rss twitter fb hatena gplus

*

『インド・オブ・ザ・デッド』 ショーン・オブ・ザ・デッド以来の傑作ゾンビコメディ!

iotd_01 うーん残念残念。何が残念て、この映画が東京でたったの一週間しかやらないことが。
…と書いたらムーブオーバーで、新宿シネマートで一週間限定レイトショーが4/4日からスタートですって!おめでとう。
こんなに面白いゾンビ映画はそうそうないので、良かった。

インド映画でゾンビコメディなんて初。
ホラー自体が少なそうな国?

タイトルの原題は『GO GOA GONE』。これ自体なかなか良いタイトルだけど、邦題は『インド・オブ・ザ・デッド』。
オブ・ザ・デッドものが人気だから、つい調子に乗ってつけたのだと考えるでしょう?
ところが、ちゃんと出典があったのです。こちら、ゾンビだからと適当に付けられる「オブ・ザ・デッド」モノではなく、『ショーン・オブ・ザ・デッド』にすごく影響されて作られていて、同作へのオマージュもある。

こんなに新鮮なゾンビモノは、昨今なかなか見ないほど。
“ゾンビ”と“インド”と“コメディ”が、融合してるんですよ!
この食い合せ、ゲップが出るようなしつこさが前面に出るんじゃないか…と予想していたのが、大ハズレ!

インドが舞台であるからこそ、“ゾンビ”という言葉そのものに慣れていない辺りも笑いに繋げていたし。
ゾンビ物で昔は時々見られた、「ゾンビと吸血鬼を一緒くたに考える」こともギャグにしていて、今さら見るとなんて新鮮なの!

あと、ゾンビ化するキッカケって、結構いろんな原因がこれまでありましたけど、こちらは初めて見る部類のものだった。
ちょっとネタバレになりますけど****************************

ゾンビ化の原因が、“麻薬のやりすぎ”。
麻薬をやり過ぎる→普段持つ感覚が鈍り、痛みや苦痛も感じなくなる状態になる。
これって実は、今まで見たことのない原因だと思いません?

ゾンビ映画はその昔、新人類による“ヒッピー文化”と文化的に分析する向きもあった。
逆に今の時代にそれをそのまま、“ゾンビ要因”として描くなんて、古くて新しい!
案外見たことないと思いませんか?

途中のサバイバル展開は、伝統的なロメロ映画のようで、本気で面白いし。
一つの島という絶海の孤島での戦いになるので、世界が小さくてもあまり気にならない。
さらに、ゾンビがたくさん居るという状況なのに、いかにも呑気な南の島の美しい描写!あ、新しい!!!

一夜明けた後、少しホッとしたような曲が挟まれんですね。インド風の気持ちよさ気な音楽(女性ボーカルの曲)が流れ、川沿いを楽しそうに行く主人公たちと、小鳥の歌声…。
なんというか、「ずっとサバイバル展開では、見ている方が息が詰まる」、インド映画は音楽を挟まないと!てな感じに、曲がところどころ流れると言いますか。こんなインド映画では当たり前に見ることなのに、ゾンビ映画においてもこれを全うしているところが、妙に可笑しくて新鮮なんです!

クライマックスの展開も、とある行為が“ゾンビを止める”ことに結びつくんだけど、これがちゃんと理にかなってて(?)。“麻薬は数種類やると、効きすぎて動きが思わず止まってしまう”というもの。

実は、『ショーン・オブ・ザ・デッド』を狙ったゾンビコメディって、案外出来の良いものになかなか出逢えない。こう実感している人は多いと思う。しかし、この作品は本当にヒットでした!

それにしても、コアなインド映画ファンて、ちょっと普通の映画ファンと違うノリだと思いません?
何故って、すっごくノリがいいんですよ。

私は、『恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム』や、『スチューデント・オブ・ザ・イヤー 狙え!No.1!』で、マサラ上映を経験しているのだけれど、実はこれは、どうやら“すごくインド映画が好きな人たち”に支えられているのを、ひしひしと感じました。
何って、普通の劇場の何倍も笑いが出る!ビックリするほどノリがいいんです。
特に、こうした機会だったから余計、みんなノリがいい人が多いんだと思っていたんですね。

今回のこちらの作品も、たったの一週間上映ということもあってか、普通の映画ファンより、“濃厚インド映画ファン”がやって来ていたのかもしれないと思います。
だって、あらゆるシーンで笑いが出ること、出ること!

思わずハッピーになりました。
なんかね、ヴェーラなどに居るような“変に分かったような笑い”とは違う笑いなんです。
インド映画ファンは、本当にあったかいんだよなあ。

 

関連記事

『帰ってきたヒトラー』 このご時世じゃ笑いたくてもワロエナイ!

ヒトラーは生きていた!? 「源義経はモンゴルに渡り、チンギス・ハーンに...
記事を読む

『神様メール』 新・新約聖書がもし書かれたなら

映画の面白さについて語るのはいつも難しいことだけれど、とりわけこの作品...
記事を読む

『これが私の人生設計』 窮屈なイタリア社会を笑う

イタリア映画祭で評判だったこの作品は、イタリアの国民性を感じるコメディ...
記事を読む

パン・ホーチョン 『愛のカケヒキ』 女同士のバトルが面白い!

中国映画週間にて。 そうか、香港は中国に返還されたから、“香港映画”で...
記事を読む

アレックス・デ・ラ・イグレシアでデラ上がる! 『グラン・ノーチェ!最高の大晦日』

ラテンビート映画祭にて鑑賞。 アレックス・デ・ラ・イグレシアに遅らばせ...
記事を読む

1,159

コメント(2件)

  1. ・・・しかし、あれが原因だと、噛まれてゾンビ感染するってのが割と難しいんじゃないか? 実は演技しててもバレないってのがあったから、噛まれた人は思い込みでゾンビになってたのかもしれない。

    あー、あのオープニングの曲が気持ちよかったなあ。

  2. ふじき78さんへ

    こんばんは〜♪コメントありがとうございました。
    ふじきさん、早めにご覧なってましたね!
    ふふふ、これ面白かったな。

    確かに、あの原因は「ン…?」と考えてしまった部分もあるけど
    ゾンビ化の要因で、他に差を付けることが出来るなんて
    素晴らしいと思っちゃった!
    もっと売れてくれればいいな。

    あのオープニングの曲、良かったですね〜。
    「あっこれか!」って思いました。
    ふじきさんとその話できて嬉しかったな♪




管理人にのみ公開されます

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


スパム対策をしています。コメント出来ない方は、こちらよりお知らせください。
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...

【シリーズ秘湯】乳頭温泉郷 鶴の湯温泉に泊まってきた【混浴】

数ある名湯の中でも、特別エロい名前の温泉と言えばこれでしょう。 乳頭温...

2016年12月の評価別INDEX

年始に久しぶりに実家に帰ったんですが、やはり自分の家族は気を使わなくて...

とらねこのオレアカデミー賞 2016

10執念…ならぬ10周年を迎えて、さすがに息切れしてきました。 まあ今...

2016年11月の評価別INDEX & 【石巻ラプラスレポート】

仕事が忙しくなったためもあり、ブログを書く気力が若干減ってきたせいもあ...

→もっと見る

【あ行】【か行】【さ行】【た行】 【な行】
【は行】【ま行】【や行】 【ら行】【わ行】
【英数字】


  • ピエル(P)・パオロ(P)・パゾリーニ(P)ってどんだけPやねん

PAGE TOP ↑