rss twitter fb hatena gplus

*

『恋人たち』 アンチテーゼとしてのリアル

maxresdefault『ハッシュ!』『ぐるりのこと』の橋口亮輔監督。
この監督の好きなところって、表現者としてとても誠実だなと思えるところなんですよね。
自分の中での何かを必ずぶつけてくる。「これならきっと受けるだろう」とか、「人に愛されるべき王道を目指そう」などと決してしない。いつもはみ出してしまう人を描いていて、そこに嘘のない真っ直ぐな目線を感じる。

今の日本映画が決してやらないことをやろうとしていますよね。
地味ながら、「人がやらないことをやろう」という決意に満ち満ちている。日本映画へのアンチテーゼ。これがとても気持ちが良かった。
あまり見たことのないような役者ばかりを起用するところもその一つですよね。見たことがあると言えるのは、リリーさんと光石研ぐらいかな。日本の映画界は、同じような役者ばかりを使いますよね。もう、名前だけでウンザリしてしまう。大体どんな映画か分かっちゃうでしょう。しかも同じ人ばかり起用されるんですよね。そういうものを全て避けたのでしょうか。リリーさんはまあ最近映画に出過ぎですね。でもほんの1シーンだけだし、『ぐるり』の主役に抜擢したのはこの人ですから。彼を役者として本格的に起用したのはこの監督なんだから、許しましょうよ(笑)。

あと、橋梁からの景色!これは珍しかった。東京の風景を描いて、橋梁から見た川からのショットなんて殆ど見たことないよね。だって、東京って川が汚いもん。舟に乗る機会自体めったにないですよ。お台場やら浜松町辺りには実はシーバスがあるし、その辺はまあ東京湾ですけれど、一応見せる用としてのキラキラ都会。…なんて言うほど気分が上がるようなものじゃないんだけど。隅田川ライン下りなんかもありますね、屋形船。それぐらいかな。屋形船は画になるんだけど、まああまり乗らないです。実は凄く高い。天麩羅付きとか言ってボってたりするし。まあ東京の人は舟は乗らないです。だから、東京を走る川からの景色なんて、初めて見た!と驚いちゃったな。ラストショットもこれでしょ?しかも、橋の下をくぐる。感激しましたね。東京でまだ見たこと無い風景なんですよ。

ファーストショットは正直、居心地が悪かったです。フェイク・ドキュメンタリー的なことがやりたいのかな、と。まず斜めからの長ーい“独白”ショット。素人的な役者を使って、ギリギリのリアルを攻めたいのかな、ああ、そっちかー、って。もしかすると、村上春樹も言っていたような、作家の”移行”の時期ということなのかもしれません。“一人称”から”三人称”に移行するためのそれ。“主観視点のリアル”から、”客観視点のリアル”へ、描きたいことを移行するための“通過点”なのかな、と思いました。私がこの作品に思ったのはそれかな。橋梁を抜けていく風景を見ながら。

内容は全然違うんだけど、私はこの作品を見て『野火』を思い出しました。インディペンデントだからこそ出来る、本気。今だからこその表現、であるとか。身を賭した表現者意欲、なんてものを。
これからもこの監督は追いかけていきますよ。

 

関連記事

『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...
記事を読む

『エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に』 アメリカ亜流派のレイドバック主義

80年代の映画を見るなら、私は断然アメリカ映画派だ。 日本の80年代の...
記事を読む

『湯を沸かすほどの熱い愛』 生の精算と最後に残るもの

一言で言えば、宮沢りえの存在感があってこそ成立する作品かもしれない。こ...
記事を読む

美容師にハマりストーカーに変身する主婦・常盤貴子 『だれかの木琴』

お気に入りの美容師を探すのって、私にとってはちょっぴり大事なことだった...
記事を読む

『日本のいちばん長い日』で終戦記念日を迎えた

今年も新文芸坐にて、反戦映画祭に行ってきた。 3年連続。 個人的に、終...
記事を読む

650

コメント(2件)

  1. まさしくアンチテーゼでしたね。
    橋口亮輔監督じゃなかったら、私は絶対観ようとは思わないタイトルです(笑)

    >あまり見たことのないような役者
    私は元々脇役好きなので結構知った顔が多かったですが、
    メインの3人は全く知らない人たちで、それが尚更リアルに感じさせられました。

  2. amiさんへ

    こんばんは〜♪コメントありがとうございました。
    ハハハamiさん的にダメなタイトルなんですか!
    しかし、全然『恋人たち』という名のロマンティックさとはかけ離れたタイトルでしたね〜

    メインの3人以外はご存知でしたか。
    私はあまり邦画の俳優を知らないんですよね〜
    アイドルや芸人・芸能人はもっとだけどw




管理人にのみ公開されます

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


スパム対策をしています。コメント出来ない方は、こちらよりお知らせください。
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...

【シリーズ秘湯】乳頭温泉郷 鶴の湯温泉に泊まってきた【混浴】

数ある名湯の中でも、特別エロい名前の温泉と言えばこれでしょう。 乳頭温...

2016年12月の評価別INDEX

年始に久しぶりに実家に帰ったんですが、やはり自分の家族は気を使わなくて...

とらねこのオレアカデミー賞 2016

10執念…ならぬ10周年を迎えて、さすがに息切れしてきました。 まあ今...

2016年11月の評価別INDEX & 【石巻ラプラスレポート】

仕事が忙しくなったためもあり、ブログを書く気力が若干減ってきたせいもあ...

→もっと見る

【あ行】【か行】【さ行】【た行】 【な行】
【は行】【ま行】【や行】 【ら行】【わ行】
【英数字】


  • ピエル(P)・パオロ(P)・パゾリーニ(P)ってどんだけPやねん

PAGE TOP ↑