rss twitter fb hatena gplus

*

【今月のブルー映画】『ブルー・ワールド』夏らしく海洋ドキュメンタリー

2015-08-12_1410大ヒット『ディープ・ブルー』に続く海洋ドキュメンタリー。
「ディープ・ブルー」の共同制作でも知られるオーストリア国営放送(ORF)が、当時の最新鋭の技術で制作を担当した。
「難破船アンブリア」「アドリア海の秘密」の2作品収録。

水族館が大好きだ。ボーっと魚を見るのが好き。
癒やされているのかは分からない。不気味な形をしている魚も居れば、案外エグい恰好のやつもいる。
何となく魚達に心の中で様々なツッコミを入れながら、ニヤニヤ笑ったり。

“ブルー”と名のつく映画は多いが、今月は夏らしく海洋ドキュメンタリーを選んでみた。
夜眠れない時、夜中に深海生物のDVDを見るのが好きだったこともある。
フワフワ漂う魚をぼーっと見るのも良し、様々な魚の生態を知るのも良し。
そうすると、ふと眠気が湧いてくる。
海洋ドキュメンタリーは最高。
やはり癒やされているのかもしれない。

ただし、こちらの作品は弱冠専門的なきらいがあった。
調査隊が調べた事実を羅列するので、物語性には欠ける。
娯楽性はあまりなく、専門知識まではいかずとも、とかく固有名詞が多過ぎる。
「あの、もう少し話を膨らませてくれませんか」と思う瞬間もあった。
まあ、真面目なドキュメンタリーでした。

1話と2話に分かれていて、1話は「難破船アンブリア」。
1940年にアフリカ、スーダン沖に沈んだイタリアの戦艦、アンブリア号の姿を捉える。
1万トンの弾薬と5万枚の銀貨が積まれていたそうだ。奪われるよりは船員もろとも海の底に沈むことを、船長は選ぶ。
海の底に沈んだ宝を探す物語なんて、『イントゥ・ザ・ブルー』を思い出してちょっぴりワクワクする。
だが今や、魚が多様に共存する格好の場所になっている。この魚たちについて、詳しく解説している。

2話は「アドリア海の秘密」。アドリア海沿岸に生息する動物たちを調べたレポート。
パラグルージャ島は別名、“鳥の楽園”。自然のままに鳥達に開放されたパラダイス。火山活動により出来上がった島だとか。
ヴェネチアの姿も、こうして見るとまた違って見える。

 

関連記事

『ジャクソン・ハイツ』 ワイズマン流“街と人”社会学研究

去年の東京国際映画祭でも評判の高かった、フレデリック・ワイズマンの3時...
記事を読む

『AMY エイミー』 今世紀一番ロックだったひと

エイミー・ワインハウスの名前は正直言って聞いたことがある程度で、特にフ...
記事を読む

『極私的エロス 恋歌1974』 40年前の日本女性の逞しさに惚れる

『ゆきゆきて、神軍』を撮った原一男監督作品。シネマヴェーラの「フィクシ...
記事を読む

20年来の愛を超えた告白 ツァイ・ミンリャン最新作 『あの日の午後』

何なんだろう、この愛は。最新作がこんな愛剥き出しの告白とは。驚き呆れ果...
記事を読む

ジャファール・パナヒ 『タクシー』 現実か否か?

東京フィルメックス映画祭にて鑑賞。 『チャドルと生きる』、『オフサイド...
記事を読む

629

コメント




管理人にのみ公開されます

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


スパム対策をしています。コメント出来ない方は、こちらよりお知らせください。
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...

【シリーズ秘湯】乳頭温泉郷 鶴の湯温泉に泊まってきた【混浴】

数ある名湯の中でも、特別エロい名前の温泉と言えばこれでしょう。 乳頭温...

2016年12月の評価別INDEX

年始に久しぶりに実家に帰ったんですが、やはり自分の家族は気を使わなくて...

とらねこのオレアカデミー賞 2016

10執念…ならぬ10周年を迎えて、さすがに息切れしてきました。 まあ今...

2016年11月の評価別INDEX & 【石巻ラプラスレポート】

仕事が忙しくなったためもあり、ブログを書く気力が若干減ってきたせいもあ...

→もっと見る

【あ行】【か行】【さ行】【た行】 【な行】
【は行】【ま行】【や行】 【ら行】【わ行】
【英数字】


  • ピエル(P)・パオロ(P)・パゾリーニ(P)ってどんだけPやねん

PAGE TOP ↑