rss twitter fb hatena gplus

*

カニバルホラーのシズル感! 『肉』

01245b4c471499d08e58c7992cfbd6ac-500x707皆さん、肉食ですかぁ~!?

いやあ、なかなか満足のカニバルホラーでありました!シズル感がたまらないね。丁寧に見せる物語の筆致も良くて本当に上手い。楽しいね!現代人の空虚な都会を背景にしているのではなく、緑が鬱蒼と茂り誰も人が来ないような田舎の小屋。人知れず行われる身の毛もよだつ禁断の行為…どこか昔話風でもあり、本当にありそうでゾクゾク~!

「何か途方もない行為がこの家の中で行われているらしい」と観客にまず想像させる。家の中の年若い娘たちの、どこか狂気に慣らされた会話が、密やかな怖さをフツフツと膨らませられる。ヒソヒソ話をする彼女たちが何について語っているのか。“普通の家だったら良かったのに”というような冒頭の台詞。少しづつ明らかになる一家の隠された事実。母親の突然死、近所の娘の失踪事件など、それぞれのエピソ-ドを少しづつ繋げていく。正装をして夕食の祈りを捧げる厳格な一家、静かなシ-ンであるのに明らかな狂気を感じさせる画作り。

人間が日常的に行っている“食べ物を食らう”という行為は本来、本能に根付いた恐ろしい行為だったのだ。そう感じさせるところが、この作品の成功の秘密であったと思う。ドン貧で皆で分け合う鍋の中身は、何日間かは同じものなのだろう。足りるべきものが全く足りていない一家の飢餓感。もちろん、残虐行為はこだわりたっぷりで、ホラー好きには必ずや満足感を与えてもらえるものであったし。いいねいいね。

タイトルの「We are what we are」というタイトルは、なんだか格式ばった古語調だけれど、実はこの家の人間達の狂った宗教観を表したもの。途中で長女が父親に向かって「What if, we are not what we think we are?」という疑問を投げかける台詞がある。タイトルはこれに呼応したものになっているのだ。字幕では確か、「もし私達が選ばれた者ではなかったら?」という台詞になっていたシーン。明らかに彼らは選ばれし者達であると信じこみ、あのような行為を神の名の下に行っていたのですね~。怖いですね~。(ちょっぴり淀長さん風)

また彼らは、村に洪水が起こったことと時を同じくして、母親を失っている。このため、明らかに一家は自分たちに疑念を抱いているんですね。またラスト間際では洪水時の水の氾濫のせいで、大量の人骨が流れ出すシ-ンもある。こうした、あくまで神の目を意識している描写などは、観客から見て納得しやすくとても上手。だからこそラストの20分が好対照を成していて、ゾゾゾと怖いクライマックスなんですね~。素晴らしい。
4cc56174dbdea1f807294a4711db7271-500x499

’13年、アメリカ
原題:We are what we are
監督:ジム・マイクル
原作:ホルヘ・ミッチェル・グラウ
脚本:ニック・ダミチ、ジム・マイクル
撮影:ライアン・サマル
音楽:フィリップ・モスマン、ダーレン・モリス他
キャスト:ビル・セイジ(フランク・パーカー)、アンビル・チルダーズ(アイリス・パーカー)、ジュリア・ガーナー(ローズ・パーカー)、ジャック・ゴア(ロリー・パーカー)、ケリー・マクギリス(ミセス・マージ)他

 

関連記事

『ヒメアノ~ル』 塚本遺伝子の本気汁

今年の邦画ベスト1はこれでしょう。 テンポの上手さに心を掴まれてしまう...
記事を読む

『アイアムアヒーロー』 邦画ゾンビのイキのイイ傑作!

「邦画にしては、珍しく出来の良いゾンビ映画」との呼び声の高かった今作。...
記事を読む

『ノック・ノック』 浮気男はとりあえず、ぷっころす♪

時々やり過ぎがちなボクちゃん、イーライ・ロス 前回の『グリーン・インフ...
記事を読む

『グッドナイト・マミー』 未公開映画特集の中に優れたホラー発見!

こんなに面白い作品が未公開だなんて、勿体無い! マンション内で繰り広げ...
記事を読む

リア充がセ●クスババ抜き&鬼ごっこ 『イット・フォローズ』

タランティーノ絶賛の声が聞こえてきたが、どんなもんかと。 開けてみたら...
記事を読む

1,198

コメント(2件)

  1. とらねこさん☆
    うはー
    これ気になってるのだけど、すごく早い段階で夜の回しかないのですよね?
    昼間だったら観に行ったかも・・・

    それにしても何故いまカニバルなのかな?
    ブームきてるの??

  2. ノルウェーまだ〜むさんへ

    おはようございます〜♪コメントありがとうございました。
    そうなのそうなの。レイトしか無いとなると、行きづらい人も出来てますよねえ。
    これ変な映画で結構面白かったんですが、レイトしか無いのと武蔵野館でしかやってないせいか、見ている人ほとんど見ません…。なかなか良作のホラーなんですが…。あれ?ノルさんはホラーお好きでしたっけ??

    そうそう、『カニバル』なんていうのも今あるんですよね。何故カニバルブームなんだろう。




管理人にのみ公開されます

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


スパム対策をしています。コメント出来ない方は、こちらよりお知らせください。
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...

【シリーズ秘湯】乳頭温泉郷 鶴の湯温泉に泊まってきた【混浴】

数ある名湯の中でも、特別エロい名前の温泉と言えばこれでしょう。 乳頭温...

2016年12月の評価別INDEX

年始に久しぶりに実家に帰ったんですが、やはり自分の家族は気を使わなくて...

とらねこのオレアカデミー賞 2016

10執念…ならぬ10周年を迎えて、さすがに息切れしてきました。 まあ今...

2016年11月の評価別INDEX & 【石巻ラプラスレポート】

仕事が忙しくなったためもあり、ブログを書く気力が若干減ってきたせいもあ...

→もっと見る

【あ行】【か行】【さ行】【た行】 【な行】
【は行】【ま行】【や行】 【ら行】【わ行】
【英数字】


  • ピエル(P)・パオロ(P)・パゾリーニ(P)ってどんだけPやねん

PAGE TOP ↑