rss twitter fb hatena gplus

*

『FORMA』 女同士の心の奥に潜む不穏さ

img_0初監督作品にして、ベルリン国際映画祭にて国際批評家連盟賞を受賞し、現在目下国際映画祭で引っ張りだこの坂本あゆみ監督。
固定カメラの長回しによる、ドキュメンタリーテイストなリアルさがじわじわ心に侵食する。
誰の目線であるのかに従って、現実に“揺らぎ”が出るところなど、現代の『羅生門』(もしくは太宰治の『藪の中』)的でもある。

女同士の友情における、表面状綺麗に取り繕いながら、どこか奇妙にスレ違っていく感情の渦や、
心地の悪い緊張感を、いい意味で気持ち悪く描けていて、天晴。
女性同士であれば、誰もが経験したことのある、相手を信頼しないままの友情。
悪意を押し殺したが故の“友情”、相手より優位に立ったが故の親切心…。
不気味だけれど力作。ラスト近くまで引っ張った緊張感はなかなかのもの。

女同士の視線の違いを描いたかと思えば、突如登場する「この人誰!?」的存在と、その彼の視線の巻き戻し再生。
ただ、彼が要なくても成立するような気がしないでもないのだけれど(笑)。ストーカー的彼の存在が、余計不穏さを増していて、あのラストまで一気に見れることが出来た、とも言えるか。
まあ、彼の存在は「あれを発見する」ためだけにあったかと思うのだけれど…。

しかし、あのシーンで一気に映画が“安く”なってしまった印象。
その後の予想通りな展開も、個人的にはあまり評価出来ず。
ラストの20分長回しに驚きがあれば、結構評価出来たのにナ…。


’13年、日本
監督・原案:坂本あゆみ
プロデューサー:谷中史幸
脚本:仁志原了
撮影:山田真也
キャスト:松岡恵望子(保坂由香里)、梅野渚(金城綾子)、ノゾエ征爾(長田修)、光石研(金城利隆)他


 

関連記事

『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...
記事を読む

『エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に』 アメリカ亜流派のレイドバック主義

80年代の映画を見るなら、私は断然アメリカ映画派だ。 日本の80年代の...
記事を読む

『湯を沸かすほどの熱い愛』 生の精算と最後に残るもの

一言で言えば、宮沢りえの存在感があってこそ成立する作品かもしれない。こ...
記事を読む

美容師にハマりストーカーに変身する主婦・常盤貴子 『だれかの木琴』

お気に入りの美容師を探すのって、私にとってはちょっぴり大事なことだった...
記事を読む

『日本のいちばん長い日』で終戦記念日を迎えた

今年も新文芸坐にて、反戦映画祭に行ってきた。 3年連続。 個人的に、終...
記事を読む

1,008

コメント(1件)

  1. 『FORMA』をユーロスペース2で観て、物凄く良く出来てるけど好き嫌いは別だふじき★★★

    五つ星評価で【★★★観客に対する見切り】  
    長回しとロング映像を多用。
    これが痛いくらい効いている。
    映画が分かっている。上手い。
    やはり、この長回しとロングが嫌いな …




管理人にのみ公開されます

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


スパム対策をしています。コメント出来ない方は、こちらよりお知らせください。
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...

【シリーズ秘湯】乳頭温泉郷 鶴の湯温泉に泊まってきた【混浴】

数ある名湯の中でも、特別エロい名前の温泉と言えばこれでしょう。 乳頭温...

2016年12月の評価別INDEX

年始に久しぶりに実家に帰ったんですが、やはり自分の家族は気を使わなくて...

とらねこのオレアカデミー賞 2016

10執念…ならぬ10周年を迎えて、さすがに息切れしてきました。 まあ今...

2016年11月の評価別INDEX & 【石巻ラプラスレポート】

仕事が忙しくなったためもあり、ブログを書く気力が若干減ってきたせいもあ...

→もっと見る

【あ行】【か行】【さ行】【た行】 【な行】
【は行】【ま行】【や行】 【ら行】【わ行】
【英数字】


  • ピエル(P)・パオロ(P)・パゾリーニ(P)ってどんだけPやねん

PAGE TOP ↑