rss twitter fb hatena gplus

*

[email protected]ちのフランス映画史特集

1364223880-459299553驚いた。DVD/VHS化がされていない、しかも未公開のこの作品が、こんなに傑作だなんて!

シネフィルの噂話で「この作品がアサイヤスの最高傑作」と耳に挟み、来てみた。確かに素晴らしい出来。これを見ているのと見ていないのとでは、アサイヤスに対する印象自体が違うものになるかもしれない。ハスミンが「ある監督について語るなら、その監督の作品全部を見ろ」と言ったけれど、あながち間違っていないのかも…などと思ってしまいそうになる。

内容はとてもシンプルなもの。とある一組の夫婦の人生を描いた作品。重厚な物語だ。長い時間軸をひたすらに追う。それだけである。しかし、映画好きには分かってもらえると思うのだが、その時間軸が長いものであればあるほど、ポイントを絞るのが難しくなる。彼らの人生のうちで何が大事なものであったか。そうでない繰り返しの日常感を漂わせながら、それと相反する、彼らの人生で何が残滓としてたゆたうか。これを描かねばならないのだ。うーん、どうも分かりづらい文ですみません。

長い人生、どこが浮き沈みで、幸せな時間は彼らのそれぞれにとってどこであったか。そして、どこから夫婦の気持ちがスレ違っていったのか…。その哀しさも喜びも、人生最後の思いも。

たとえば優れた文学を読むと、「人生にはこれしか要らない。」と思うことがある。この作品はまさにそうした、かけがえの無い映画だった。でも、年を取ってから見ることをお勧めします。若い内には分からない類の感情かもしれないので…。

P.S…イザベル・ユペールの演技が素晴らしい!


’00年、フランス
原題:Les Destinées sentimentales
監督:オリヴィエ・アサイヤス
脚本:オリヴィエ・アサイヤス、ジャック・フィエスキ
撮影:エリック・ゴーティエ
出演:シャルル・ベルリング、イザベル・ユペール、エマニュエル・ベアール、オリヴィエ・ペリエ、ドミニク・レイモン、ジュリー・ドパルデュー他

 

関連記事

『殿、利息でござる』の志高い傑作ぶりを見よ!ただのイイ話と思いきやとんでもない!

選挙が終わった。今回の選挙はもしかしたら戦後最大の争点になるかもしれな...
記事を読む

『我が至上の愛 アストレとセラドン』泥沼悲劇は途中から転調して…

“愛”について語る時に必ず付いて回る、R...
記事を読む

『フルスタリョフ、車を!』 ロシア的なるものの恐ろしさを堪能せよ

ロシア映画で1番ロシアらしさを感じるのは、私にとってはこの作品かもしれ...
記事を読む

『神々のたそがれ』 泥土と汚物と臓物と

ぐおお!!
グチャグチャの泥土&飛び出る臓物&臭そうな臭気にまみれた映...
記事を読む

新たな古典 『悪童日記』

なんて素敵な怪作なんだろう。 狂った時代の、狂った兄弟とその家族の物語...
記事を読む

2,157

コメント




管理人にのみ公開されます

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


スパム対策をしています。コメント出来ない方は、こちらよりお知らせください。
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...

【シリーズ秘湯】乳頭温泉郷 鶴の湯温泉に泊まってきた【混浴】

数ある名湯の中でも、特別エロい名前の温泉と言えばこれでしょう。 乳頭温...

2016年12月の評価別INDEX

年始に久しぶりに実家に帰ったんですが、やはり自分の家族は気を使わなくて...

とらねこのオレアカデミー賞 2016

10執念…ならぬ10周年を迎えて、さすがに息切れしてきました。 まあ今...

2016年11月の評価別INDEX & 【石巻ラプラスレポート】

仕事が忙しくなったためもあり、ブログを書く気力が若干減ってきたせいもあ...

→もっと見る

【あ行】【か行】【さ行】【た行】 【な行】
【は行】【ま行】【や行】 【ら行】【わ行】
【英数字】


  • ピエル(P)・パオロ(P)・パゾリーニ(P)ってどんだけPやねん

PAGE TOP ↑