rss twitter fb hatena gplus

*

『マザー、サン』 @惜別の35mmフィルム特集

2014-05-31_0148一枚の絵画のような一作。

グニャリと歪んだ独特の映像に、感激したのは個人的な体験で言わせてもらえば、『ストーン クリミアの亡霊』が初めて。どうしてこの歪んだ映像にあそこまで心を奪われるのかは、自分でも良く分からない。ただただ、とても美しい。そこに集合的無意識を見るかのよう。

病的な一瞬という感じは無くて、ほんのりと霊的なものが舞い降りて来たという感じ。「絵のように止まっている」カメラ、と言うならそれは違う。時が止まったかのように自分の呼吸すら止めて見るといい。固定した画面で撮りながら、そよそよと風が動くその姿、微かに動く花のそよぎに、そして草や雲のたゆたう姿に、優しげな風を感じるはず。

そして、ほんの少しづつカメラを動かすその微細な動作に、静かに画の中に入り込んでいくような、吸い取られるような力を感じる。そして、異常に気持ちがいい…。来た来た、ソクーロフ・タイム!

もし母の死に様を見とる映画があるなら、これほど美しいものはない。ベッドの上に横たわる母を介護するでなく、恋人のように抱えて彼女を抱き、日の当たるベンチへ連れて行く。風がそよぎ草花の香る草原へと運び、自分の思い出を語る息子。

難しいものは何一つ無く、難解さよりも優しさに溢れている映画だった。母への愛と喪失の悲しみを描くなら、ここまでシンプルで力強いものになるのだと、改めてソクーロフに惚れ直した。必見!

o0640032712503306576o0640033112503306577


’97年、ドイツ、ロシア
原題:Mutter und Sohn
監督:アレクサンドル・ソクーロフ
脚本:ユーリイ・アラボフ
エグゼクティブプロデューサー:カトラン・スクルーサー、マーティン・ヘイグマン他
製作:トマス・クフス
撮影:アレクセイ・ヒョードロフ
音楽:ミシェル・グリンカ他
キャスト:ガドラン・ゲイヤー(Mother)、アレクセイ・アナニシノフ(Son)

 

関連記事

『レッドタートル ある島の物語』 戻ってこないリアリティライン

心の繊細な部分にそっと触れるような、みずみずしさ。 この作品について語...
記事を読む

『ホース・マネー』 深い哀しみの中で封印された記憶

私がこの作品を見たのは、もう東京では終了間際だった。フリーパスポート期...
記事を読む

『LOVE 【3D】』 問題作にして、センチメンタルな“愛の定義“

3D技術が出来た時に、映画監督なら誰しも思いつくようなアイディア。 い...
記事を読む

『アンジェリカの微笑み』 オリヴェイラの美意識に酔う

マノエル・ド・オリヴェイラがとうとう亡くなってしまったのは去年(201...
記事を読む

ホセ・ルイス・ゲリン 『ミューズ・アカデミー』

幻惑する映像美を封じ込めての審美的議論。 能動的な誇大妄想狂の美という...
記事を読む

1,145

コメント




管理人にのみ公開されます

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


スパム対策をしています。コメント出来ない方は、こちらよりお知らせください。
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...

【シリーズ秘湯】乳頭温泉郷 鶴の湯温泉に泊まってきた【混浴】

数ある名湯の中でも、特別エロい名前の温泉と言えばこれでしょう。 乳頭温...

2016年12月の評価別INDEX

年始に久しぶりに実家に帰ったんですが、やはり自分の家族は気を使わなくて...

とらねこのオレアカデミー賞 2016

10執念…ならぬ10周年を迎えて、さすがに息切れしてきました。 まあ今...

2016年11月の評価別INDEX & 【石巻ラプラスレポート】

仕事が忙しくなったためもあり、ブログを書く気力が若干減ってきたせいもあ...

→もっと見る

【あ行】【か行】【さ行】【た行】 【な行】
【は行】【ま行】【や行】 【ら行】【わ行】
【英数字】


  • ピエル(P)・パオロ(P)・パゾリーニ(P)ってどんだけPやねん

PAGE TOP ↑