rss twitter fb hatena gplus

*

『ゼロの未来』 脳内ベインズリー

zero どこか懐かしさいっぱいのギリアム世界。SFと言ってもあくまで個人的な物語として、自分の内面を覗き込んでいく。
この感覚がこの人の好きなところだったんですよね。
しかしその懐かしさも、どこか自分自身のセルフパロディ的、劣化縮小コピー感がしてしまった。なんだか寂しい。

外の世界“現実”を描く時のあのペラペラな“ハリボテ”感は、長年引きこもりだった主人公コーエン(クリストフ・ヴァルツ)の世界観そのものなんですね。
絶望の未来の確率“エンティティ”を計算するなんて、それだけでも鬱に陥ってしまいそうだもの。
インターネットのエロサイトはもっとペラペラなハリボテ感。でもそこで自分を解放することが出来たのは、この人の孤独を癒やす唯一の方法だったんだな。

そもそも何のために生きてきたのか、自分の目的もゴールも未来への展望も見えない。そんなコミュ障な男はまるで、中二病な私達の心の中に居るもう一人の自分のよう。
レディオヘッドのカバー「Creep」、この曲好きだったな。この曲の歌詞が全てを物語ってますね。
まるでオールドジャズ・バージョンのような気だるさに痺れながらも、ついつい心の中ではトム・ヨークが叫んでしまう。

楽しいシーンもありましたよ。ベインズリーのコスプレ、ムチムチ感は目が喜んじゃう。
“Enter”の文字が出るまでの粗い映像コマ変換がキュート♪乳首がスケスケだっ。
直接脳にコネクトするかのような、神経シナプス回路装置。これいいな。
“脳内ポイズンベリー”ならぬ、“脳内ベインズリー”。

 

関連記事

『エクス・マキナ』 古くて新しいSFと、ミニマリズムの閉塞的映像美

デジタルで映像がより鮮明になるに伴って、何処に一番美しさを感じますか。...
記事を読む

13日の金曜日スペシャル! 『10 クローバーフィールド・レーン』

13日の金曜日、おめでとうございま〜す! って、何がめでたいのかサッパ...
記事を読む

『ロブスター』 人間の世界で生きていて楽しい?生まれ変わるなら何になりたい?

これは、今一番自分が見たかった世界かもしれない。あなおそろしや。 ヨル...
記事を読む

『オデッセイ』 ユーモアとポジティブさと理系男子

「宇宙で一人取り残される話」と聞いて、思い出す映画は何?
人によっては...
記事を読む

『スター・ウォーズ フォースの覚醒』を 109シネマズ大阪エキスポシティ で見た!

このミーハー野郎が!…と言われるのは覚悟の上でございます。 映画ファン...
記事を読む

878

コメント(4件)

  1. こんばんは^^

    私がこの作品をいまひとつに感じたのは
    単に私がテリー・ギリアムが苦手な所為だと
    思っていたのですが、ギリアム好きな方が観ても
    手放しで褒めることは出来なさそうですね^^;

    >「Creep」
    >この曲の歌詞が全てを物語ってますね。
    本当ですね~!今気付きました!
    (前回のコメントからそんなんばっかりですね、私^^;)

    http://hasikko.exblog.jp/21844367/

  2. amiさんへ

    おはようございます!コメントありがとうございました。

    いやー、もう素晴らしかった時代が嘘のように、まるで自ら劣化コピーを作っているようで、辛くなりました…。
    まあ懐かしい気はするんですけどね。
    大好きだった映像作家が、まるで「出がらし」みたいになってるのを見るのは辛いです…。

    『Creep』の歌詞そのまんまの映画でしたよね!
    賛同いただけて嬉しいです^^

  3. なに?女性から見てもベインズリー氏のムチムチボディは興奮するの?(何を訊いてる)
    面白い映画とは言えないけどベインズリーと
    ティルダの頑張りでなんとか最後まで寝ずに持ちこたえましたよ(笑)

  4. itukaさんへ

    こんばんは〜♪コメントありがとうございました!
    うん、ムチムチボディってなんか、見てるとムズムズしちゃいますね…
    言われてみれば、なんでだろ?
    私、結構女見て興奮してるんだよナ…。

    なんか、ちょうどいいムチムチ感じゃありませんでした?
    ガリガリってあんまり魅力を感じない〜
    やっぱり肉感的なのがいいな。

    ワタシ的には、ティルダは「いつものこと」って感じだったかも…




管理人にのみ公開されます

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


スパム対策をしています。コメント出来ない方は、こちらよりお知らせください。
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...

【シリーズ秘湯】乳頭温泉郷 鶴の湯温泉に泊まってきた【混浴】

数ある名湯の中でも、特別エロい名前の温泉と言えばこれでしょう。 乳頭温...

2016年12月の評価別INDEX

年始に久しぶりに実家に帰ったんですが、やはり自分の家族は気を使わなくて...

とらねこのオレアカデミー賞 2016

10執念…ならぬ10周年を迎えて、さすがに息切れしてきました。 まあ今...

2016年11月の評価別INDEX & 【石巻ラプラスレポート】

仕事が忙しくなったためもあり、ブログを書く気力が若干減ってきたせいもあ...

→もっと見る

【あ行】【か行】【さ行】【た行】 【な行】
【は行】【ま行】【や行】 【ら行】【わ行】
【英数字】


  • ピエル(P)・パオロ(P)・パゾリーニ(P)ってどんだけPやねん

PAGE TOP ↑