rss twitter fb hatena gplus

*

『最後の一本 ペニス博物館の珍コレクション』 珍コレクションてw

top今年のカリテ・コレクション(こっちもコレクション)で話題だった作品で、公開されたら絶対見よう、と思っていたもの。「今日見てきた」という映画ライターの方から、「今年のベスト!」とマッドマックスFRとこれを並べていたのだけれど、さすがにベストは言い過ぎではないかなw。

“世界で唯一のペニス博物館”を、アイスランドで作ってしまった館長のシッギ。牛のペニスを友人からもらったのをきっかけに、いつの間にか個人で集め始めてしまったのだそう。念願の博物館にすることが出来て、館長より奥さんの方がよっぽどホッとしてそう…(笑)。

だけど、どうしても一本だけ足りないものがある。それが、人間のペニス!
“ペニス博物館”を名乗るからには、人間のものが無くてはいけないと、余命の短さに焦り始めるシッギ。

そこへ名乗りでた候補者が二人。
一人目は、アイスランドでは有名人である、パゥットル・アラソン。齢93歳。
シッギ曰く、「この人のペニスであれば安心!」とホッとするような人物の模様。
彼の女癖の悪さにも定評があり、300人だとか400人とか言われている。そんな逸話にもどうやらシッギは満足している模様。

もう一人はアメリカ人の、トム・ミッチェル。
「我こそは」と名乗るほどの巨根の持ち主らしい。ペニスに「エルモ」という名前まで付けて可愛がっている(セサミ・ストリートよりずっと前だそう)。
アラソン氏より優位な条件として、「生きている内に切り落として献上する」とまで言い出す。なんたってアラソン氏と違い、まだまだ男ぶりの衰えない(?)60代。こちらが有利と思われたのですが…。
ところが彼は、アメリカ人ならではのエゴの強さを発揮し、日に日に要求が増していく。阿呆だなあwと笑いながらも、次第にアメリカ人らしさにウンザリ。毎日長〜いメールが2,3枚届くらしく、次第に彼の存在を持て余すシッギ。さあ、結末やいかに…。

館長のアイスランド人気質を反映してのことなのか、ハイテンションで爆笑するドキュメンタリーではないんですね。内容は爆笑必須なのに。
むしろ真面目に追いかけ、人間の滑稽さを愛おしむような、ユル〜い笑い。
アイスランドの寂しい田舎の風景をバックに、シッギは余命を心配しながら歩き回ったりする。最初にもらった牛のペニスをさり気なく手にして。

ペニスのモザイクはやはり、日本の映倫基準だなと思いましたよ。人間の体から繋がっている場合はモザイクがかかるけれど、切り取った場合はオールOK。

 

関連記事

『ジャクソン・ハイツ』 ワイズマン流“街と人”社会学研究

去年の東京国際映画祭でも評判の高かった、フレデリック・ワイズマンの3時...
記事を読む

『AMY エイミー』 今世紀一番ロックだったひと

エイミー・ワインハウスの名前は正直言って聞いたことがある程度で、特にフ...
記事を読む

『極私的エロス 恋歌1974』 40年前の日本女性の逞しさに惚れる

『ゆきゆきて、神軍』を撮った原一男監督作品。シネマヴェーラの「フィクシ...
記事を読む

20年来の愛を超えた告白 ツァイ・ミンリャン最新作 『あの日の午後』

何なんだろう、この愛は。最新作がこんな愛剥き出しの告白とは。驚き呆れ果...
記事を読む

ジャファール・パナヒ 『タクシー』 現実か否か?

東京フィルメックス映画祭にて鑑賞。 『チャドルと生きる』、『オフサイド...
記事を読む

691

コメント(4件)

  1. ん、感想文の途中で終わっちゃったのかと思いましたが、終わりなんですね。
    ドキュメンタリー的なのは、あんまり好みでもないので、フツーな感じでした…。
    ちゃんと結果がわかったのは、よかったです。

    http://bojingles.blog3.fc2.com/blog-entry-2947.html

  2. ボーさんへ

    こんばんは〜♪コメントありがとうございました。
    そうそう、私のレビューはここで終わりです。
    いつも全部は説明してないんですよ。

    うんまあ、思ったよりも普通っちゃ普通に、“等身大の人間を描いた物語”でしたね。

  3. >牛のペニスを友人からもらったのをきっかけに
    こんな物をプレゼントしちゃう友人がいるってことに、まず驚きました(笑)

    >最初にもらった牛のペニスをさり気なく手にして。
    そして、この最初の一本を博物館の良い場所に大切に飾るのではなく、愛着のある杖のように持ち歩いているところが素敵でした!

  4. 哀生龍さんへ

    こんばんは〜♪コメントありがとうございました。
    って、牛のペニスしか反応していないじゃないですか!w (≧∇≦)/
    確かに、牛のペニスを手にして真面目な顔して歩きまわるシッギ、最高でしたね。
    あんなに牛のペニスを大事にしているとはw




管理人にのみ公開されます

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


スパム対策をしています。コメント出来ない方は、こちらよりお知らせください。
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...

【シリーズ秘湯】乳頭温泉郷 鶴の湯温泉に泊まってきた【混浴】

数ある名湯の中でも、特別エロい名前の温泉と言えばこれでしょう。 乳頭温...

2016年12月の評価別INDEX

年始に久しぶりに実家に帰ったんですが、やはり自分の家族は気を使わなくて...

とらねこのオレアカデミー賞 2016

10執念…ならぬ10周年を迎えて、さすがに息切れしてきました。 まあ今...

2016年11月の評価別INDEX & 【石巻ラプラスレポート】

仕事が忙しくなったためもあり、ブログを書く気力が若干減ってきたせいもあ...

→もっと見る

【あ行】【か行】【さ行】【た行】 【な行】
【は行】【ま行】【や行】 【ら行】【わ行】
【英数字】


  • ピエル(P)・パオロ(P)・パゾリーニ(P)ってどんだけPやねん

PAGE TOP ↑