rss twitter fb hatena gplus

*

『消えた声が、その名を呼ぶ』 旅には人生のエッセンスが詰まっている

ポスター0703久しぶりのファティ・アキンの新作、これは一昨年のベネチア国際映画祭でかけられたものだった。『野火』と同じ年だったのでスタッフにファティ・アキンのサインをお願いしておいたのだけれど、監督を見つけられなかったらしく、ファティ・アキンのサインは残念ながら手に入らなかった。

『トラブゾン狂騒曲 小さな町の大きなゴミ騒動』はドキュメンタリーだったし、『ソウル・キッチン』は軽快なコメディだったので、このタイプのドッシリと来るアキンテイストは実に『そして、私たちは愛に帰る』以来。
おかげで、この叙事詩的大作の堂々たる構えに、思わず驚いてしまった。

アキンとの共同脚本を担当したマーディク・マーディンは、何と80年の『レイジング・ブル』以来、実に34年ぶりの復帰だという。まさにこの彼が、彼自身に流れるアルメニア人という血筋の物語を手がけたというのだから、思いもひとしおだ。

オスマン帝国最後期の、アルメニア人に対する大虐殺が起こる。そして帝国はあっという間に消え去ってしまう。
そのアルメニア人の、数少ない生き残りであるナザレットの流浪の物語だった。

旅が人生そのものである、アキンの連作がとても好きだ。旅は同時に受難の物語でもあるが、真っ直ぐに希望に向かって歩いて行く。

特に好きだったのは、チャップリンのシーンだった。“映画館で映画に出逢うこと”を描いたシーンの中でも、最上のものの1つであるように思う。

タハール・ラヒムは、オディアールといい、アスガー・ファルハディといい、ロウ・イエといい、このクラスの監督に愛され、またいい仕事でもって応えられる素晴らしい俳優だなと思う。今作は特に、彼のモノ言わぬ演技に全てがかかっていた。今後も応援していきたい俳優の一人だ。

 

関連記事

『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...
記事を読む

『エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に』 アメリカ亜流派のレイドバック主義

80年代の映画を見るなら、私は断然アメリカ映画派だ。 日本の80年代の...
記事を読む

『湯を沸かすほどの熱い愛』 生の精算と最後に残るもの

一言で言えば、宮沢りえの存在感があってこそ成立する作品かもしれない。こ...
記事を読む

美容師にハマりストーカーに変身する主婦・常盤貴子 『だれかの木琴』

お気に入りの美容師を探すのって、私にとってはちょっぴり大事なことだった...
記事を読む

『日本のいちばん長い日』で終戦記念日を迎えた

今年も新文芸坐にて、反戦映画祭に行ってきた。 3年連続。 個人的に、終...
記事を読む

438

コメント(4件)

  1. チャップリンのシーンは凄く良かった。
    あれはもう一つの「ニューシネマパラダイス」でした。
    荒野の放浪者の物語が、やがて海を越えてアメリカ現代史になってゆく構成も見事。
    まさかマーディック・マーティンの仕事を再び観られるとは。

  2. ノラネコさんへ

    こちらにもどうもです♪
    チャップリンのシーン、あれは震えるものがありましたね!
    チャップリンがいかに多くの人を魅了したのか、生きる活力に結びついたか…
    そう考えるだけで、涙が止まらなくなりました。

    マーディク・マーティンの件は、見終わった後に知ったのですが
    長年「『ロッキー』派ではなく、『レイジング・ブル』派」と言い続けていた自分には、心底驚いたトリビアでした!

  3. とらねこさん、こんにちは。
    これ、帰京されてからすぐご覧になったのですね。
    間に合ってよかったです。
    タハール・ラヒム、私は初めて観たのだけど、いっぺんでファンになりました。
    『キッド』観てる時の表情がたまらんかった。
    素敵な俳優さんだね~。私も応援したい!

  4. 真紅さんへ

    こんばんは〜♪コメントありがとうございました。
    はい、元々見たくて楽しみにしていたのですが、東京ではいろいろ見逃してはならない映画祭があって、つい新作は後回しになってしまいます。

    タハール・ラヒム、とても存在感のある俳優ですよね。ヨーロッパ映画で、ムスリムの役を配されることが多いようです。
    今後もっと活躍するような予感がしますよ!!




管理人にのみ公開されます

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


スパム対策をしています。コメント出来ない方は、こちらよりお知らせください。
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...

【シリーズ秘湯】乳頭温泉郷 鶴の湯温泉に泊まってきた【混浴】

数ある名湯の中でも、特別エロい名前の温泉と言えばこれでしょう。 乳頭温...

2016年12月の評価別INDEX

年始に久しぶりに実家に帰ったんですが、やはり自分の家族は気を使わなくて...

とらねこのオレアカデミー賞 2016

10執念…ならぬ10周年を迎えて、さすがに息切れしてきました。 まあ今...

2016年11月の評価別INDEX & 【石巻ラプラスレポート】

仕事が忙しくなったためもあり、ブログを書く気力が若干減ってきたせいもあ...

→もっと見る

【あ行】【か行】【さ行】【た行】 【な行】
【は行】【ま行】【や行】 【ら行】【わ行】
【英数字】


  • ピエル(P)・パオロ(P)・パゾリーニ(P)ってどんだけPやねん

PAGE TOP ↑