rss twitter fb hatena gplus

*

『ディーパンの闘い』 ラストの意味は?

poster2『リード・マイ・リップス』、『君と歩く世界』のジャック・オディアール。’15年のカンヌ、パルムドール受賞。
今まさに世界中あちこちで大きな社会問題となっている、移民問題に深く斬り込んだ。スリランカ人が主人公であり、核となる登場人物が全てスリランカ人という設定もとても珍しい。テーマをズラしてボカしたり、見やすくすることなど一切しない、手加減無しのオディアールの誠実さ。真っ向からの真剣勝負。だからといって、テーマがどっしりと重苦しく、見ていて辛くなるような物語では決して無い。むしろ、映画的面白さや醍醐味を感じられるようになっているのが、さすがのオディアールだ。

スリランカの一民族出身のディーパン(アントーニターサン・ジェスターサン)は、故国の争いに巻き込まれ、一村全滅した戦士。結婚と家族を偽装し、仮の妻・仮の娘と共に、安住の地を求めフランスへとやって来る。
本当の家族ではないのだから、そして生きる文化も環境も違う中、少しづつ色々なことが上手く歯車が合い始める。だがそれも束の間で…。

途中からの展開には驚くことだろう。闘わざるを得なくなった運命の男に、様々な映画の主人公を思い出すはず。
そうそう、フランスではこうした移民の住むマンションの治安維持に、実際問題が起こっているらしい。(『スリー・オブ・アス』[未公開、2015年TIFFにてかけられた]もまた、移民達の住むマンションの治安問題に触れていたよ!)

この先、ネタバレ(まだ見ていない人は、読まないでね!)




 

ラストだけれど、これは一体どう捉えたらいいのだろう?私は思わず怯んでしまった。ディーパンは車の中で「死を迎えた」と思える、決定的な目のショットがあったはず。さらにはその後、フロントウィンドウを割って敵側の男が侵入してくるんですよね。ここでカット。そしてラストのあれがある。
私はディーパンが今際の際に見た美しい夢だったのではないか、と思います。ただし中には、そのまま受け取った人も居るようだけれど。

でももしそうだとしたら、悲しい夢ですね…。あの美しい理想郷はこの世には無い、ということだから。でも思い返してみると、だからこそ彼の夢が、あり得たかもしれない未来が、痛々しく感じられるのね。

 

関連記事

『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...
記事を読む

『エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に』 アメリカ亜流派のレイドバック主義

80年代の映画を見るなら、私は断然アメリカ映画派だ。 日本の80年代の...
記事を読む

『湯を沸かすほどの熱い愛』 生の精算と最後に残るもの

一言で言えば、宮沢りえの存在感があってこそ成立する作品かもしれない。こ...
記事を読む

美容師にハマりストーカーに変身する主婦・常盤貴子 『だれかの木琴』

お気に入りの美容師を探すのって、私にとってはちょっぴり大事なことだった...
記事を読む

『日本のいちばん長い日』で終戦記念日を迎えた

今年も新文芸坐にて、反戦映画祭に行ってきた。 3年連続。 個人的に、終...
記事を読む

1,991

コメント(2件)

  1. コレも一回観ただけでは消化し切れないですね。
    社会派の入り口から入って、まさかこんな方向へ舵を切るとは全く予想外。
    ラストの解釈も含めて、観る人の数だけ微妙に違った「ディーパンの闘い」があるのでしょう。

  2. ノラネコさんへ

    こちらにもどうもです♪
    >観る人の数だけ微妙に違った
    あれ…?ラスト間際でディーパンが車で突っ込まれた瞬間の“目の表情”のアップ、私はディーパンの“死”を表現していたと思うんですが、ノラさんはそんな風には思われなかったでしょうか。




管理人にのみ公開されます

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


スパム対策をしています。コメント出来ない方は、こちらよりお知らせください。
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...

【シリーズ秘湯】乳頭温泉郷 鶴の湯温泉に泊まってきた【混浴】

数ある名湯の中でも、特別エロい名前の温泉と言えばこれでしょう。 乳頭温...

2016年12月の評価別INDEX

年始に久しぶりに実家に帰ったんですが、やはり自分の家族は気を使わなくて...

とらねこのオレアカデミー賞 2016

10執念…ならぬ10周年を迎えて、さすがに息切れしてきました。 まあ今...

2016年11月の評価別INDEX & 【石巻ラプラスレポート】

仕事が忙しくなったためもあり、ブログを書く気力が若干減ってきたせいもあ...

→もっと見る

【あ行】【か行】【さ行】【た行】 【な行】
【は行】【ま行】【や行】 【ら行】【わ行】
【英数字】


  • ピエル(P)・パオロ(P)・パゾリーニ(P)ってどんだけPやねん

PAGE TOP ↑