rss twitter fb hatena gplus

*

『美貌に罪あり』『氷壁』『黒の報告書』@増村保造特集

美貌に罪あり

d0000133_1452199これから人生に乗り出そうという若い女性3人の群像劇を、ダイナミックに紡ぐ。とある由緒正しい屋敷を舞台にしており、今しも変わろうとするその時代の境目を捉えた。自分の人生を生き生きと過ごそうとする若い女性たちの青春と、家を何としても守りたい女主人(杉村春子)の思いがすれ違い、ラストは日本舞踊の踊りと共に、どこか切なく心に鮮やかな陰影を残す。

元は小作人を多く抱えた農園の大地主であったが、次第に土地は少なくなっていき、とうとう今は屋敷があるのみ。この屋敷も、土地開発で不動産業者にしつこく売るよう求められている。長女菊江(山本富士子)は新進気鋭の舞踏家・藤川(勝新太郎)と、周りの反対を押し切って駆け落ち同然の結婚をする。次女敬子(若尾文子)は農園の娘から、夢を叶えてスチュワーデス(この時代の言い方)になり、こちらも家を出て東京へ。誰も居なくなった農園を、口の利けない娘かおる(野添ひとみ)が手伝うが、蘭の刈り入れが済む前に全て枯らせてしまう。女主人ふさは仕方なく、とうとう家を手放すことに。

夏祭りの最中、周りの喧騒から離れて、今や売らんとガランした屋敷の中で行われる、杉村春子と山本富士子の母娘踊り(日本舞踊)が素晴らしい!夢のように美しい、カラフルなライトが灯り映像は交差され、まこと見事。クルクル回る二人の踊り手。1つの時代の終わりを嘆くことなく(彼女らは屋敷を手放さなければならない)、ただ踊ってみせる“最後の舞踊”。とても美しく、切なさが押し寄せて、思わず涙してしまった。
苦労しても泣き言1つ言わない、日本舞踊の踊り手(兼旦那を盛りたてる妻)役のである山本富士子もいい。彼女が終始和服なのと対照的に、若尾文子のコスプレも楽しい。若尾さんの明るさ、お転婆な様子はこの映画にカラッとした明るい彩りを添えていて、華やかだった。コスプレも楽しく、スチュワーデス姿や豪華なパーティードレスなども見ていて楽しく、少し生意気な若尾文子がまた憎めなくて可愛い。野添ひとみは喋らない役なので、いつもより良く見えた(失礼)。いじらしくて美しい。
ちなみにこれって、川口浩のお父さんの川口松太郎が原作なのね。川口浩も野添ひとみも結婚前に出演。

’59年、大映
監督:増村保造
原作:川口松太郎
撮影:村井博
キャスト:杉村春子(吉野ふさ)、山本富士子(長女菊江)、若尾文子(次女敬子)、川口浩(清水忠夫)、野添ひとみ(妹かおる)、川崎敬三(谷村周作)、勝新太郎(藤川勘蔵)他

氷壁

__tn_hyouheki1958_script_colect_1大映時代の増村保造作品。
雪山の登山風景をリアルにしっかり撮り、一体どうやって撮ったのか、まるで木村大作のような本格的な山岳映画になっていた。やっぱり山岳映画は私は好きだなあ…。眼前に現れる画を見て惚れ惚れ。しかしストーリーの方はというと…シリアスで重厚なドラマなのだけれど、どうも増村映画らしい切れ味の良さが感じられない。
切れないはずのザイルが切れ、小坂(川崎敬三)は山登りの途中で死んでしまう。美しい人妻(山本富士子)との別れを苦にした自殺か、もしくは本当の事故であったか…。それらに巻き込まれたもう一人の青年、魚津(菅原謙二)。微妙な空気について描く作品であるから余計、掬い取るが空振りのようで何となくモヤモヤ…。間違いも犯さず恋心も隠したままで、新しい恋人との結婚&人生を選ぶか、救いようのない恋か…結局、死を迎えてしまう。本当に不運だったのかどうなのかすら、真実は分からないまま。

’58年、大映
監督:増村保造
原作:井上靖
撮影:村井博
キャスト:菅原謙次(魚津恭太)、山本富士子(八代美那子)、野添ひとみ(小坂かおる)、川崎敬三(小坂乙彦)

黒の報告書

kh正直に言うなら、ストーリーとしてはさほど面白くはない。終わってみれば「あれっ」なんて物だったし、脚本の構造としてもそうだ。分かりやすい二極化でもって書いている。むしろそのシンプルさに驚くべき作品だ。「物語の展開はどう変わるのだろう、この辺で巻き返しを図るのだろうか」などとボンヤリ構えていると、そうせずに終わってしまう。がしかし、そこに見所を与え、各キャラクターの心理を巧みに描き出し、グイグイ引っ張る力がある辺りはさすがの増村。

若い検事の宇津井健と、老獪な弁護士の小沢栄太郎の攻防戦が見事。それから、被告人の神山繁の憎々しげな表情もいい。それから、ベテラン刑事の殿山泰司がまたさほど印象に残るようなシーンは無いはずなのに、妙に心に残る。


’63年、大映
監督:増村保造
撮影:中川芳久
音楽:池野成
キャスト:宇津井健(城戸明)、叶順子(片岡綾子)、神山繁(人見十郎)、高松英郎(草間検事)、近藤美恵子(柿本みゆき)、小沢栄太郎(山室竜平)、見明凡太朗(鳴海検事)、弓恵子(中里常子)、殿山泰司(津田進作)

 

関連記事

『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...
記事を読む

『エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に』 アメリカ亜流派のレイドバック主義

80年代の映画を見るなら、私は断然アメリカ映画派だ。 日本の80年代の...
記事を読む

『湯を沸かすほどの熱い愛』 生の精算と最後に残るもの

一言で言えば、宮沢りえの存在感があってこそ成立する作品かもしれない。こ...
記事を読む

美容師にハマりストーカーに変身する主婦・常盤貴子 『だれかの木琴』

お気に入りの美容師を探すのって、私にとってはちょっぴり大事なことだった...
記事を読む

『日本のいちばん長い日』で終戦記念日を迎えた

今年も新文芸坐にて、反戦映画祭に行ってきた。 3年連続。 個人的に、終...
記事を読む

1,461

コメント




管理人にのみ公開されます

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


スパム対策をしています。コメント出来ない方は、こちらよりお知らせください。
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...

【シリーズ秘湯】乳頭温泉郷 鶴の湯温泉に泊まってきた【混浴】

数ある名湯の中でも、特別エロい名前の温泉と言えばこれでしょう。 乳頭温...

2016年12月の評価別INDEX

年始に久しぶりに実家に帰ったんですが、やはり自分の家族は気を使わなくて...

とらねこのオレアカデミー賞 2016

10執念…ならぬ10周年を迎えて、さすがに息切れしてきました。 まあ今...

2016年11月の評価別INDEX & 【石巻ラプラスレポート】

仕事が忙しくなったためもあり、ブログを書く気力が若干減ってきたせいもあ...

→もっと見る

【あ行】【か行】【さ行】【た行】 【な行】
【は行】【ま行】【や行】 【ら行】【わ行】
【英数字】


  • ピエル(P)・パオロ(P)・パゾリーニ(P)ってどんだけPやねん

PAGE TOP ↑