rss twitter fb hatena gplus

*

『ニンフォマニアック Vol.1&[email protected]

Z322024901自分に正直な女の話だと思った。

およそ、自分の根幹に“性欲”というものが根付いていてこれに支配される人生を送る人と、人生の選択をする時に(といっても、人生は選択の連続なのだけれど)理性でこれを否定しそれに左右されることの無い人と、2種類の人間が居ると思う。

“ニンフォマニアック”、つまり色情狂と言う言葉を使ってしまうと、岡田斗司夫のようなものをイメージする人も居るかもしれないけれど、実はもっと単純な二項対立の話で、前述したような2種類の人間の前者、つまり「自分の根幹に“性欲”というものが根付いていてこれに支配される人生を送る人」であれば、この話は何処かしら共感すべきものを発見してしまうに違いない。

以前知り合いの一人の女性で、“男を落とすまでが趣味”という人が居た。彼女は、クラブやら何処かしらで出会った人や自分とデートした人と、セックスにまで持ち込むのが好き。でも付き合う人は欲しくないから、同じ人とは二度とヤらない、と言っていた。“狩りが趣味”なんだそうだ。また他の知り合いは、一人の人と全然長続きをしないという女性が居た。彼女曰く、「結婚を視野に入れ始めると、吟味するのが最も大事なことである」、という理由からであったが、彼女はいつも1週間〜2ヶ月ほどしか続かなかった。2ヶ月が一番長い方だった。でも、付き合い始める前の段階のデートや、付き合ってすぐというのが一番楽しいのだそうで、この状態が一番楽しいことを知っている自分は、このフレッシュなデートのおかげで、自分はいつまでも若さを保つことができるのだと語っていた。その通りかもしれない、と私は思った。

私は若い頃、二人の男と付き合ってどちらにするか迷ったことがあるけれど、その時に「いづれ早い内にどちらかを選ばないことには、どちらも失ってしまうだろう」という危惧から、どちらかを選ぶことに決めた。「どちらに対しても申し訳ないから」というようなまっとうな理由ではなかったし、実際のところ楽しかった。自分が選ぶという立場に居るために、優位に立っているように思った。

ええと、何がこれらの話につながるのかというと、私はもっとマトモなことを言おうとしている。つまり、この作品では、“性”については語っているが、“愛”については語っていないということ。

ジョーの人生の中で、ジェロームについては、愛情に最も近いものを感じていたに違いない。一番近しいものを感じる誰かとの結婚、それから出産。そこで満足して自分の人生を選んでいたなら、普通の母として妻として生きていくことが出来たはずだから。
でもこの物語は、そうしなかった人、自分の人生の充実より“性欲”を選んでしまった人のファンタジーとして、この物語は面白く見れる。「もしそうしなかったら」というファンタジー。

実際、この物語はあらゆる描写がコミカルで笑えるし、これまでのトリアーの中でも一番娯楽性に満ちている。人生の中で最も大事なものとして性欲を選ぶ人の話なんて、馬鹿馬鹿しくて笑ってしまうだろう。でも一瞬一瞬で見るなら、それなりに共感してしまう部分も不思議とある。『メビウス』についてキム・ギドクは「チ●コの冒険物語だよ」と語っていたけれど、こちらはまさに「マ●コ」の冒険物語だった。
とりあえず、ラムシュタインの曲から始まるオープニングが最高だし、一人でも多くヤった方が勝ちのビッチ電車杯で『Bone to be wild』がかかるのが楽しかった。
でも何より最高なのは、オヤジ・スカルスガルド!

途中、『奇跡の海』に似通っていて、トリアーの倒錯した理想像はあそこにあるのかもしれないと思えた。またところどころは『アンチクライスト』的でもあったり。
とってつけたようなラストはそれこそファンタジックで、『ドッグヴィル』のラストにも似ていたかな。

’13年、デンマーク、ドイツ、フランス、ベルギー
原題:Nymphomaniac
監督・脚本:ラース・フォン・トリアー
製作:ルイーズ・ベス
製作総指揮:ペーター・オールベック・イェンセン、マリー・ゲーゼ・デネッセン他
原案:ジェンル・ハルンドストーリー
撮影:マヌエル・アルベルト・クラロ
キャスト:シャルロット・ゲンズブール(ジョー)、ステラン・スカルスガルド(セリグマン)、ステイシー・マーティン(若いジョー)、
シャイア・ラブーフ(ジェローム)、クリスチャン・スレイター(ジョーの父親)、ジェイミー・ベル(K)、ユマ・サーマン(H夫人)、ウィレム・デフォー(L)、ウド・キア(ウェイター)他

 

関連記事

『キャロル』 女性の心理はファッションに表れる

行間こそ映像力!…と、最近思う。 物語の合間に立ち昇ってくる何か。 こ...
記事を読む

『三人の結婚』 恋愛はいつだって修羅場ゲーム

恋愛の駆け引きはゲームに見せかけて、真剣勝負。 ドワイヨンの恋愛活劇は...
記事を読む

『アタラント号』 夫婦は何かを乗り越えるべし

「映画史上の傑作」特集にて、ようやく鑑賞が叶った作品。何故見たかったか...
記事を読む

『コシュ・バ・コシュ 恋はロープウェイに乗って』 ロープウェイ映画の傑作

バフティヤル・フドイナザーロフの、『少年、機関車に乗る』に続いての長編...
記事を読む

『ラブバトル』 男と女はいつも泥沼

齢70歳にして、これですか〜… いやあ、フランス人はさすがだな!
私の...
記事を読む

1,005

コメント(2件)

  1. こんばんは☆
    ワタシはvol1しか観ていないのでもやもやしています。
    前半については、真摯に「色情狂とは」と解説しているようなタッチで面白かったというか、控えめなトリアーという印象でした(笑)
    vol2はレンタルで観ようかな。

  2. すたさんへ

    こんばんは〜♪お久しぶりでーす!コメントありがとうございました。
    楽しかったですね。1はかなり面白かったですよね!なんか他の作品に比べると、あまりにも分かりやすいんですよね。ここまで娯楽よりであるのは、彼がもう精神病から立ち直ってしまっているのではないか、と勘ぐりたくなりました。
    そうそう、“色情狂とはなんぞや”な前編。後半では、ノーマルライフな人になれたかもしれない人生設計からズレと、その孤独さが存分に味わえます。

    ラストがね、ひねくれ過ぎなんですしょうか、マトモには終わらない。余計な気がしちゃったんですが、すたさんはどう思うかしらん。




管理人にのみ公開されます

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


スパム対策をしています。コメント出来ない方は、こちらよりお知らせください。
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...

【シリーズ秘湯】乳頭温泉郷 鶴の湯温泉に泊まってきた【混浴】

数ある名湯の中でも、特別エロい名前の温泉と言えばこれでしょう。 乳頭温...

2016年12月の評価別INDEX

年始に久しぶりに実家に帰ったんですが、やはり自分の家族は気を使わなくて...

とらねこのオレアカデミー賞 2016

10執念…ならぬ10周年を迎えて、さすがに息切れしてきました。 まあ今...

2016年11月の評価別INDEX & 【石巻ラプラスレポート】

仕事が忙しくなったためもあり、ブログを書く気力が若干減ってきたせいもあ...

→もっと見る

【あ行】【か行】【さ行】【た行】 【な行】
【は行】【ま行】【や行】 【ら行】【わ行】
【英数字】


  • ピエル(P)・パオロ(P)・パゾリーニ(P)ってどんだけPやねん

PAGE TOP ↑