rss twitter fb hatena gplus

*

不安な時代をしっかり見つめた 『ぼくたちの家族』

poster2『舟を編む』が数々の賞を獲り、ますます名声高まる石井裕也監督。今回の最新作は、賛否両論ありそう。やり方によっては失敗してしまうような難しい作品にさらりと挑戦してきた。

今の時代にまさにピッタリの不安が描かれていて、思わず身震いしてしまう人は多いと思う。誰しもに起こり得る恐怖で、そうしたことを考え出すと不安に駆られるだけだから、まずそんな不安を抱きたくない。そんなことが次々描かれていく。是枝監督が『そして、父になる』で描いたように、日本の現在の家族像にメスを入れるかのような。今回のこの作品も、『そして父になる』のような描写の鋭さに満ちていながら、等身大のドラマが描けているような作品だった。

この先、ネタバレで語ります***************

 

母親が認知症があるのではないか、という疑問が起こる。病院に行くと、これまで元気だったのに突如、脳腫瘍だと診断が下される。予想もしていない母親の病を機に、いろいろな事が判明してくる。息子という立場の男二人兄弟にとって、衝撃的事実ばかり。父親が借金まみれであったこと。本当はバラバラだった家族像。それを何とか歯止めをかけようと一番努力していたのが母親だったこと。ボロボロと出てくる空恐ろしい真実。

ここまでが冒頭1時間、約半分の地点。経済的に不安を抱えた今のような時代にしてみれば、この作品で描かれたことはまさに思わず心が冷えきってしまうかのよう。居心地の悪い恐怖感があって、なんだか急に将来に対する不安に駆られてしまった。しかし、一旦崩れてしまった価値観を立て直し、家族を再発見するラスト。見ていて苦しいけれど、これはまさに必見の素晴らしい作品。

’14年、ファントム・フィルム
監督・脚本:石井裕也
原作:早見和真
製作:竹内力、小西啓介他
プロデューサー:永井拓郎
撮影:藤澤順一
キャスト:妻夫木聡、原田美枝子、池松壮亮、長塚京三、黒川芽以、ユースケ・サンタマリア、鶴見辰吾他

 

関連記事

『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...
記事を読む

『エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に』 アメリカ亜流派のレイドバック主義

80年代の映画を見るなら、私は断然アメリカ映画派だ。 日本の80年代の...
記事を読む

『湯を沸かすほどの熱い愛』 生の精算と最後に残るもの

一言で言えば、宮沢りえの存在感があってこそ成立する作品かもしれない。こ...
記事を読む

美容師にハマりストーカーに変身する主婦・常盤貴子 『だれかの木琴』

お気に入りの美容師を探すのって、私にとってはちょっぴり大事なことだった...
記事を読む

『日本のいちばん長い日』で終戦記念日を迎えた

今年も新文芸坐にて、反戦映画祭に行ってきた。 3年連続。 個人的に、終...
記事を読む

993

コメント




管理人にのみ公開されます

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


スパム対策をしています。コメント出来ない方は、こちらよりお知らせください。
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...

【シリーズ秘湯】乳頭温泉郷 鶴の湯温泉に泊まってきた【混浴】

数ある名湯の中でも、特別エロい名前の温泉と言えばこれでしょう。 乳頭温...

2016年12月の評価別INDEX

年始に久しぶりに実家に帰ったんですが、やはり自分の家族は気を使わなくて...

とらねこのオレアカデミー賞 2016

10執念…ならぬ10周年を迎えて、さすがに息切れしてきました。 まあ今...

2016年11月の評価別INDEX & 【石巻ラプラスレポート】

仕事が忙しくなったためもあり、ブログを書く気力が若干減ってきたせいもあ...

→もっと見る

【あ行】【か行】【さ行】【た行】 【な行】
【は行】【ま行】【や行】 【ら行】【わ行】
【英数字】


  • ピエル(P)・パオロ(P)・パゾリーニ(P)ってどんだけPやねん

PAGE TOP ↑