rss twitter fb hatena gplus

*

『WALKABOUT 美しき冒険旅行』『狩人の夜』@新橋文化センター

WALKABOUT 美しき冒険旅行

41B5OkC26aL何とおっそろしいモンタージュ。素晴らしい!忘れられない映画になりそう。何故ここにこのショットが挟まれる!?と、全く目が離せませんでした。思わず二度見してしまった。切替制でない映画館の良さ!途中から入って途中で出るところ。それから、二度見たかったら二度見ることも出来るという。しかもフィルムでこんなに綺麗なんだ!いやあ〜素晴らしかったッス。

一家自殺しようとした父親の手を逃れた姉と弟が、兄弟二人で砂漠を彷徨う。野生動物達のショットが挟まれ、オーストラリアのワイルドな自然が手付かずのまま描かれる。制服を着たままの二人が、砂漠にいかにも似つかわしくなく、心に強烈に焼き付けられる。ジリジリと刺すような灼けつく日差し。
途中の少女の全裸での水泳シーンが何ともエロチックで眩しい。野生動物達をむやみやたらに殺す白人達の姿、重ねられた白骨の中に佇む、アボリジニの少年。そこからの彼女への求婚ダンス。エロスとタナトスがダイナミックに交差する。燃えさかる父親の死、果てしない砂漠、アボリジニの青年の死。文明と未開、強者と弱者。こういうのを処女作で撮ることが出来てしまう監督も居るんだ…。

’71年、イギリス
原題:Walkabout
監督・撮影:ニコラス・ローグ
原作:ジェームズ・バンス・マーシャル
製作:サイ・リトビノフ
音楽:ジョン・バリー
キャスト:ジェニー・アガター(Girl)、リュシアン・ジョン(Brother)、デビッド・ガルピリル(Aborigine)、ジョン・メイロン(Father)

 狩人の夜

night-hunter_fox_jpdvdこちらもまた一風変わったサスペンス作品。シネフィルの友人が、「これが一番好き」などと教えてくれたので、それは行かなければ!と行ってきた。
 まず展開が読めない。ありふれた修辞技法を裏切る展開の連続。ハラハラドキドキ、最後まで見ることが出来た。期待を裏切らない面白さではある。ただ、ストーリー自体はそれほど珍しいものでもなく、むしろよくあるサスペンス、と言ってしまえば確かにその通りではある。
 殺人犯が自分の親を殺すまでの展開、そこから兄弟二人で逃げる展開。そう考えると、いやいやこんなのなかなか無いよなと。
 で、こちらもまた少年と少女の兄弟のサバイバル冒険とも言える。何という二本立てなんだ!新橋文化センターさんてば!
 こちらでも、野生動物のモンタージュが差し挟まれていた。「強者と弱者」を思わせるモンタージュとも言える。
そして、ロバート・ミッチャムの怪演怖い!

’55年、アメリカ
原題:the Night of the Hunter
監督:チャールズ・ロートン
脚本:ジェームズ・アギー
原作:デイビス・グラブ
製作:ポール・グレゴリー
撮影:スタンリー・コルテス
音楽:ウォルター・シューマン
キャスト:ロバート・ミッチャム(Preacher_Harry_Powell)、シェリー・ウィンタース(Willa_Harper)、リリアン・ギッシュ(Rachel_Cooper)、イブリン・バーデン(Icey_Spoon)、ピーター・グレイブス(Ben_Harper)、ビリー・チャピン(John)、サリー・ジェーン・ブルース他


 

関連記事

『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...
記事を読む

『エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に』 アメリカ亜流派のレイドバック主義

80年代の映画を見るなら、私は断然アメリカ映画派だ。 日本の80年代の...
記事を読む

『湯を沸かすほどの熱い愛』 生の精算と最後に残るもの

一言で言えば、宮沢りえの存在感があってこそ成立する作品かもしれない。こ...
記事を読む

美容師にハマりストーカーに変身する主婦・常盤貴子 『だれかの木琴』

お気に入りの美容師を探すのって、私にとってはちょっぴり大事なことだった...
記事を読む

『日本のいちばん長い日』で終戦記念日を迎えた

今年も新文芸坐にて、反戦映画祭に行ってきた。 3年連続。 個人的に、終...
記事を読む

1,269

コメント(2件)

  1. 文化の2本、いいですね。とらねこさんに鑑賞いただけて嬉しいです。
    私は6年前シネマヴェーラで観ましたが「美しき冒険旅行」はまさに忘れられない映画になってます。もう一度観たくなってきました。制服がだんだん汚れて行くサバイバル。
    ボウイの「地球に落ちてきた男」の監督さんですよね。

    2本ともゲイブルホーク配給。

    ところで新橋文化も閉館だそうで・・・
    普段、ロマンの方ばっかで未踏なので一度行っておかなければ・・・
    良質な配給会社、フィルム上映館がどんどん減って行く。時代の流れとは言え寂しいもんです。

  2. imaponさんへ

    こんばんは〜♪コメントありがとうございました。
    この2本立て、素晴らしく芳醇でした!
    しかもフィルムで見れて良かった…。
    ニコラス・ローグ、初めて見たんです。デビッド・ボウイの『地球に落ちてきた男』も面白そうですね。機会があればこちらも見たいなあ。
    ロマンの方も、3本立てだと逆に時間が作れなくて、ついつい腰が重くなりがちでした。2本立てだったらもっと行っただろうなあ…なんて思ってしまったりします。

    本当、ここの映画館が無くなるだなんて、ショックが物凄く大きかったです。あまりしょっちゅう行く映画館ではなかったのに、無くなることを惜しむのもなんだかなあ…とも思うのですが、いつもチョイスが素晴らしく、twitterでいつも楽しみにしていただけに、悲しくて…。
    丸の内ルーブルも無くなっちゃいましたねえ。




管理人にのみ公開されます

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


スパム対策をしています。コメント出来ない方は、こちらよりお知らせください。
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...

【シリーズ秘湯】乳頭温泉郷 鶴の湯温泉に泊まってきた【混浴】

数ある名湯の中でも、特別エロい名前の温泉と言えばこれでしょう。 乳頭温...

2016年12月の評価別INDEX

年始に久しぶりに実家に帰ったんですが、やはり自分の家族は気を使わなくて...

とらねこのオレアカデミー賞 2016

10執念…ならぬ10周年を迎えて、さすがに息切れしてきました。 まあ今...

2016年11月の評価別INDEX & 【石巻ラプラスレポート】

仕事が忙しくなったためもあり、ブログを書く気力が若干減ってきたせいもあ...

→もっと見る

【あ行】【か行】【さ行】【た行】 【な行】
【は行】【ま行】【や行】 【ら行】【わ行】
【英数字】


  • ピエル(P)・パオロ(P)・パゾリーニ(P)ってどんだけPやねん

PAGE TOP ↑