rss twitter fb hatena gplus

*

『湯を沸かすほどの熱い愛』 生の精算と最後に残るもの

218836一言で言えば、宮沢りえの存在感があってこそ成立する作品かもしれない。これまでのどの作品と比べても、彼女の女優としての素質が十二分に発揮されていると感じた。
普通に佇んでいるだけでどことなく消え入りそうな、透明感のある存在。そんな役柄がとても良くハマる。ただ美しいだけではなく、もうすぐこの世界から消えてしまいそうな天使。“瀕死の白鳥”とでも言うべきか。美という一言では言い表せない、死兆星煌めく不吉な美しさ。

ただの美人には到底出来ないかもしれない。愛情深くて、度量が深くて、眩しい。そして、同時に悲しい。女性の深い業を負わされた集合的な女性美。そんなものを体現していた。
ダイエットする必要などまるでなく、そのまま余命2ヶ月がやれてしまう細さも凄い。

何とこれが中野量太監督にとっては初のメジャー作品だとか。オリジナル脚本で勝負するタイプの作家性のある人のようだ。
名前は目にしたけれど、タイトルが変なのでついスルーしてしまった『チチを撮りに』も見てみたい。

主人公双葉の人となりや重要な背景について、少しづつ明かされていくところがいい。ナレーションや回想によってではなく、自然に物語が進む中で分かってくる。こういうのがたまらないんですよ。説明的すぎる台詞が無いにも関わらず、映画的に与えられるヒント。
彼女が言う「これからやるべき事がいっぱいある」、これをはじめは不思議に思う。ただの主婦が、何をそんなにやるべき事があるの?なんて。そして、後から申し訳なく思う。一介の平凡な女が、旅立ちの前に自分の生を精算すること。それらについて、一体誰が軽んじる事ができるだろう?

脚本がとてもいいんですよね。タイトルにあった彼女の“愛”について分かっていく中で、感動がどんどん深まっていく。まるで土に栄養分が沁み込んでいくように、優しく行き渡っていく。
そして、伏線を回収した先には、驚きべきラストを用意している。ちょっと上手すぎる位だ。

ただ、“泣きの映画”を謳っているけれど、私は違った。「自分の死に向かい合ってこそ、その人の生きざまである」と教えられた気がして、身を正す思いになった。他人事だと泣いている暇は無いのだ。

この先、ネタバレ




文句を言うべきところは見つからないと言いたいところだけれど、一つだけ苦言を。
女たちの縁をより深く描くために、男の存在は対照的にあまりに薄っぺらく描かれていたよね。彼女の選んだ男・オダギリジョーがクズすぎて、彼女が不憫過ぎた。優男で女癖悪くて、どうしようもないクズ。でもせめて、自分が一緒に生活した女の死に際位、どんなクズでも看病くらいは出来たのではないかと。駄目なイケメンだって情ぐらいあるでしょ。アイツらは、情だけはあるからモテるんでしょ?そんな男は結構居るよね。自分の存在を薄く思うからこそ、女の偉大さに打たれるんじゃないか。なんて、文句を言いたくなってしまった。でもこれ、この作品に没頭したが故の文句ですかね?

あとね。妙な暗号なんですけど、今年の大ヒット作『君の名は。』に出てくる女性陣の名前が、主人公三葉(みつは)を初めとして、妹が四葉(よつは)、お祖母ちゃんが一葉(いちは)。若くして亡くなってしまったお母さんの名前がちょうど、二葉(ふたは)って言うんですよね。
この作品のヒロイン“双葉”と少し似て思えた。
だからなんだって話ですけどね。今年の印象的な女性に共通点があるのが面白いな、って。

 

関連記事

2VrBVZaa_400x400

『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...
記事を読む

Everybody-Wants-Some-2016-English-Movie-Poster

『エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に』 アメリカ亜流派のレイドバック主義

80年代の映画を見るなら、私は断然アメリカ映画派だ。 日本の80年代の...
記事を読む

default_a7fd14c81b2c89ef6e598235c797c366

美容師にハマりストーカーに変身する主婦・常盤貴子 『だれかの木琴』

お気に入りの美容師を探すのって、私にとってはちょっぴり大事なことだった...
記事を読む

2016-08-21_1840

『日本のいちばん長い日』で終戦記念日を迎えた

今年も新文芸坐にて、反戦映画祭に行ってきた。 3年連続。 個人的に、終...
記事を読む

536

コメント(4件)

  1. とらねこさん☆
    なんか邦画珍しいね。
    『瀕死の白鳥』うまい!!
    まさにそんなかんじだったね。
    宮沢りえだからこそ、その瀕死の白鳥がピッタリだし、瀕死だからこその美しさがあったよね。

    オダジョーのダメ男は、どこか『永い言い訳』のもっくんにも似たものを感じる私。
    多分、りえ演じる双葉の愛情が深く大きすぎて、男たちは逆にダメになっていくのではないかと…
    母の様に男を愛しては駄目なのです。

  2. とらねこさん☆
    そうそう…
    この前ヨルダン料理に行ったの。
    超、もやっとしていて面白かったのよ~
    読んでくれたかな??

  3. ノルウェーまだ〜むさんへ

    こんばんは〜♪
    宮沢りえ、ぴったりでしたよね。
    ガン第四ステージを自前でやれてしまう細さ、うらやましい。

    『永い言い訳』も見たいんですよね。
    今東京国際映画祭なので、それが終わってからになるかなあ。

    この作品はあくまでも男は添え物ですからね。
    女性同士の絆の深さを描くために、より薄く描いたのは分かります。
    と、書こうと思っていたのに、ああ、本文に書き忘れたー。

    え、邦画少ないですか?
    最新10記事中、4記事が日本映画ですよ。
    以前は10作中1作もないことの方が多かったので、最近多いなと自分でも思っていたところなんですが〜

  4. ノルウェーまだ〜むさんへ

    ヨルダン料理の記事、まだ気づいてませんでした。
    何かと忙しく。スミマセン。
    後で遊びに行きますね〜




管理人にのみ公開されます

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


スパム対策をしています。コメント出来ない方は、こちらよりお知らせください。
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
2VrBVZaa_400x400
『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...

2017-01-09 20.06.54
【シリーズ秘湯】乳頭温泉郷 鶴の湯温泉に泊まってきた【混浴】

数ある名湯の中でも、特別エロい名前の温泉と言えばこれでしょう。 乳頭温...

2017-01-05_1516
2016年12月の評価別INDEX

年始に久しぶりに実家に帰ったんですが、やはり自分の家族は気を使わなくて...

2016-12-31_1513
とらねこのオレアカデミー賞 2016

10執念…ならぬ10周年を迎えて、さすがに息切れしてきました。 まあ今...

2016-11-15 14.45.43 のコピー
2016年11月の評価別INDEX & 【石巻ラプラスレポート】

仕事が忙しくなったためもあり、ブログを書く気力が若干減ってきたせいもあ...

→もっと見る

【あ行】【か行】【さ行】【た行】 【な行】
【は行】【ま行】【や行】 【ら行】【わ行】
【英数字】


  • ピエル(P)・パオロ(P)・パゾリーニ(P)ってどんだけPやねん

PAGE TOP ↑