005年、イギリス=カ

  36. 『ローズ・イン・タイドランド』

    期待通りのギリアム・ワールド。
    美しくもアヤしいアリス体験をありがとう。
    不思議の国のアリス」が大好きな10歳の少女、ジェライザ=ローズの物語。畏るべき子役、ジョデル・フェルランドちゃん。『サイレント・ヒル』の役だったら、別に他の子役でもよかったと思うけ…

  37. こんばんや。
    なつかしくってラブリーな映画でしたね。
    お人形さんやぬいぐるみとお話するのはフツーよね?
    私は小学生の頃、パンダとペンギンとネコのぬいぐるみと一緒に「協会」というのを設立しました。会長が私で、パンダさんが副会長だったかな。
    日本人的には草原がうらやましかったー。

  38. かえるさんへ
    こんばんや(?)!かえるさん
    そうなんですか、かえるさんは協会ですか!
    とらねこは、100匹以上いる、ぬいぐるみの、「村」(名前はチチ村)を創造しておりましたー。
    村長、チチちゃんが途中で死んだことになり、“葬式”を行って、妹と泣いたりしてました・・・
    ぬいぐるみの声を、いろいろ変えたりして、声優気分になりました(私はラムちゃんの声優さんの、平野文さんファンでした)。
    とんちんかんな子だったなー(今は、断じて違います。)

  39. 【 ローズ・イン・タイドランド 】

    両親がヤク中で死んでしまい一人取り残された10歳の少女の空想と現時の世界を描いた異色ファンタジー。監督はテリー・ギリアム。
    少女の桁外れな現実逃避っぷりを独特の映像美で表現してくれます、正直ちょっとクドイですがね。ブラックでアクが強くって、これギリアム…

  40. こんにちは。TBありがとうございます。
    ヒロインのジョデル・フェルランドちゃんの達者っぷりには驚きました。それに可愛らしかったし。
    ギリアム監督の前作『ブラザーズ・グリム』が、うーん..なデキだったので、今回ファンは満足ではないでしょうかね。

  41. もじゃさんへ
    コメントありがとうございました!
    そうですね、私はそれほどファンというわけではなく、好きな作品も嫌いな作品もある監督、という位置付けって感じなのです^^;
    「当たり外れがある監督」って感じですかね。でも今回は、かなり好きでした

  42. ローズ・イン・タイドランド (2005) TIDELAND 117分

     『不思議の国のアリス』が大好きな10歳の少女ジェライザ=ローズ。両親が2人ともヤク中で、ある日ついに母親が死んでしまう。慌てた父親はジェライザ=ローズを連れて故郷へと旅立つ。辿り着いた実家は、周囲に何もない草原の中に立つ壊れかけた古い家。着いて間もなく、…

  43. 「ローズ・イン・タイドランド」

    (C) 2005 Recorded Picture Company Limited and Capri Films Inc.
    All Rights Reserved.
    しなれば折れない。譲るばかりじゃ得られない。
    おまえの賢い瞳。おまえの大きな空。
    マイ・スイート・ハニー・ローズ…奇??

  44. TBお返しいたします〜。
    これは、早くDVDを欲しい映画です!
    まだ劇場公開中なのに気が早い…

  45. ボーBJジングルズさんへ
    ボーさんは早くもDVD購入予定ですか!ジョデルちゃんかわいいですもんねー。ジョデルちゃんを眺めるだけで楽しそうです^^v
    ・・・て、アレ・・・?

  46. ■〔映画鑑賞メモVol.12〕『ローズ・イン・タイドランド』(2005/テリー・ギリアム)

    ◆◆鑑賞前メモはこちら??
    こんにちは、ダーリン/Oh-Wellです!
    ここ東京では、8月に入ってからというもの、じりじりと熱くなり過ぎない気持ちの良い夏の晴天日が続いています!
    さて、私、8月の始めにはお盆休み前の“プチ休暇”を取っていたりもし中々ブログの…

  47. ☆とらねこ@管理人さん、こんばんは、初めてお邪魔します〜。
    先日は、本作でのTBを頂きありがとうございます!
    (―TBをお寄せいただいた当方のエントリーは「ギリアムは1975年、1985年、1995年と、少なくとも、10年に一本は傑出したものを残している。だから『ローズ・イン・タイドランド』には期待してま〜す」てな、鑑賞前のくだらない^^;エントリーながら、とらねこさんの充実したエントリーを拝読できる切っ掛けを頂き嬉しかったです。)
    さて、この週末、このギリアムの新作を改めて静かに^^顧みることが出来、ようやく、鑑賞メモがまとまりましたのでTBさせていただきます。
    この映画のあれこれのイメージ、矢張り侮れませんね…。
    それではまた!

  48. ダーリン/Oh-Wellさんへ
    はじめまして!ダーリン/Oh-Wellさん、コメント&TBありがとうございました。
    ダーリンさんの記事は、変わったポスターを載せていたり、なかなか面白いことをおっしゃっていたり、記者会見まで載せていられましたし。
    それに、他の方もTBしていたので、普段から、あのようなスタンスで記事を書かれる方なのかと思ってTBさせていただきました。
    でも、今回、記事を新たに上げられたのですね!
    忘れずにわざわざお越し頂き、本当にありがとうございました!
    今後もよろしくお願いします。

  49. ローズ・イン・タイドランド

    2005年/イギリス・カナダ合作/英語/カラー/スコープサイズ/SRD/117分/R-15
    日本公開:2006/07/08〜 恵比寿ガーデンシネマ、新宿武蔵野館他
    ■日本公式ページ
    ■公式ページ(英語)
    監督:テリー・ギリアム
    共同脚本:トニー・グリゾーニ
    原作:ミッチ・カリ…

  50. ローズ・イン・タイドランド

    Rose in Tideland Tideland 公開中なので控えめに。 10歳のジェライザ=ローズ(ジョデル・フェルランド)のパパ・ノア(ジェフ・ブリッジス)は、かつてはロックスターだったが、今はジェライザ=ローズの準備してくれるヘロインで“ちょっとそこまで”トリップするのが…




管理人にのみ公開されます

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


スパム対策をしています。コメント出来ない方は、こちらよりお知らせください。

前の記事:

次の記事:

Google
WWW を検索
このブログ内を検索
『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...

【シリーズ秘湯】乳頭温泉郷 鶴の湯温泉に泊まってきた【混浴】

数ある名湯の中でも、特別エロい名前の温泉と言えばこれでしょう。 乳頭温...

2016年12月の評価別INDEX

年始に久しぶりに実家に帰ったんですが、やはり自分の家族は気を使わなくて...

とらねこのオレアカデミー賞 2016

10執念…ならぬ10周年を迎えて、さすがに息切れしてきました。 まあ今...

2016年11月の評価別INDEX & 【石巻ラプラスレポート】

仕事が忙しくなったためもあり、ブログを書く気力が若干減ってきたせいもあ...

→もっと見る

【あ行】【か行】【さ行】【た行】 【な行】
【は行】【ま行】【や行】 【ら行】【わ行】
【英数字】


  • ピエル(P)・パオロ(P)・パゾリーニ(P)ってどんだけPやねん

PAGE TOP ↑