rss twitter fb hatena gplus

*

『極私的エロス 恋歌1974』 40年前の日本女性の逞しさに惚れる

71CHdx4y9-L._SL1150_『ゆきゆきて、神軍』を撮った原一男監督作品。シネマヴェーラの「フィクションとドキュメンタリーのボーダーを越えて」特集で見た。
私の好みのポイントを豪速球で付いてくるので、思わず唸ってしまった。原一男作品はこれでまだ2作目だったけれど、これは真面目に追いかけなければいけないな…。あなおそろしや!

3年付き合って子供も生まれたが、ある日彼女が自分を振って出て行ってしまったという。この“極私的”ドキュメンタリーは、原一男監督の元彼女だった武田美由紀さんを追ったものだった。普通だったら避けて通るようなプライベートの話。一体何を描きたいのだろう、と訝しげに見始めた。だけどこれがめっぽう面白いのだから、驚いてしまう!

ものすごく自分勝手な女だなあとは、確かに思う。でも「自分の好きにやらせないと気の済まない人だろう」というのが分かるタイプだ。紐など括りつけておけるタイプの人間ではない。
型破りだし、掟破りそのままの豪快な人。女というより男のようなゴツイ見た目。言うことやることすべて面白いので、武田美由紀から目が離せない!

一番驚いたのは何と言っても、彼女の出産シーンだ。赤ん坊が股の間からニュルッと顔を出すピンボケのショット。長回しでそのまま撮り続ける。ずっとピンボケなので嫌になってしまうが、監督からの断りもちゃんと入る。夜中にいきなり出産が始まり、焦ってカメラを構えたのだそうだ。ちなみに、汗で曇ったためピンボケになってしまったとか。せっかくのショットなのに、ああ、なんて勿体無い!

股の間から顔を出した赤ん坊は、案外すんなり出てくる。にしても、助産婦も居ないのに心底驚いてしまう!しかもこの出産したばかりの妊婦と来たら、赤ん坊が生まれまだへその緒が付いたままの姿で、「赤ん坊はそのまま放っておいて構わない」と言う。たった一人で産む気なのだ。いちいち驚いてしまう!あり得ないだろうと思った。医者にかかりきりで過保護な出産をしたことのある母親たちは、私以上に腰を抜かすだろう。

しかし武田美由紀は、「胎盤がもう少し力めば出てくるはずだ、そちらの方が先だから」と腰が座っている。いや、腰は文字通りカメラの向こうにデーンと丸出しのまま。
赤ん坊はその後自分でたらいの中で洗い、「あれ?これ混血だわ」などと言う。あの3週間で消えた陸軍の黒人兵士だろう、と観客にもちゃんと分かる。そしてあっさりと、母親に「生まれたよー」なんて黒電話で電話で告げている。昔の日本人は畑仕事の合間に、ポコッと子供を産んだなんて言うけれど、そんな感覚なのかもしれない。監督に向かって前々から、「あなたは私の出産のシーンを撮るべきだ」などと言っていたから、案外すべて彼女の計算どおりなのだろう。

原監督を捨てた後、沖縄に来て女性と過ごしていたのも面白かった。女同士でセックスが介在せず、「セックスみたいな簡単な解決法があればいいのに」と言う。「アンタとは、喧嘩して仲直りのキスがあった。簡単なものだ。だからこそ、簡単すぎるから男と女は良くないんだ」なんて言う。この感覚、すごく良く分かる。私も昔はよくそんなことを思ったものだった。今は、女として鈍感になったのか、大人になってふてぶてしくなったのか、そうした感性が死んでしまったのかもしれない。

武田美由紀は図太くて、だけどいつも鋭くて、精一杯だった。
やりたいことを伸び伸びとやっている女だった。
とても眩しくて、なんだかカッコ良かった。
原監督が映画に撮ってまで彼女を追いかけたのも、すごく分かる。

 

関連記事

『ジャクソン・ハイツ』 ワイズマン流“街と人”社会学研究

去年の東京国際映画祭でも評判の高かった、フレデリック・ワイズマンの3時...
記事を読む

『AMY エイミー』 今世紀一番ロックだったひと

エイミー・ワインハウスの名前は正直言って聞いたことがある程度で、特にフ...
記事を読む

20年来の愛を超えた告白 ツァイ・ミンリャン最新作 『あの日の午後』

何なんだろう、この愛は。最新作がこんな愛剥き出しの告白とは。驚き呆れ果...
記事を読む

ジャファール・パナヒ 『タクシー』 現実か否か?

東京フィルメックス映画祭にて鑑賞。 『チャドルと生きる』、『オフサイド...
記事を読む

1,216

コメント




管理人にのみ公開されます

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


スパム対策をしています。コメント出来ない方は、こちらよりお知らせください。
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...

【シリーズ秘湯】乳頭温泉郷 鶴の湯温泉に泊まってきた【混浴】

数ある名湯の中でも、特別エロい名前の温泉と言えばこれでしょう。 乳頭温...

2016年12月の評価別INDEX

年始に久しぶりに実家に帰ったんですが、やはり自分の家族は気を使わなくて...

とらねこのオレアカデミー賞 2016

10執念…ならぬ10周年を迎えて、さすがに息切れしてきました。 まあ今...

2016年11月の評価別INDEX & 【石巻ラプラスレポート】

仕事が忙しくなったためもあり、ブログを書く気力が若干減ってきたせいもあ...

→もっと見る

【あ行】【か行】【さ行】【た行】 【な行】
【は行】【ま行】【や行】 【ら行】【わ行】
【英数字】


  • ピエル(P)・パオロ(P)・パゾリーニ(P)ってどんだけPやねん

PAGE TOP ↑