rss twitter fb hatena gplus

*

『コシュ・バ・コシュ 恋はロープウェイに乗って』 ロープウェイ映画の傑作

138617_01バフティヤル・フドイナザーロフの、『少年、機関車に乗る』に続いての長編2作目。
タジキスタン内戦の真っ只中に撮られたということだけれど、物語は政治の匂いの全くしない、まるで正反対の爽やか青春ラブストーリー。こういうのって、逆に断固とした意思によって、通常の人間の姿を描こうということなのか?と思ったら、どうやらちょうど撮影中に内戦が始まってしまった、ということらしい。

どんな状況下においても案外人間はしたたかなもので、何でもない理由をつけて出会いを求めたり、
戦時下であろうがなかろうが、賭け事に熱中する阿呆な男たちはいるものだ…てか?
こちら、ボーイ・ミーツ・ガールと言えど、その出会いの形が特殊。自分の全財産を賭けでスッてしまった男が、借金の取り立てに娘を差し出せと言われる。
娘はまだ嫁入り前(で、多分処女)。彼女を守り、一緒に逃げようと声をかける若い男(コイツもやはり賭博好き)。

夜に押し入ってきたものだから、なんとか誤魔化し逃げ出す。行った先は男が時々使う連れ込み宿みたいな場所だ。
普通に考えれば女の子は可哀想だし、不安だろうと思うところだけれど、描き方に悲惨さが無くカラっとしているので楽しい。
娘・ミラもどこか気丈そうだし、男の方もちょっと間抜けで憎めない。内戦でバンバン少榴弾が上がるが「花火?」なんて言ってたりする。若い二人にはロマンチックな花火。それで良いよね!

ロープウェイを操作する仕事をしていて、ここに自分の部屋まである。それだけで妙に楽しいし、うわあ、なんかいいなあ!って無条件で嬉しくなってしまう。
ロープウェイが行ったり来たりするシーンが多いのだけれど、人間よりこちらが主役か、と思ってしまうぐらい。
高低差の描写は恋のドキドキ感を表しているのかもしれない。そうした技術的表現なんかはどうでも良くて、もう画が最高だし、なんたって楽しい。

ロープウェイでキスをして、ワイン片手にディナーもする。
ロープウェイで親子喧嘩もするし、痴話喧嘩を夫婦も居た。とにかくロープウェイ映画決定版!

 

関連記事

『キャロル』 女性の心理はファッションに表れる

行間こそ映像力!…と、最近思う。 物語の合間に立ち昇ってくる何か。 こ...
記事を読む

『三人の結婚』 恋愛はいつだって修羅場ゲーム

恋愛の駆け引きはゲームに見せかけて、真剣勝負。 ドワイヨンの恋愛活劇は...
記事を読む

『アタラント号』 夫婦は何かを乗り越えるべし

「映画史上の傑作」特集にて、ようやく鑑賞が叶った作品。何故見たかったか...
記事を読む

『ラブバトル』 男と女はいつも泥沼

齢70歳にして、これですか〜… いやあ、フランス人はさすがだな!
私の...
記事を読む

590

コメント




管理人にのみ公開されます

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


スパム対策をしています。コメント出来ない方は、こちらよりお知らせください。
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...

【シリーズ秘湯】乳頭温泉郷 鶴の湯温泉に泊まってきた【混浴】

数ある名湯の中でも、特別エロい名前の温泉と言えばこれでしょう。 乳頭温...

2016年12月の評価別INDEX

年始に久しぶりに実家に帰ったんですが、やはり自分の家族は気を使わなくて...

とらねこのオレアカデミー賞 2016

10執念…ならぬ10周年を迎えて、さすがに息切れしてきました。 まあ今...

2016年11月の評価別INDEX & 【石巻ラプラスレポート】

仕事が忙しくなったためもあり、ブログを書く気力が若干減ってきたせいもあ...

→もっと見る

【あ行】【か行】【さ行】【た行】 【な行】
【は行】【ま行】【や行】 【ら行】【わ行】
【英数字】


  • ピエル(P)・パオロ(P)・パゾリーニ(P)ってどんだけPやねん

PAGE TOP ↑