rss twitter fb hatena gplus

*

『神々のたそがれ』 泥土と汚物と臓物と

kamigami1ぐおお!!
グチャグチャの泥土&飛び出る臓物&臭そうな臭気にまみれた映像。

とにかく問答無用に迫力たっぷりで、『フルスタリョフ、車を!』を思い出すような作り。
スコセッシが「とりあえず、何がなんだか分からないが迫力は凄い」と言ったのは、確かにその通りで、
こちらも全く同じ“良く分からないパワー”に満ちている。

今回はさらに広い範囲の現場を、自由にカメラマンが動き、しかも寄りで撮っている。
なんだろう、このド迫力は。鬼気せまる迫力に気圧されるばかり。

絶賛する声が多いけれど、中には批判の声も。
お下劣な部分もあり、グロい部分もあるせいだろうか。
もしくは、神の野蛮さについて行けないせいか…?
いづれにせよ、人を選ぶ作り。

とりあえず、臭そう。
途中で、「いい匂いにしておかないと」みたいな台詞と共に、香水が振りかけられるシーンがいくつかあるのだけれど、
そうしたところで相変わらず臭そう。臭いものに香水ふりかけたら、変な科学式になりそうだ(笑)。

しかし、長回し好きの人は必見!かも。
カメラを意識しすぎて、少々疲れる部分もあるけれど。

この体験は、劇中に入り込んだ感覚を与え、身近に思えるような身体感覚を覚えさせる。
手持ちカメラで劇中世界に入りこんだ感覚、というとすぐ“ドキュメンタリータッチ”という語を使いたくなるけれど、こうしたものからはかけ離れている。
むしろ正反対。

舞台劇に自ら迷い込んだような、ロシアの土臭さを肌で感じるような、五感に近づく“身体感覚”そのもの。
神の泥土と臓物にまみれた憤死の戦いを、自ら体験するかのようである。

神から生まれた人間ということで産み落とされるが、人間のため十字架にかけられたり、救世主として崇められたりはしないドン。
事態を掌握し、問題解決に踏み切ろうとすればするほど、人間の醜悪さが露見する。
一人の独裁者が去ってもまた別の独裁者が現れる、その餌食になる人々も。
泥んこレスリングのような現実との戦い。

うんざりするような戦いは終わらずに、観客も神同様にすり減っているような疲労感に襲われる。
尺が長いため、ずっと続く寄りのカメラが辛い。
神様もつらいけど、観客もつらいよ(笑)

そうそう、「神様はつらい」が原作なのだけれど、実際「神様はつらい」という台詞も3度ほど繰り返されることだし、
イメージフォーラム・フェスティバルで上映された時の元のタイトル『神様はつらい』の方が良かった気がする。
『神々のたそがれ』などという余裕しゃくしゃくの感じからは程遠いし、まるで寅さんみたいで親近感が湧くし(笑)

 

関連記事

『殿、利息でござる』の志高い傑作ぶりを見よ!ただのイイ話と思いきやとんでもない!

選挙が終わった。今回の選挙はもしかしたら戦後最大の争点になるかもしれな...
記事を読む

『我が至上の愛 アストレとセラドン』泥沼悲劇は途中から転調して…

“愛”について語る時に必ず付いて回る、R...
記事を読む

『フルスタリョフ、車を!』 ロシア的なるものの恐ろしさを堪能せよ

ロシア映画で1番ロシアらしさを感じるのは、私にとってはこの作品かもしれ...
記事を読む

新たな古典 『悪童日記』

なんて素敵な怪作なんだろう。 狂った時代の、狂った兄弟とその家族の物語...
記事を読む

950

コメント(2件)

  1. 衝撃度半端ありませんでした。
    映像体験としては今年暫定1位。近年稀にみる衝撃。
    『フルスタリョフ、車を!』も見なきゃいけませんね。
    遺作公開を期にどっかでアレクセイ・ゲルマン、特集組むべき。

  2. imaponさんへ

    こちらにもありがとうございます♪
    こちらも別部門の今年暫定一位だったのですね!

    こういう作品が今年の新作というのが、本当に不思議だし、
    映画ってすげーなー!と思います。
    ロシアって本当に半端ないというか、大地の匂いまでしそうな、大胆さがたまりません。
    クラシック音楽も、小説も、映画も、ロシアは本当に凄い!

    そうそう、私はアレクセイ・ゲルマンはお恥ずかしながら、ゲルマンと言う名前に騙されて、ずっとドイツ人だと思っておりました(恥)
    去年になって初めて見たんですが、特集上映は組まれていないにしろ、あれこれ追いかけたら、意外といろいろ見れたんですよ、去年。




管理人にのみ公開されます

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


スパム対策をしています。コメント出来ない方は、こちらよりお知らせください。
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...

【シリーズ秘湯】乳頭温泉郷 鶴の湯温泉に泊まってきた【混浴】

数ある名湯の中でも、特別エロい名前の温泉と言えばこれでしょう。 乳頭温...

2016年12月の評価別INDEX

年始に久しぶりに実家に帰ったんですが、やはり自分の家族は気を使わなくて...

とらねこのオレアカデミー賞 2016

10執念…ならぬ10周年を迎えて、さすがに息切れしてきました。 まあ今...

2016年11月の評価別INDEX & 【石巻ラプラスレポート】

仕事が忙しくなったためもあり、ブログを書く気力が若干減ってきたせいもあ...

→もっと見る

【あ行】【か行】【さ行】【た行】 【な行】
【は行】【ま行】【や行】 【ら行】【わ行】
【英数字】


  • ピエル(P)・パオロ(P)・パゾリーニ(P)ってどんだけPやねん

PAGE TOP ↑