rss twitter fb hatena gplus

*

『不眠症(上・下)』 by スティーブン・キング を読んだ

私は15才の頃からのキングファンで、初めて出会った『スタンド・バイ・ミー』(恐怖の四季・春夏編)以降は、忠実に処女作から辿って読んだ。『恐怖の四季』シリーズはもちろん、『デッドゾーン』や『ミザリー』、『シャイニング』には心底魅了された。『ペット・セマタリー』も心から好きだった。

熱烈なファンではあったのだけれど、『トミーノッカーズ』、それからその翌作の『ダークハーフ』に至ってはかなりガッカリさせられた。キング自身が自分との戦いに苦しんでいるような、作家の苦悩が一番に感じられる瑣末なアイディアで、“想像力の枯渇”を感じさせる駄作だった。キングも中学時代に読んでいたその他の作家たち同様、自分が成長すると途端につまらなく感じるような、“通過する”タイプの作家だったのか、とガッカリした。

キングをもう一度読み始めたのは『グリーンマイル』から。雑誌形態で毎月薄い文庫本が出版された。そうすることがキングの意向だったのだけれど、これがとても楽しくて、ああ、あの頃は翌月に本屋で買うのが本当に楽しみだったな!キングが“戻ってきた”、饒舌で人を奮い立たせる文筆力が、また戻ってきていた。

その後、『ドロレス・クレイボーン』を読んで、昔のキングとの違い(特に女性の描写)を感じたものだし、『アトランティスのこころ』に至っては、キングがよくあるホラーの潮流とは違うタイプの、新鮮なストーリーテリングの魅力を発見出来たことに驚いた。その時、「どうやら、キングは0年代以降もしばらく大丈夫そうだな!」と安心したのを覚えている。『ドリームキャッチャー』に至っては、『スタンド・バイ・ミー』のセルフパロディ的でありながらも一周回ったクレイジーさが感じられて、これはこれでクリーンヒットである。(ただし、映画の方は相当おかしな事になっているけれどw。こちらの方は、“珍作ホラー好き案件”の棚に入ってしまう。)

こちらの作品『不眠症』は、熱心に読んでいない時代のキングだった。おかげであまり期待せずに読んだのだけれど、今読めば、『グリーンマイル』に通じるようなテーマも活き活きと描かれているし、『IT』や『ドロレス・クレイボーン』『ローズ・マダー』を感じさせる部分もある。
この作品ほどプロットを丁寧に扱うキングは珍しいぐらいで、筆圧の高さを感じる。

相変わらずデリーの町は厄災続きである。
しかし、ここでの反社会的抗議活動 ー アメリカの保守的な田舎町における、人工妊娠中絶に狂信的に反対する妄信的キリスト教信者達については、この時代にはあり得るリアリティを持った描写に驚く。ちょうど体外受精手術なども出始めた頃であるから、この逆行的な人々の不信が余計、頑迷に感じるのだった。

『ダークタワー』シリーズのローランドの記述と被るが、トールキンの『指輪物語』の堂々とパクった部分に関しては、少し評価が落ちる。それでも、小人の3人の医師に関しては、紛れも無くキングのオリジナル的な恐ろしさであるし、フレッシュな魅力満載に思えた。
不眠症を患う、長い一日を過ごす絶望的な老人の日常から、別の世界が見え始める辺りなど、丁寧な描写があったからこそ、彼にその後訪れた幸福を喜ばしく思う。

爺さんと婆さんが世界を救う(デリーという小さな町を救っただけだけれど)、というメインプロットには、心から応援してしまう魅力がある!彼らが若返ってもう一度愛しあうなど、なんとロマンチックなのだろう!

まあ、いつものキングではある。人工甘味料と着色料でいっぱいの、カラフルなお菓子。アメリカっぽくて、ポップで、だけどいくつになっても嫌いになれない。

 

2015/04/20 |

関連記事

『職業としての小説家』 村上春樹の語られなかった講演集

村上春樹の、小説家としての自分、そして彼の人生全てについての自伝的エッ...
記事を読む

『ゴーン・ガール』(上・下)by ギリアン・フリン を読んだ

うん、なかなか濃い読書体験で満足。 ほぼ映画『ゴーン・ガール』と同じ内...
記事を読む

『封印されたアダルトビデオ』 by 井川楊枝 を読んだ

この激ヤバな内容…。これは凄い。AV業界の裏事情を書いたものとして、突...
記事を読む

『愛を語るときに我々の語ること』 by レイモンド・カーヴァー を読んだ

久しぶりに文学に触れた気がして、嬉しくなった反面、少し緊張したりもした...
記事を読む

『潜水服は蝶の夢を見る』 by ジャン・ドミニク・ボービー を読んだ

忘れられない映画なんだ。 ゼロ年代のベストにも入れた、大好きな作品(同...
記事を読む

1,727

コメント




管理人にのみ公開されます

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


スパム対策をしています。コメント出来ない方は、こちらよりお知らせください。
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...

【シリーズ秘湯】乳頭温泉郷 鶴の湯温泉に泊まってきた【混浴】

数ある名湯の中でも、特別エロい名前の温泉と言えばこれでしょう。 乳頭温...

2016年12月の評価別INDEX

年始に久しぶりに実家に帰ったんですが、やはり自分の家族は気を使わなくて...

とらねこのオレアカデミー賞 2016

10執念…ならぬ10周年を迎えて、さすがに息切れしてきました。 まあ今...

2016年11月の評価別INDEX & 【石巻ラプラスレポート】

仕事が忙しくなったためもあり、ブログを書く気力が若干減ってきたせいもあ...

→もっと見る

【あ行】【か行】【さ行】【た行】 【な行】
【は行】【ま行】【や行】 【ら行】【わ行】
【英数字】


  • ピエル(P)・パオロ(P)・パゾリーニ(P)ってどんだけPやねん

PAGE TOP ↑