rss twitter fb hatena gplus

*

ルビッチ・タッチ!(2)『天国は待ってくれる』『陽気な中尉さん』『花嫁人形』

天国は待ってくれる

ルビッチの映画がメチャクチャ面白くて、今回の特集には通いまくりの私。
この時代のアメリカ映画は本当に面白いね!
マリリン・モンローにハマった頃にビリー・ワイルダーの映画に出会えたけれど、ビリー・ワイルダーの師匠であるエルンスト・ルビッチには最近になってようやく。もっと早く出会いたかったな。

今回の特集はちなみに、6本がサイレント映画で、6本がレンタルになっている。それ以外の7本はなかなか見る機会のないもの。
この中で私は、後者の7本のみ全部見よう!と計画を立てたのだけれど、そう上手くはいかず。
2本立て上映なので、ちょうど全部が上手く回るようカップリングされているのでした。うぬ…ヴェーラ、考えおるな。

サイレントが苦手なのは、台詞が無いことよりも、音楽がうるさいように感じるところ(皮肉な話ですよね…)。
けれど、ルビッチのものはそれさえ我慢すれば、なかなか楽しめる♪

ちなみにレンタルで見れるものは(TSUTAYA調べ ※渋谷・代官山・新宿等ラインナップ豊富な店)、『生きるべきか死ぬべきか』、『ニノチカ』、『生活の設計』、『陽気な中尉さん』、『私の殺した男』、『天使』。
興味の有る方が居たら、是非見てみてくださいね!きっと後悔はしない、極上の映画体験に違いないから。

さてこちらの作品は、ルビッチ初のオールカラー作品。
目にも鮮やかなカラーリングが、ちょっと慣れなくて驚いてしまう。

この作品のみ、ヴェーラの壁に淀川さんのレビューが載っているのです。
ルビッチに気に入られたビリー・ワイルダーの話。
「…と思うけれど、それはアマイアマイアマイ。ドン・アメチー。」なんて、いかにも淀川さんが言いそうな一文!

ここでのドン・アメチーがひたすら素敵なんですよ!
私は初めて見たのだけれど、まるでブラピみたいに超絶イケメン!(出た、私のイケメンを褒める時の得意文句、「まるでブラピ」。苦笑)
目元が印象的で、カッコイイと言うべきか可愛いと言うべきか。
ジーン・ティアニーも、好みの美女の出てこないルビッチ映画にあって、唯一美しいと思った女優さん(失礼ながら…)。

死後、地獄の受付(豪華ホテルのロビーみたいな素敵な場所だ!)で、閻魔様に(そんな名前は出てこなかったが)、自分の居場所は地獄だと確信しているドン・アメチー演じる、ヘンリー・ヴァン・クリーグ。
「私は女をたくさん泣かせて来ましたから、地獄行きに違いありません…。」
ここで彼の身の上話が始まる。

生意気な小僧だった時代に、「キスは好きな人といくらでもしていいのだ」、とフランス人家庭教師から教わるヘンリー。
一目惚れしたマーサ(ジーン・ティアニー)に果敢にアタックし、一度目の駆け落ち。
結婚10年目にして、実家へ帰った妻を、もう一度さらう二度目の駆け落ちは、伯父さんも一緒。
「駆け落ちは、一度やってみたかったんじゃ!」

ドンファンとしての浮名を流すもさすがに年を取り、今度は息子が女優の舞台裏に通うように育ってしまう、因果応報。
それら全てを見抜いていた妻。

ところで、マーサの両親の仲の悪い夫婦は、ここでのヘンリー夫婦との対比か。
二人が朝食時に新聞の内容で喧嘩をする、「潜水艦からどうやって脱出出来たか?!」という会話が面白い。
ちなみに、『青髭八人目の妻』にも、「フラッシュ・ゴードンはどうやって潜水艦から脱出出来たか?」という台詞がありましたよ。

陽気な中尉さん

とっても可愛いミュージカル♪
二人が恋に落ちて、朝食についての歌を歌ってるシーンが好き。
「オムレツは愛の時間〜♪」とか、「アナタがマーマレードに手を出す姿がたまんな〜い♪」とか、変な歌詞で盛り上がってて可愛い!

セクシーさの足りない王女(ミリアム・ホプキンス)に、服装や下着のアドバイスをするシーンがいい。
ルビッチの映画では、別れのシーンが辛くても、女性はいつも健気。去り際に嫌な感じを残さない。
朝食のシーンが可愛かったせいで、最後の台詞が沁みてくる…少し切ない。

花嫁人形

20120130210226fb7 人形と偽装結婚を企むという辺り、バレエの「コッペリア」を思い出す。
人形的な動きがコミカルで、サイレントらしい“過激さ”を感じる。
なんと言ってもヒロイン、オッシ・オズワルダの動きが凄い。
これ、「銀幕の女王」だとか「私は美人」的なしょい込みがある人には到底出来ない顔の表情。
いやはや、立派です。うーん、変な顔だ…。

私達人間も、じっと座っているのって結構辛いんですよね。
踊れる瞬間には思い切り踊り出したり、
男が見ていないところでムシャムシャご飯を食べる花嫁人形。
漫画のような表情を作るところが、このモノクロサイレント時代の演者の上手さ?オッシ・オズワルダの面目躍如。
動き、表情だけで笑えてしまう。
特にカクカクした人形の動きが、思い切りキマってる!

私が見たのはデジタル上映だったけれど、緑っぽいモノクロになったり、赤っぽいモノクロになったりしていた。
初めは褪色なのかな?と思ったけど、あれは何だったんだろうか。
ちなみに、映像の途中に挟まれる文字部分が、ドイツ語→英語へとクルっと変わっていた。
なんか不思議な感覚で面白かったな。

 

関連記事

『帰ってきたヒトラー』 このご時世じゃ笑いたくてもワロエナイ!

ヒトラーは生きていた!? 「源義経はモンゴルに渡り、チンギス・ハーンに...
記事を読む

『神様メール』 新・新約聖書がもし書かれたなら

映画の面白さについて語るのはいつも難しいことだけれど、とりわけこの作品...
記事を読む

『これが私の人生設計』 窮屈なイタリア社会を笑う

イタリア映画祭で評判だったこの作品は、イタリアの国民性を感じるコメディ...
記事を読む

パン・ホーチョン 『愛のカケヒキ』 女同士のバトルが面白い!

中国映画週間にて。 そうか、香港は中国に返還されたから、“香港映画”で...
記事を読む

アレックス・デ・ラ・イグレシアでデラ上がる! 『グラン・ノーチェ!最高の大晦日』

ラテンビート映画祭にて鑑賞。 アレックス・デ・ラ・イグレシアに遅らばせ...
記事を読む

1,065

コメント




管理人にのみ公開されます

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


スパム対策をしています。コメント出来ない方は、こちらよりお知らせください。
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...

【シリーズ秘湯】乳頭温泉郷 鶴の湯温泉に泊まってきた【混浴】

数ある名湯の中でも、特別エロい名前の温泉と言えばこれでしょう。 乳頭温...

2016年12月の評価別INDEX

年始に久しぶりに実家に帰ったんですが、やはり自分の家族は気を使わなくて...

とらねこのオレアカデミー賞 2016

10執念…ならぬ10周年を迎えて、さすがに息切れしてきました。 まあ今...

2016年11月の評価別INDEX & 【石巻ラプラスレポート】

仕事が忙しくなったためもあり、ブログを書く気力が若干減ってきたせいもあ...

→もっと見る

【あ行】【か行】【さ行】【た行】 【な行】
【は行】【ま行】【や行】 【ら行】【わ行】
【英数字】


  • ピエル(P)・パオロ(P)・パゾリーニ(P)ってどんだけPやねん

PAGE TOP ↑