rss twitter fb hatena gplus

*

『ハッピーボイス・キラー』 ほんわかキュートな悪趣味ホラーコメディ

poster2マルジャン・サトラピ監督の最新作(『ペルセポリス』、『チキンとプラム』)。

ピンク色の作業着を着せられて、工場で退屈な作業を毎日繰り返しさせられながらも、笑顔で頑張るジェリー(ライアン・レイノルズ)。同僚のフィオナ(ジェマ・アータートン)に思いをかけるが、どうも彼女の反応はあまり良くない。
彼は少々世間からズレているが、1番変わっているのはペットの犬・ボスコと猫のMr.ウィスカーズと会話出来ること。実は彼は元精神病患者だが、社会復帰しようと頑張っていた。薬を飲むと動物達の声が聞こえなくなってしまうので、出来れば薬は飲みたくないジェリーだった。

サイコキラーを彼目線で描いたら、悪趣味でグロ哀しい意外にも切ない物語。犬が天使で猫が悪魔かよ。ホラーとコメディを足した不思議なノリが、好き嫌いが分かれそう。
ゆるいコメディのノリで、悪趣味や悪意はところどころ面白く感じるものの、エロもグロも抑えめなので、ホラー好きには少し厳しい。
サイコキラー目線の物語という点で、『マニアック』同様に心惹かれる部分もある。

この先、ネタバレ




 

被害者の女たちの描写で、最初のフィオナのどこか憎らしい“女っぽさ”ー この描写はなかなか底意地悪くて良かった。でも、二人目の被害者であるアナ・ケンドリック(リサ)は本当に性格の良い子で、彼女を先に好きになっていればもっと違っていたはずだった。リサの方はジェリーに気がありそうだったのに、自分に冷たく、性格の悪いフィオナの方を好きだったのだから、ジェリーに見る目がなかった、ということになる。

また、ジェリーが“瀕死の状態を追った生き物を殺す”ことが正しいと思うキッカケに、母親の死があった。そのトラウマでジェリーはこうなってしまった、と説明づけている。つまり、彼の病理の原因はこれであるとハッキリと描写しているのだった。
私にはこうした様々な理屈づけが、かえって邪魔に思えてしまった。

しかし、ペット二匹や動物達の声は全部、これライアン・レイノルズがやっていたのね…!なんと。後から気づいた。ライアン・レイノルズのあまりの上手さに驚いた。
動物の声が本当に聞こえる訳ではなく、ボスコもMr.ウィスカーズもジェリー本人の別人格であったと裏付ける、説得力のある事実。恐れ入った。

 

関連記事

『ヒメアノ~ル』 塚本遺伝子の本気汁

今年の邦画ベスト1はこれでしょう。 テンポの上手さに心を掴まれてしまう...
記事を読む

『アイアムアヒーロー』 邦画ゾンビのイキのイイ傑作!

「邦画にしては、珍しく出来の良いゾンビ映画」との呼び声の高かった今作。...
記事を読む

『ノック・ノック』 浮気男はとりあえず、ぷっころす♪

時々やり過ぎがちなボクちゃん、イーライ・ロス 前回の『グリーン・インフ...
記事を読む

『グッドナイト・マミー』 未公開映画特集の中に優れたホラー発見!

こんなに面白い作品が未公開だなんて、勿体無い! マンション内で繰り広げ...
記事を読む

リア充がセ●クスババ抜き&鬼ごっこ 『イット・フォローズ』

タランティーノ絶賛の声が聞こえてきたが、どんなもんかと。 開けてみたら...
記事を読む

603

コメント(2件)

  1. こんばんは。
    とらねこさん、評価今一つって感じですか?
    私奴はいたく気に入ってしまって・・・
    案外、こういうキャピキャピの色使いや可愛いい系のセンスが好きなんだなぁ、と自覚させられてしまいました。
    ホラー観賞達人ではないので、本格なものより、超おバカか、可愛い系の方が嵌るみたいです。
    とにかく、サトラピ監督の絵作りセンスがとても良いので以前とらねこさんが推していた「ペルセポリス」を早速借りてきちゃったほどです。結局忙しさから最後まで観ないうちに期限切れで返しちゃいましたけど。そのうちまた借りようと思ってます。

  2. imaponさんへ

    こんばんは〜♪コメントありがとうございました。
    そうなんです、実は私は今ひとつでした…。でも、これすごく気に入っている人は気に入っていますよね。
    ホラー好きにはちょっと中途半端に思えちゃうかも。

    あ、そうそう『ペルセポリス』はすごく好きです〜!うん、確かに画的なセンスは感じます。
    ペルセポリスはモノクロなおかげで余計好き。
    あらら、期限切れで変えしちゃいましたか。残念!
    でも、延滞するよりはマシです、偉い(笑)
    延滞するなら、返してまた借りた方が安いですよね。




管理人にのみ公開されます

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


スパム対策をしています。コメント出来ない方は、こちらよりお知らせください。
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...

【シリーズ秘湯】乳頭温泉郷 鶴の湯温泉に泊まってきた【混浴】

数ある名湯の中でも、特別エロい名前の温泉と言えばこれでしょう。 乳頭温...

2016年12月の評価別INDEX

年始に久しぶりに実家に帰ったんですが、やはり自分の家族は気を使わなくて...

とらねこのオレアカデミー賞 2016

10執念…ならぬ10周年を迎えて、さすがに息切れしてきました。 まあ今...

2016年11月の評価別INDEX & 【石巻ラプラスレポート】

仕事が忙しくなったためもあり、ブログを書く気力が若干減ってきたせいもあ...

→もっと見る

【あ行】【か行】【さ行】【た行】 【な行】
【は行】【ま行】【や行】 【ら行】【わ行】
【英数字】


  • ピエル(P)・パオロ(P)・パゾリーニ(P)ってどんだけPやねん

PAGE TOP ↑