rss twitter fb hatena gplus

*

『インターンシップ』Google100%印の全力コメディ

internship ちょっと危惧してたんですよ。
“Google全面協力の、Googleを舞台にした、Google社へのインターンシップの映画”、と聞いたら。
でも、監督がショーン・レヴィ、出演がオーウェン・ウィルソンということで、これは案外面白いかな?と。
当たり!DVDスルー作品なのだけれど、これが十分面白かった!

私のFacebookの友人に、Google社で働いている人が居ます。
彼は、Microsoft社からGoogleへ転職したエリート。
元々Google好き(そして、Macの方が好き)な私は、MicrosoftからGoogleへの彼の転職に心底驚き、心から祝福したのは当然のこと。
でも彼のFacebookは、前向き精神でキラキラなものばかりかと言えばそうではなく、むしろギャグ満載。
家族サービス精神溢れる、ほんわかと笑えるお茶目さに満ち満ちているんですね。それが余計、彼の人望を厚くしてしまう。

彼は、笑いの効果ということを良く知ってる人なのでしょう。
そして、この映画も同じかもしれない。

私が想像するにGoogleは、“Googleを舞台にした、インターンシップの映画”というお題を与え、さらに100%出資したかもしれないが、
物語や製作等には一切口を挟まなかったのではないか。
それぐらい自由闊達に、ショーン・レヴィのコメディ精神が感じられるものだったんですね。

そうでなければ、もっと“感動”ある“ちょっぴり退屈”な“いい話”風になっていたはず。

そもそも、googleのインターンシップにいい年したオジサンが入り込むことすら、あり得ないことかもしれない。
ましてや、PCを持っていないため図書室でPCを借り、周りがドタバタする中でSkypeする、電源ソケットすら位置が良く分かっていない人たちが、
HTML5やCSSを少し勉強したからといって、Google社に入ることが出来るのか、と…。

いやはや、アメリカのコメディの面白さや冒険精神に、改めて惚れ直しました。
映画の知識がある人は、この作品が途中で挟み込む、細かい描写についつい笑ってしまうかも。
感動物というより、内容はまるで『アニマルハウス』だし(『モンスターズ・ユニバーシティ』風でもある)、
いじめっこはビフ・タネンそっくりの姿で現れ、途中おもむろに『ハリーポッター』をパクった、運動ゲームが始まる。
箒を股に挟んで妙ちきりんなゲームをし出し、人間“ゴールデン・スニッチ”が片足首を持った変なダンスで、サイプレス・ヒルの音楽と共に登場した時は、堪え切れず爆笑してしまった。

Googleの闊達なクリエイティビティの話を描きながらも、必ずや凶悪なギャグセンスを出さずには居られない、このセンスが最高。
「Googleが好きになる話」かと言われたら私は、これを自社の100%出資で許した、そんな懐の深いGoogle社をこそ尊敬し、その点に置いて好きになれた、と答えますね。
ハリウッドでは、スポンサーが映画製作側を全面的に信頼していて、健全であり、だからこそ出来ることなのかもしれない。
もしくはそうしたコラボレーションが上手に機能しているか、あるいはこのクリエイター達が上手にそれらをケムに巻いたか。

それなのに最後ちゃんと定番的に、Googleが好きになったり、勇気をもらったりもする。
うん、とにかく一風変わったコメディではあります。
ショーン・レヴィは『ナイトミュージアム エジプト王の秘宝』で見たばかりだけど、いや素晴らしいクリエイターだと再発見しましたね。

 

関連記事

『帰ってきたヒトラー』 このご時世じゃ笑いたくてもワロエナイ!

ヒトラーは生きていた!? 「源義経はモンゴルに渡り、チンギス・ハーンに...
記事を読む

『神様メール』 新・新約聖書がもし書かれたなら

映画の面白さについて語るのはいつも難しいことだけれど、とりわけこの作品...
記事を読む

『これが私の人生設計』 窮屈なイタリア社会を笑う

イタリア映画祭で評判だったこの作品は、イタリアの国民性を感じるコメディ...
記事を読む

パン・ホーチョン 『愛のカケヒキ』 女同士のバトルが面白い!

中国映画週間にて。 そうか、香港は中国に返還されたから、“香港映画”で...
記事を読む

アレックス・デ・ラ・イグレシアでデラ上がる! 『グラン・ノーチェ!最高の大晦日』

ラテンビート映画祭にて鑑賞。 アレックス・デ・ラ・イグレシアに遅らばせ...
記事を読む

944

コメント




管理人にのみ公開されます

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


スパム対策をしています。コメント出来ない方は、こちらよりお知らせください。
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...

【シリーズ秘湯】乳頭温泉郷 鶴の湯温泉に泊まってきた【混浴】

数ある名湯の中でも、特別エロい名前の温泉と言えばこれでしょう。 乳頭温...

2016年12月の評価別INDEX

年始に久しぶりに実家に帰ったんですが、やはり自分の家族は気を使わなくて...

とらねこのオレアカデミー賞 2016

10執念…ならぬ10周年を迎えて、さすがに息切れしてきました。 まあ今...

2016年11月の評価別INDEX & 【石巻ラプラスレポート】

仕事が忙しくなったためもあり、ブログを書く気力が若干減ってきたせいもあ...

→もっと見る

【あ行】【か行】【さ行】【た行】 【な行】
【は行】【ま行】【や行】 【ら行】【わ行】
【英数字】


  • ピエル(P)・パオロ(P)・パゾリーニ(P)ってどんだけPやねん

PAGE TOP ↑