rss twitter fb hatena gplus

*

新春らしい娯楽大作 『千年医師物語 ペルシアの彼方へ』

p1a2rreq7gta5lsvg4k15h116fh1雄大な砂漠を背にしたルックに、欧州から回教徒の国へと渡る主人公。
その壮大な一代記に思わず『アラビアのロレンス』を想像し、期待が膨らんでしまった。
脇を固めるオヤジ俳優が、ステラン・スカルスガルドにベン・キングスレー、というのもワクワクしてしまうし!(後者はターバン姿で『ガンジー』も思い出させますよネ!)

オヤジに惹かれつつフラリ見たものの、開けてみれば若きイケメン主人公の優雅さに、
嗚呼、気持ちを持っていかれること×2!!
トム・ペインは鮮やかな碧眼で目元の深みが知的さを漂わせ、少しハスキーなクイーンイングリッシュは声を聴いているだけで麗しい御姿!
若い頃の、いや髪がフサフサだった頃のジュード・ロウによく似ている!(声やアクセントが本当に良く似てるのよ。)

ただし率直に言えば、物語自体は至極オーソドックスな娯楽大作。
「理髪師」がイコール「医師」の意味を持っていた時代のこと、一般的な知識としてはあっても、
実はこの職業について描かれた物語ってそれ自体珍しいと云えるよね。
だからその辺で満足してあげちゃう、甘めな観客にとっては良いかもしれん。

ちなみに原題の”the Physician”は「医者」という意味だけど、「内科」という意味合いの方が強い。
人間の内側で起こる病気がまだまだ発展途上だった時代、盲腸(side sickness)をはじめとした内臓系の病気は、
何も施しようの無い絶望的な病気だったのか、とつくづく。
そう言えば、日本では気軽なイメージの同手術も、アメリカでこれを受けるとなると、
人によっては保険医療費の被加入者でない場合、それこそ破産する人も居る恐ろしい病気であったことも、ふと思い出したり。

 

関連記事

『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...
記事を読む

『エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に』 アメリカ亜流派のレイドバック主義

80年代の映画を見るなら、私は断然アメリカ映画派だ。 日本の80年代の...
記事を読む

『湯を沸かすほどの熱い愛』 生の精算と最後に残るもの

一言で言えば、宮沢りえの存在感があってこそ成立する作品かもしれない。こ...
記事を読む

美容師にハマりストーカーに変身する主婦・常盤貴子 『だれかの木琴』

お気に入りの美容師を探すのって、私にとってはちょっぴり大事なことだった...
記事を読む

『日本のいちばん長い日』で終戦記念日を迎えた

今年も新文芸坐にて、反戦映画祭に行ってきた。 3年連続。 個人的に、終...
記事を読む

475

コメント(2件)

  1. もっと地味でお堅い感じの作品なのかと思ったら
    とってもお金のかかった娯楽作でびっくりでした(笑)

    私もオヤジ俳優に釣られて観た口ですが
    残念ながら若きイケメンは対象外なので
    気持ちは持っていかれませんでした(笑)

  2. amiさんへ

    こんばんは〜♪コメントありがとうございました。
    そうそう、真面目でシリアスタッチの物語を想像していたら、意外にも見やすい娯楽大作なんですよね!w
    でも結構評判いいみたいで、見た人のレビュー探すとみんな好意的なんですよね。

    おや!「イケメンは対象外」、ときっぱりと言うamiさん、カッコ良す♪
    だってー、全盛期の頃のジュード・ロウを思い出すと思いません?彼の美しい瞳が!
    喋り方もなんだか高貴な匂いのする、素敵なイケメンだと思いましたわー。ホホホ




管理人にのみ公開されます

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


スパム対策をしています。コメント出来ない方は、こちらよりお知らせください。
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...

【シリーズ秘湯】乳頭温泉郷 鶴の湯温泉に泊まってきた【混浴】

数ある名湯の中でも、特別エロい名前の温泉と言えばこれでしょう。 乳頭温...

2016年12月の評価別INDEX

年始に久しぶりに実家に帰ったんですが、やはり自分の家族は気を使わなくて...

とらねこのオレアカデミー賞 2016

10執念…ならぬ10周年を迎えて、さすがに息切れしてきました。 まあ今...

2016年11月の評価別INDEX & 【石巻ラプラスレポート】

仕事が忙しくなったためもあり、ブログを書く気力が若干減ってきたせいもあ...

→もっと見る

【あ行】【か行】【さ行】【た行】 【な行】
【は行】【ま行】【や行】 【ら行】【わ行】
【英数字】


  • ピエル(P)・パオロ(P)・パゾリーニ(P)ってどんだけPやねん

PAGE TOP ↑