rss twitter fb hatena gplus

*

舞台『LENNON レノン』を見た

2015-12-08 21.03.59 2015-12-08 18.37.58 2015-12-08 17.30.40ジョン・レノンの歌を何よりも聴きたい日に行って来ました。
ジョンの命日に、舞台版『LENNON レノン』。
今回、日本初上演だそうです。

舞台と言っても極めてシンプル。
ジョンの曲を、ビートルズ時代のもの、ソロ時代のものと織り交ぜて、MCを加えながら歌うといったものでした。
本来MCとは歌の合間に入れるお喋りですが、この舞台版『LENNON レノン』では、「ジョンならもしかしたらこう言ったかもしれない」、そんな気分になるようなものを作り上げています。

バンドではなく、ピアノとギター一本という生演奏。
ピアノの傍らにはサウンドボックスがあり、ところどころドラム的な重低音を、足で響かせていました。

もう決して肉眼では見ることのできないジョンの歌だから、こんなに心を動かされてしまうのでしょうか。
「ジョンがもし目の前にいたら、こんなこと言っただろうか」
そう想像を働かせるだけで、なんだか心がざわざわと動かされました。

57歳のジョン・ウォーターズさんが歌う歌は、少し声がひび割れていて、
だけどあったかい声でした。
ジョンの声によく似せてはいるけれども、それらに足された“年輪”を感じさせるものでした。
それが、心地よかった。
ジョン・ウォーターズさん自身、還暦に近いこともあって、見た目が決して若くないんですね。当たり前だけれど。
だからこそ「ジョンがもし生きていたら」ということを考えてしまう。
そして、泣けてしまう…。

ジョンの歌詞って、まるで自分の心の中を開いて見せるような赤裸々さがあって、心にとても響くのです。
ジョンの歌、こんなことを歌っていたんだ、と驚きと共に衝撃もあって。

というのは、私はビートルズやジョンの曲を、どんな歌詞だったかあまりよく分かっていなかったのです。
実際どのバンドの曲でも、あまり「歌詞を先行して」聞く方ではありませんし。音楽はトラックで聞くので、歌詞カードなんてまじめに読んじゃいなかったのです。
歌を聞く時でも、歌詞はあまり聞いていない方だったので…。

ジョンの“世界観”を表現した舞台は、ただそれだけで、とても感動的でした。
見て良かった。
やはり、五発の銃弾の音には改めて傷つくところもあったけれど。
まあこういう表現なのでしょう。
35年前の今日かあ…。

ちなみにこの日は初日だったためか、出演者によるトークショーもありました。

2015-12-08 21.02.20

 

2015/12/12 | 舞台・演劇

関連記事

舞台版『幕が上がる』 活き活きと熱が伝わる身体性

映画『幕が上がる』に続いて行って来ました、舞台版。 映画版とは全く異な...
記事を読む

ミュージカル 百万回生きたねこ を見て来ました!

森山未來君のミュージカルは、ヘドウィグアンドアングリーインチ以来の二度...
記事を読む

十二月大歌舞伎を見て来ました!@新橋演舞場

【夜の部】演目 一、籠釣瓶花街酔醒(かごつるべさとのえいざめ) 三世 ...
記事を読む

ミュージカル『RENT』2012に行って来ました!@シアタークリエ

演出:マイケル・グライフ 日本版リステージ:アンディ・セニョールJr ...
記事を読む

715

コメント




管理人にのみ公開されます

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


スパム対策をしています。コメント出来ない方は、こちらよりお知らせください。
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...

【シリーズ秘湯】乳頭温泉郷 鶴の湯温泉に泊まってきた【混浴】

数ある名湯の中でも、特別エロい名前の温泉と言えばこれでしょう。 乳頭温...

2016年12月の評価別INDEX

年始に久しぶりに実家に帰ったんですが、やはり自分の家族は気を使わなくて...

とらねこのオレアカデミー賞 2016

10執念…ならぬ10周年を迎えて、さすがに息切れしてきました。 まあ今...

2016年11月の評価別INDEX & 【石巻ラプラスレポート】

仕事が忙しくなったためもあり、ブログを書く気力が若干減ってきたせいもあ...

→もっと見る

【あ行】【か行】【さ行】【た行】 【な行】
【は行】【ま行】【や行】 【ら行】【わ行】
【英数字】


  • ピエル(P)・パオロ(P)・パゾリーニ(P)ってどんだけPやねん

PAGE TOP ↑