rss twitter fb hatena gplus

*

カーン家最後の総裁!サルマーン・カーンの男臭さ 『ダバング 大胆不敵』

poster2

去年から、またまたインド映画を盛り上げよう!的気運を感じちゃう。この作品の他に、『あなたがいてこそ』も7/26公開、『バードシャー テルグの皇帝』も8/9公開。3作品も公開され、さらに『ムトゥ 踊るマハラジャ』『恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム』の2作品のマサラ上映もあるという…!オームの方は去年マサラ上映で見たし、『スチューデント・オブ・ザ・イヤー』も先日マサラ上映で見たばかり。先日は思わず伝説の『ムトゥ 踊るマハラジャ』を、見返してました。

今回の作品は、インド映画界のスーパースター、3カーンのうちの一人、サルマーン・カーン。アーミル・カーンは何と言っても去年のインド映画を大いに盛り上げた立役者、『きっと、うまくいく』が大大大ヒットしていたし、シャー・ルク・カーンは『恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム』『命ある限り』などで日本でもその名前が知られたスーパースター。今回は最後の一人、サルマーン・カーン!彼は、何と言っても『タイガー 伝説のスパイ』がメチャメチャ面白かった!

サルマーン・カーンはイケメンというよりオジサンぽいというか、男臭いタイプ。それに合わせてかラブストーリーもあっさりめ、ラジニカーントのようなギャグ満載という訳でもなく、渋め。西部劇のようなストーリーで、小さな街の中で敵と対峙したり、血縁とも復讐に燃えたり、懐かしい感じのするクラシックな物だった。アクションの見せ方なんかも凝ってて面白い。ダンスも、サルマーン・カーンさんのものは男臭さをイメージしたものなんですかね。冒頭のダバングのテーマソングみたいな歌がとっても良かったッス。このストーリーは、女子よりも男ウケしそうな物語だったな…。



’10年、インド
原題:Dabangg
監督:アビナウ・シン・カシュヤップ
脚本:ディリープ・シュクラー
音楽:サージド=ワージド、ラリト・パンディト
キャスト:サルマーン・カーン、アルバーズ・カーン、ソーナークシー・シンハー他

 

関連記事

1,108

コメント




管理人にのみ公開されます

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


スパム対策をしています。コメント出来ない方は、こちらよりお知らせください。
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...

【シリーズ秘湯】乳頭温泉郷 鶴の湯温泉に泊まってきた【混浴】

数ある名湯の中でも、特別エロい名前の温泉と言えばこれでしょう。 乳頭温...

2016年12月の評価別INDEX

年始に久しぶりに実家に帰ったんですが、やはり自分の家族は気を使わなくて...

とらねこのオレアカデミー賞 2016

10執念…ならぬ10周年を迎えて、さすがに息切れしてきました。 まあ今...

2016年11月の評価別INDEX & 【石巻ラプラスレポート】

仕事が忙しくなったためもあり、ブログを書く気力が若干減ってきたせいもあ...

→もっと見る

【あ行】【か行】【さ行】【た行】 【な行】
【は行】【ま行】【や行】 【ら行】【わ行】
【英数字】


  • ピエル(P)・パオロ(P)・パゾリーニ(P)ってどんだけPやねん

PAGE TOP ↑