rss twitter fb hatena gplus

*

『火の馬』@セルゲイ・パラジャーノフ特集

火の馬

51LP74m9jAL ソ連時代のウクライナの映画。パワフルな画と鮮やかな色彩による、叙情的な物語。一人の男の生から死まで。
小さな村で対立が起こり、イヴァンは幼なじみのマリーチュカと一緒になれず、マリーチュカは足を踏み外して川に転落死してしまう。彼はみるみる没落し、ずっと恋のむくろを引きずって過ごす。若いパラグナに出会って彼女と結婚するが、彼女は子を授かることが出来ず、いつしか魔術師と恋仲になり、彼は裏切られ決闘で死に至る。
ウクライナの素朴な民の生活が、まるで別世界へと連れて行くかのよう。民族式結婚の模様も垣間見える。木の屋根の湯屋の様子や、夜空の向こうに星空が見えたりするのも楽しい。
パラジャーノフの作品中では、案外分かりやすい作品かもしれない。コントラストが強い色彩で、遊牧民たちの生活が生き生きと脈打つ。シンプルで素朴な男だからこそ、自分を投影しやすい。

 

関連記事

『レッドタートル ある島の物語』 戻ってこないリアリティライン

心の繊細な部分にそっと触れるような、みずみずしさ。 この作品について語...
記事を読む

『ホース・マネー』 深い哀しみの中で封印された記憶

私がこの作品を見たのは、もう東京では終了間際だった。フリーパスポート期...
記事を読む

『LOVE 【3D】』 問題作にして、センチメンタルな“愛の定義“

3D技術が出来た時に、映画監督なら誰しも思いつくようなアイディア。 い...
記事を読む

『アンジェリカの微笑み』 オリヴェイラの美意識に酔う

マノエル・ド・オリヴェイラがとうとう亡くなってしまったのは去年(201...
記事を読む

ホセ・ルイス・ゲリン 『ミューズ・アカデミー』

幻惑する映像美を封じ込めての審美的議論。 能動的な誇大妄想狂の美という...
記事を読む

935

コメント




管理人にのみ公開されます

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


スパム対策をしています。コメント出来ない方は、こちらよりお知らせください。
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...

【シリーズ秘湯】乳頭温泉郷 鶴の湯温泉に泊まってきた【混浴】

数ある名湯の中でも、特別エロい名前の温泉と言えばこれでしょう。 乳頭温...

2016年12月の評価別INDEX

年始に久しぶりに実家に帰ったんですが、やはり自分の家族は気を使わなくて...

とらねこのオレアカデミー賞 2016

10執念…ならぬ10周年を迎えて、さすがに息切れしてきました。 まあ今...

2016年11月の評価別INDEX & 【石巻ラプラスレポート】

仕事が忙しくなったためもあり、ブログを書く気力が若干減ってきたせいもあ...

→もっと見る

【あ行】【か行】【さ行】【た行】 【な行】
【は行】【ま行】【や行】 【ら行】【わ行】
【英数字】


  • ピエル(P)・パオロ(P)・パゾリーニ(P)ってどんだけPやねん

PAGE TOP ↑