rss twitter fb hatena gplus

*

『お国と五平』『背徳のメス』

お国と五平

okunitogohei
これは面白かった!しかし面白さを説明するのがとても難しい。何気なく始まり、丁寧に2人の心理を追いながらも、いつの間にか引き込まれていた。後から考えるほどに味わい深い。谷崎潤一郎の戯曲が原作なのだけれど、これはすぐにでも原作が読みたくなってしまうなあ。DVDになっていないものにも、成瀬作品にはこのレベルのものがあるなんて。

お国(木暮実千代)は、未婚時代に友之丞(山村聰)という婚約者が居たが、彼の武士としての至らなさに愛想を尽かし、彼との結婚をやめ別の男、伊織(田崎潤)と結婚する。が、伊織は在る日友之丞により闇討ちに合い死んでしまう。武家のしきたりにより、その妻であるお国は、侍従として五平(中村雀右衛門(4代目))を連れ、仇討ちの旅に出る。が、お国が病に倒れた折、人一倍忠義深く丁寧に看病する、そんな五平といつしか恋仲になってしまう。

ロードムービーと言っていいのかしら。徒歩の旅だけれど、“仇討の旅”でありながら、2人が心を通わせて行く。2人の思惑が通い、そしてそのズレを丁寧に描写する。2人が通じ合ってしまうと、この旅の目的そのものから外れてしまう。「世間の道理」という「道」に背くことになる。道理を通すための旅が、道ならぬ恋を成就させる。2人のゴールが見えなくなり、道理を通そうとするほどに実は見えていくのが、お国という女のしたたかさ。また、お国の旦那・伊織を殺害した友之丞、彼は武家のしきたり“道”から、初めから外れてしまっている人物でもある。山村聰の何とも情けない武士が味わい深い。その彼もまた、旅に出た彼らの後を追ってくる。仇討ちの敵が逆にこちらを追うという逆三角形。

’52年、東宝
監督:成瀬巳喜男
脚本:八住利雄
原作:谷崎潤一郎
製作:清川峰輔、宮城鎭治
撮影:山田一夫
キャスト:木暮実千代(お國)、中村雀右衛門(4代目)(五平)、山村聰(友之丞)、田崎潤伊織(お國の夫)、三好栄子(お國の母)、藤原釜足(医者)他

 

背徳のメス


とある大阪の産婦人科の内部を描いたサスペンスフルなドラマ。院長(山村聰)がメスを取った手術で患者が死亡し、医療責任を問われる。運悪く死んだ女にはヤクザのヒモが付いていて、金をゆすってくる。その手術の副執刀であったのが、植(田村高廣)。女癖と酒癖が悪く、普段から生活態度に問題があるとして院内で嫌われている。
途中までは興味をグイグイ惹かれ、見ることが出来た。変わったドラマではあるけれども、なんとなく面白く見れてしまう力技がすごい。ただ、田村高廣演じる医師は当直の看護婦を犯すわ、院長は33歳の看護婦長を「オールドミス」呼ばわりしてイジメるわ、あまりにも酷い。これアメリカだったら、即セクハラ法で訴えられ、高額賠償金をふんだくられるレベル。まあそんなことを言っても仕方がないのですが…。

’61年、松竹
監督:野村芳太郎
脚色:新藤兼人
原作:黒岩重吾
製作:岸本吟一
撮影:川又昂
キャスト:田村高廣(植秀人)、高千穂ひづる(加納伊津子)、瞳麗子(有吉妙子)、久我美子(佐藤信子)、松井康子(大場綾子)、葵京子(葉月景子)、山村聰(西沢直之)、真木康次郎(事務員村上)他

 

関連記事

『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...
記事を読む

『エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に』 アメリカ亜流派のレイドバック主義

80年代の映画を見るなら、私は断然アメリカ映画派だ。 日本の80年代の...
記事を読む

『湯を沸かすほどの熱い愛』 生の精算と最後に残るもの

一言で言えば、宮沢りえの存在感があってこそ成立する作品かもしれない。こ...
記事を読む

美容師にハマりストーカーに変身する主婦・常盤貴子 『だれかの木琴』

お気に入りの美容師を探すのって、私にとってはちょっぴり大事なことだった...
記事を読む

『日本のいちばん長い日』で終戦記念日を迎えた

今年も新文芸坐にて、反戦映画祭に行ってきた。 3年連続。 個人的に、終...
記事を読む

1,086

コメント




管理人にのみ公開されます

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


スパム対策をしています。コメント出来ない方は、こちらよりお知らせください。
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...

【シリーズ秘湯】乳頭温泉郷 鶴の湯温泉に泊まってきた【混浴】

数ある名湯の中でも、特別エロい名前の温泉と言えばこれでしょう。 乳頭温...

2016年12月の評価別INDEX

年始に久しぶりに実家に帰ったんですが、やはり自分の家族は気を使わなくて...

とらねこのオレアカデミー賞 2016

10執念…ならぬ10周年を迎えて、さすがに息切れしてきました。 まあ今...

2016年11月の評価別INDEX & 【石巻ラプラスレポート】

仕事が忙しくなったためもあり、ブログを書く気力が若干減ってきたせいもあ...

→もっと見る

【あ行】【か行】【さ行】【た行】 【な行】
【は行】【ま行】【や行】 【ら行】【わ行】
【英数字】


  • ピエル(P)・パオロ(P)・パゾリーニ(P)ってどんだけPやねん

PAGE TOP ↑