rss twitter fb hatena gplus

*

『BLUE ブルー』をとうとう劇場で見れた!@爆音映画祭

2014-05-15_0309_1「この映画だけは劇場で出会わなくちゃ!」と思ってて、DVDでは見ずに来た。そういうのありませんか?いつか見れると信じて、DVDで下手に見ないからこそ、ようやく出会えた感がある、ってやつ。6年ほど前だったかな、「全部青の画面だけで出来た映画がある」と名前だけ聞いていたのだけれど、とうとう見れた!『アデル、ブルーは熱い色』の年にこの映画に出会えて良かった!

デレク・ジャ-マンがエイズであることすら知らず、彼が盲目であったことも、HIVの最終段階であったことも知らずに挑んだ。エンドロールで製作に「浅井隆」と出てきた時はビックリしてしまった。
何故画面がブル-なんだろう、彼に一体何が起きているのだろう、と手探りで、夢中で青の中を進んでいった。言葉を映像化するのに忙しくて、集中力が研ぎ澄まされる感覚がした。普段は眠っているような生を過ごしている癖に、こういう時だけ「覚醒している」と感じることが出来る瞬間が訪れた。

まさにこの青の画面、ブルースクリーンは、自分がそこに描くべきキャンバスであるかのように思えた。映像編集では、ブル-スクリ-ン(グリ-ンスクリ-ン)はカットアウェイでビデオを重ねることが出来る手法だよな。デレク・ジャ-マンがおそらく見た映像を、イメ-ジそのものを、もしここに描くなら、何を描くだろう?

爆音上映で見れたこともとてもラッキーだったと思う。映像がこうしたミニマムなものであると、より音楽の力が増したように感じられて、自分にビンビンと響いてくる。音楽ってこんなに乱暴なものだったっけ。言葉の力と音楽の力それだけで、自分の想像力に直に訴えかけてくる。溢れるイメ-ジで心がいっぱいになって、こぼれそうになってくる。青って、こんなにも豊富なものだったんだ!

何故青であるかを、デレク・ジャ-マンが青に何を込めたかを、ビシビシと感じる。想像力の限界にまで近づく。永遠に手を伸ばす色。それが青。

生の終わりにそこに何があるかを精一杯想像する時、私の世界は青に彩られていると思う。そしてまたこの映画に出会いたくなるだろう。私の生が終わりに近づいて来た時、きっとまた出会いたくなるものに、出会えておいて良かった。

’98年、イギリス
原題:Blue
監督・脚本:デレク・ジャ−マン
製作:浅井隆
音楽:サイモン・フィッシャー・タ−ナ−、モ−マス
出演:ジョン・クエンティン、ナイジェル・テリ−、デレク・ジャ−マン、ティルダ・スウィントン

 

関連記事

『幻の湖』 迷作であるが超大作

以前、新橋の立ち飲み屋で本を読んでたら、「何読んでるんですか?」と隣の...
記事を読む

『サラゴサの写本』 キング・オブ・カルト ポーランド発千夜一夜物語

ポーランド映画祭で見た。 中学時代の友人の話だけれど、彼女はそのディテ...
記事を読む

怒りをむき出しにするカルト映画 『追悼のざわめき』

「この映画にようやく世間が追いついた」って、すごく的を射た表現。まさに...
記事を読む

小津をアメリカに紹介した映画評論家の前衛映像集 『ドナルド・リチー作品集』

アメリカに小津や黒澤を紹介した評論家(『小津安二郎の美学――映画の中の...
記事を読む

無敵少女の王国 『ひなぎく』

“幸せになれるカルト映画”をもし選ぶとしたら、この作品がまさにそれ。可...
記事を読む

1,492

コメント




管理人にのみ公開されます

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


スパム対策をしています。コメント出来ない方は、こちらよりお知らせください。
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...

【シリーズ秘湯】乳頭温泉郷 鶴の湯温泉に泊まってきた【混浴】

数ある名湯の中でも、特別エロい名前の温泉と言えばこれでしょう。 乳頭温...

2016年12月の評価別INDEX

年始に久しぶりに実家に帰ったんですが、やはり自分の家族は気を使わなくて...

とらねこのオレアカデミー賞 2016

10執念…ならぬ10周年を迎えて、さすがに息切れしてきました。 まあ今...

2016年11月の評価別INDEX & 【石巻ラプラスレポート】

仕事が忙しくなったためもあり、ブログを書く気力が若干減ってきたせいもあ...

→もっと見る

【あ行】【か行】【さ行】【た行】 【な行】
【は行】【ま行】【や行】 【ら行】【わ行】
【英数字】


  • ピエル(P)・パオロ(P)・パゾリーニ(P)ってどんだけPやねん

PAGE TOP ↑