rss twitter fb hatena gplus

*

家族の恥をあえて 『物語る私たち』

monogataru自分に起こった出来事をドキュメンタリーにする、って相当なタマなんじゃないかな。
監督であるサラ・ポーリー自身に起こったドラマティックな出来事。かつ、普遍的とも言える“どの家族にも起こりうる”事件。

今は亡き母が“墓場まで持って行った事実”があり、
残された者達が母について語るインタビューの中で、それらが浮かび上がってくる。
ずっと噂で言われ続けた、彼女の出生の秘密が。

ショックが訪れて揺らぐ一家と、その愛情の行方。
手法はあくまでも映画文法に則っていてドラマ的。

向こうのドキュメンタリーの考え方って、“起こったことを再現してみせる”というやり方がドキュメンタリーの形式の一環と考えられているようだ。
この作品では、父親自身の手によって書き起こされた文でもって、
起こった出来事と彼のありのままの感情が読み上げられる。
この言葉たちが、父親の確かな愛情で彩どられていて、それらが作品の基底に流れる。
これがとても温かくて、心を打つものとなっている。

さすがにさほど意味のないカットを、フェイクドキュメンタリー的に繋げるというようなシーンは無く、
一方様々な家族の感情や、この出来事の同心円状に居た人々の様々な感情もあって
ともすればとっちらかって行きそうになるものを、一つの家族の愛情の物語として、一本の太い芯で繋ぎ止めている。
(お父さんを冬にプールに漬けたのは完全に要らないと思うけどw)

出生の秘密は今や公然の事実となった訳だけれど、
そこにはしっかりとした愛情があって、それらの出来事が家族の絆を壊すことはなかった。
そんな物語になっていた。

ただ正直、この事実が浮上し、人々の感情の処理を終えた後、そこに中心人物たちがこれをどう取り扱うかで、また揉める。
この交差する思いについては、もはや蛇足気味に感じられた。
言わばこの物語を“誰が語るに相応しいか”で対立している様が描かれているので。うん、要らないよねこれ。

事実が連なっていくからこそ、物語の止め時が難しい…かな?

ネタバレで語ります******************

この作品について、「フェイクドキュメンタリーじゃないか」と言っている人達が居たのだけれど、私は完全なるフェイクだったと思っていない。
つまり、墓場まで秘密を持って行った母親が、この事実を生前に隠していたのは本当であったと思う。

それにしても、ラストの一言は酷い(笑)
美しく終わるところを台無しにしている。これまた、“事実”なりし…ってか。



’12年、カナダ
原題:Stories we tell
監督・脚本:サラ・ポーリー
製作:アニタ・リー
製作総指揮:シルバ・バスマジン
撮影:イリス・ン
音楽:ジョナサン・ゴールドスミス
キャスト:マイケル・ポーリー、ハリー・ガルキン、スージー・バカン、ジョン・バカン、マーク・ポーリー、ジョアンナ・ポーリー、サラ・ポーリー

 

関連記事

『ジャクソン・ハイツ』 ワイズマン流“街と人”社会学研究

去年の東京国際映画祭でも評判の高かった、フレデリック・ワイズマンの3時...
記事を読む

『AMY エイミー』 今世紀一番ロックだったひと

エイミー・ワインハウスの名前は正直言って聞いたことがある程度で、特にフ...
記事を読む

『極私的エロス 恋歌1974』 40年前の日本女性の逞しさに惚れる

『ゆきゆきて、神軍』を撮った原一男監督作品。シネマヴェーラの「フィクシ...
記事を読む

20年来の愛を超えた告白 ツァイ・ミンリャン最新作 『あの日の午後』

何なんだろう、この愛は。最新作がこんな愛剥き出しの告白とは。驚き呆れ果...
記事を読む

ジャファール・パナヒ 『タクシー』 現実か否か?

東京フィルメックス映画祭にて鑑賞。 『チャドルと生きる』、『オフサイド...
記事を読む

878

コメント(2件)

  1. こんにちは。
    この映画観たかったんですけど、上映館がわからなくて未見です。
    サラ・ポーリーの作品は好きです。(家族間の愛憎を優しく表現?)

    先日観た「アルゲリッチ 私こそ音楽」は完全なドキュメンタリーでしたが、娘が撮った作品のせいかリアリティがありました。アルゲリッチ演奏の著名なピアノ曲も圧巻!

  2. cinema_61さんへ

    こんばんは~♪コメントありがとうございました!
    cinema_61さん、す、すみません…!なんと、こちらは残念ながら上映が終わってしまっておりました!
    こんなに遅くに書かずに、もっと早くに書けば良かったのにー!最近、たくさん映画を見すぎてなかなかUPすることができず…。今後、気をつけます。

    今後どこか二番館でやってくれませんかね…。
    下高井戸シネマなんかは結構かけてくれそうな気もします。早稲田松竹や目黒シネマ、飯田橋ギンレイ等でやってくれたらお得なんですけどね!

    ちなみに、こちらは渋谷の「ユーロスペース」でやっていました。cinema_61さんが『アルゲリッチ』をご覧になったル・シネマの入り口(デパートの中を通らずに、外に出る方)を出ると目の前に、ファミマや横浜家系ラーメンのある信号があります。そちらをラブホテル街方面に行く坂の方へ上がっていくと、程なくして右手に映画館があります。2Fが最近潰れたオーディトリウム、3Fがユーロスペースで4Fはシネマヴェーラです。地下一階は映画美学校の上映ホールです。いわゆる「キノハウス」です!
    今度よかったら行ってみてくださいね。

    『アルゲリッチ 私こそ音楽』は、まだ見ていませんでした!こちらの映画はおすすめでしたか?
    なかなか良さそうですね。ピアニスト映画だと最近、ミシェル・ペトルチアーニの『情熱のピアニズム』を見たばかりです。あちらも良かったなー。




管理人にのみ公開されます

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


スパム対策をしています。コメント出来ない方は、こちらよりお知らせください。
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...

【シリーズ秘湯】乳頭温泉郷 鶴の湯温泉に泊まってきた【混浴】

数ある名湯の中でも、特別エロい名前の温泉と言えばこれでしょう。 乳頭温...

2016年12月の評価別INDEX

年始に久しぶりに実家に帰ったんですが、やはり自分の家族は気を使わなくて...

とらねこのオレアカデミー賞 2016

10執念…ならぬ10周年を迎えて、さすがに息切れしてきました。 まあ今...

2016年11月の評価別INDEX & 【石巻ラプラスレポート】

仕事が忙しくなったためもあり、ブログを書く気力が若干減ってきたせいもあ...

→もっと見る

【あ行】【か行】【さ行】【た行】 【な行】
【は行】【ま行】【や行】 【ら行】【わ行】
【英数字】


  • ピエル(P)・パオロ(P)・パゾリーニ(P)ってどんだけPやねん

PAGE TOP ↑