rss twitter fb hatena gplus

*

悲劇のあっけなさこそ悲しい 『フルートベール駅で』

20140110-00000017-eiga-000-1-view一般のアフリカ系青年が、警官に銃殺されてしまった実在の事件。彼の一日をドキュメンタリータッチで追った物語。青年の思いが間近に感じられるような、みずみずしい作りだ。青年が今そこに生きて、どんな苦悩を抱えているか、何を喜びに感じていたかが、生き生きとした描写が色づいている。いかにもインディペンデント映画といった風情。サンダンス映画祭で作品賞&観客賞をダブル受賞。さもありなん。ただ、これワインスタイン兄弟やフォレスト・ウィテカーが製作にも携わっていたのね。

冒頭に実際の映像が流れ、初めに結末を見せてしまう。この実録映像は実は、事件に居合わせた者が撮った動画だ。作品のタイトルとの合わせ技は、言わばネタバレ。観客は、そこに向かうまでの物語を、あらかじめ分かった状態で進んでいく。だから見る者に特に驚きは無い。そこにプラスαの何かを期待する人には、少し肩透かしのように感じるかもしれない。だが、急転直下の運命の変わり様は、あまりにあっけない。その落差はただ、悲しい。大きな悲劇ではないかもしれない。居合わせた場所が悪かっただけ。だからこそやるせない。

オスカー・グラント青年(マイケル・B・ジョーダン)はひっきりなしに電話をする。「誰々に電話」「誰々にSMSメールを作成:お誕生日おめでとう…」といった調子で画面に直接出てくる。魚屋ではお祖母ちゃんに電話をかけ、分からないことを聞いたりする。いかにもアフリカ系青年の等身大の姿。彼の抱えてる悩みもまた、おそらく誰もが持っているような悩み。

携帯電話がこんなに普及される前であったら、こうした事件の決定的証拠はそう簡単には残らなかっただろう。ことによると、闇から闇へ片付けられようとさえするかも。でも今は、その場に居た誰しもが動画撮影が出来る、国民総SNS時代。ラストの電車の中では、その場で映像を押さえようとする乗客がたくさん居た。これが冒頭の実録動画へと続くというわけ。携帯電話は実際この作品では、活躍しまくっている。電話、メール、動画、さらに電車の中ではスピーカーを繋いで音楽再生、その場の観客全員パーティーモードになったりも。そんな時代でも、相も変わらずこうした諍いは起こる。未だアフリカ系の人に対する偏見がどこかにあって、こうした事件が起こるのかもしれない。だからこそ、こうした事件を忘れずに居よう、そんな心理がアメリカ人の意識に上るのかも。
そうした偏見に抗うかのような、青年のありふれた一日。誰しもが抱えるような悩みを抱えた、ありふれた青年の。

’13年、アメリカ
原題:Fruitvale Station
監督・脚本:ライアン・クーグラー
製作:フォレスト・ウィテカー
製作総指揮:マイケル・Y・チョウ、ワインスタイン兄弟
撮影:レイチェル・モリソン
キャスト:マイケル・B・ジョーダン、オクタヴィア・スペンサー、メロニー・ディアス、ケヴィン・デュラント、チャド・マイケル・マーレイ、アナ・オライリー

 

関連記事

『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...
記事を読む

『エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に』 アメリカ亜流派のレイドバック主義

80年代の映画を見るなら、私は断然アメリカ映画派だ。 日本の80年代の...
記事を読む

『湯を沸かすほどの熱い愛』 生の精算と最後に残るもの

一言で言えば、宮沢りえの存在感があってこそ成立する作品かもしれない。こ...
記事を読む

美容師にハマりストーカーに変身する主婦・常盤貴子 『だれかの木琴』

お気に入りの美容師を探すのって、私にとってはちょっぴり大事なことだった...
記事を読む

『日本のいちばん長い日』で終戦記念日を迎えた

今年も新文芸坐にて、反戦映画祭に行ってきた。 3年連続。 個人的に、終...
記事を読む

965

コメント




管理人にのみ公開されます

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


スパム対策をしています。コメント出来ない方は、こちらよりお知らせください。
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...

【シリーズ秘湯】乳頭温泉郷 鶴の湯温泉に泊まってきた【混浴】

数ある名湯の中でも、特別エロい名前の温泉と言えばこれでしょう。 乳頭温...

2016年12月の評価別INDEX

年始に久しぶりに実家に帰ったんですが、やはり自分の家族は気を使わなくて...

とらねこのオレアカデミー賞 2016

10執念…ならぬ10周年を迎えて、さすがに息切れしてきました。 まあ今...

2016年11月の評価別INDEX & 【石巻ラプラスレポート】

仕事が忙しくなったためもあり、ブログを書く気力が若干減ってきたせいもあ...

→もっと見る

【あ行】【か行】【さ行】【た行】 【な行】
【は行】【ま行】【や行】 【ら行】【わ行】
【英数字】


  • ピエル(P)・パオロ(P)・パゾリーニ(P)ってどんだけPやねん

PAGE TOP ↑