rss twitter fb hatena gplus

*

余計なものは何も無し! 『オール・イズ・ロスト』

4ab1b5e4d9f23a6e4747086df2e93a23究極の状況下での遭難物なんてそれほど多くはないのに、こう最近矢継ぎ早に作られるとちょっぴり食傷気味。海洋漂流物で『コン・ティキ』もあったし、少し前の『147時間』だってたった一人のサバイバル物。もっと最近だと『ライフ・オブ・パイ』に『ゼロ・グラビティ』が記憶に新しい。だけど今回のこの作品は、『ライフ・オブ・パイ』や『ゼロ・グラビティ』から、虚飾を全て取っ払い、必要なものそれだけにした、とことんリアルな作品だった。

「何も引かない、何も足さない」、なんてどこかの宣伝文句じゃないけど、そんな本物の凄み。CG無しにこだわったのだろうか。一体どうやって撮影したんだろう。台詞なんてほとんど無くて、「Fuck」ぐらい。「SOS」の願いは虚しく空を舞うだけ。「何も引かない」というのは、ワンショットがすごくゆったりと長めに回していて、まるでドキュメンタリーでもあるかのような作り。今そこに居るかのようなリアリティ。

「祈る暇すら与えられない」、なんてこの間話し合ってた。やるべきことを淡々とこなすだけ。彼のやらなかったことは、無駄に焦燥に駆られたり絶望に落ち込んだり。自分の人生を振り返ったり、悔やんだりもしない。

タイトルこそ『オール・イズ・ロスト』だけれど、彼は初めは全てを失っている訳ではないんですよね。必要に駆られて、少しづつ要らない物を捨てていく。何を捨て、何を残すかについて正確な判断を下すのが、こうした状況下で一番大切なことのように。そしてとうとう彼が全てを失う瞬間が訪れる。これはお楽しみに。

エンドロールが流れて初めて、我らが主人公の名が「Our man」であることに気づいた。本当に究極の作品。それなのに何故か退屈とは無縁だった。

’13年、アメリカ
原題:All is lost
監督。脚本:J・C・チャンダー
製作:ニール・ドッドソン
製作総指揮:ザッカリー・クイント
撮影:フランク・デマルコ、水中撮影:ピーター・ズッカリーニ
キャスト:ロバート・レッドフォード(our man)

 

関連記事

『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...
記事を読む

『エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に』 アメリカ亜流派のレイドバック主義

80年代の映画を見るなら、私は断然アメリカ映画派だ。 日本の80年代の...
記事を読む

『湯を沸かすほどの熱い愛』 生の精算と最後に残るもの

一言で言えば、宮沢りえの存在感があってこそ成立する作品かもしれない。こ...
記事を読む

美容師にハマりストーカーに変身する主婦・常盤貴子 『だれかの木琴』

お気に入りの美容師を探すのって、私にとってはちょっぴり大事なことだった...
記事を読む

『日本のいちばん長い日』で終戦記念日を迎えた

今年も新文芸坐にて、反戦映画祭に行ってきた。 3年連続。 個人的に、終...
記事を読む

916

コメント(2件)

  1. とらねこさん☆
    そうそう、やや食傷気味だったので、観るかどうか迷っていたのでした。
    なんと台詞も無いのに最後まで飽きさせないとはっ☆
    これはちょっと興味がわいてきました。

    パパンは結構サバイバル的本が好きで、何十日も漂流して生き残った人の手記とか、公園でブルーシートのお家を立ててソーラーや自家発電で快適に暮らしている人のハウツー本など読んでます。
    何も足さないギリギリの生活に、なぜか憧れているようです。

  2. ノルウェーまだ〜むさんへ

    こちらにもありがとうございます♪
    そうなの!やっぱりノルさんも食傷気味な気がしますよね?!
    結構評判は良いんですよ、これ。
    それなのに私が見に行った時も、結構空いていたなあ…。

    おお!パパンはサバイバル本が好きとはw。
    やっぱりパパン、面白い〜!
    うん、電気使わない暮らしってどんなんだろう?なんて想像したりします!

    なんか最近、いい映画がいっぱいで、本当どれから見たらいいか困るぐらいですよね〜。




管理人にのみ公開されます

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


スパム対策をしています。コメント出来ない方は、こちらよりお知らせください。
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...

【シリーズ秘湯】乳頭温泉郷 鶴の湯温泉に泊まってきた【混浴】

数ある名湯の中でも、特別エロい名前の温泉と言えばこれでしょう。 乳頭温...

2016年12月の評価別INDEX

年始に久しぶりに実家に帰ったんですが、やはり自分の家族は気を使わなくて...

とらねこのオレアカデミー賞 2016

10執念…ならぬ10周年を迎えて、さすがに息切れしてきました。 まあ今...

2016年11月の評価別INDEX & 【石巻ラプラスレポート】

仕事が忙しくなったためもあり、ブログを書く気力が若干減ってきたせいもあ...

→もっと見る

【あ行】【か行】【さ行】【た行】 【な行】
【は行】【ま行】【や行】 【ら行】【わ行】
【英数字】


  • ピエル(P)・パオロ(P)・パゾリーニ(P)ってどんだけPやねん

PAGE TOP ↑