rss twitter fb hatena gplus

*

正しきファウンド・フッテージホラー決定版! 『V/H/S ネクストレベル』

top_pt2これは相当レベルが高いホラー!ホラー好きには間違いなしの作品。オススメ出来ます!前作『V/H/S シンドローム』も私はなかなか面白くて、このシリーズには期待していたのだけれど、今回はさらにパワーアップ!いかんせん前作は物語がカブってしまうところがあり、さらにファウンド・フッテージ形式(後からこんなビデオが見つかりました、的なPOV形式で綴られたもの。ホラーやSFに時々見られるジャンル的手法。)であるため、全体的に見づらい映像が多いんですね。安い制作資金で出来るところが何よりの強みである分、アイディア次第で面白くも退屈にもなり得る。短編オムニバスであり、それぞれのワンアイディアが活かされるところが、個人的にはとっても好み。ホラーをいっぱいおかわりした気分になれる、オムニバスホラー大好きっ娘~♪な私には、嬉しくてたまらないシリーズなのでっす。きゃー楽しい!

今作は、副題の“ネクストレベル”に相応しく、前作より一段上にパワーアップしているところが素晴らしい。まず、全体を貫くストーリーがちゃんとあり、幽霊物あり、ゾンビあり、新興宗教物あり、宇宙人物あり。見事なまでにジャンル分け・棲み分けが出来ているため、スッキリした印象なんですね。さらには、一つ一つの短編のクオリティがUP!どれもこれも面白くて、どんどん見入っちゃう。前作は、退屈なものもあって飽きてしまった部分も否めないのだけれど、今回は全く飽きずに見ることが出来たのでした!


1. Tape 49

監督・脚本:サイモン・バレット(『サプライズ』脚本)

全体を貫くストーリー。最後のオチは4話が終わった後に。


2. Phase I Clinical Trial

監督:アダム・ウィンガード(『サプライズ』)
脚本:サイモン・バレット

人体実験的無料手術の代償!左目の角膜に録画チップを埋め込むことになり、この目から見た視点を映し出す、まさに究極のPOV?思わずパン兄弟の『THE EYE アイ』を思い出す。ちゃんと目の高さを感じたりも出来たし。


3. A Ride in the Park

監督・脚本:エドゥアルド・サンチェス(『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』)

個人的にはこれが一番好きだった。ゾンビ前・ゾンビ後を見れるPOVって今まであったっけ?カップルが近づいて来た!あいつ食料!とか、噛んだ相手が一緒に歩き出したり、あっやられた!それ致命傷?いやまだいける、みたいに、ゲーム感覚でPOVらしさを楽しめる。シンプルさと目の付け所がいいのよね。健全そのものの公園の緑に不釣合いなゾンビ♪


4. Safe Heaven

監督・脚本:ティモ・ジャイアント、ギャレス・エヴァンス(『ザ・レイド』)

これはまた素晴らしいアイディア、物語展開。新興宗教に入り込み、その実態を調査するという設定。強烈な個性を持った、テンションの高い物語で素晴らしい。これ一本だけで勝負出来そうなほどの作品とクオリティ。想像力を軽く超えてくるビックリ映像が良かった。あと犬が…というのも新しい!


5. Slumber Party Alien Abduction

監督・脚本:ジェイソン・アイズナー(『ホーボー・ウィズ・ショットガン』)

まさかUFO物まで出るとは…!最後の最後まで楽しませてくれた。ここまで来て、ああジャンル分けをわざとしていたのね、くーっ憎いなあ!と気づいた。この手のトンデモエイリアン物は何故だか嫌いじゃないので、うわーっ出たあ!wなんて可笑しくなってくる。あー楽しかった。次はあるんでしょうか?

 

関連記事

『ヒメアノ~ル』 塚本遺伝子の本気汁

今年の邦画ベスト1はこれでしょう。 テンポの上手さに心を掴まれてしまう...
記事を読む

『アイアムアヒーロー』 邦画ゾンビのイキのイイ傑作!

「邦画にしては、珍しく出来の良いゾンビ映画」との呼び声の高かった今作。...
記事を読む

『ノック・ノック』 浮気男はとりあえず、ぷっころす♪

時々やり過ぎがちなボクちゃん、イーライ・ロス 前回の『グリーン・インフ...
記事を読む

『グッドナイト・マミー』 未公開映画特集の中に優れたホラー発見!

こんなに面白い作品が未公開だなんて、勿体無い! マンション内で繰り広げ...
記事を読む

リア充がセ●クスババ抜き&鬼ごっこ 『イット・フォローズ』

タランティーノ絶賛の声が聞こえてきたが、どんなもんかと。 開けてみたら...
記事を読む

1,906

コメント(2件)

  1. とらねこさん、こんばんは。
    コメントありがとうございました。

    なかなか本作、お気に入りのようで。

    一本一本よく出来ていた作品だったと思います。
    ファウンド・フッテージ、POVは
    ちょっと氾濫気味ですが、
    本作はアイデアも話も良かったのではないかな。

    やっぱり「SAFE HEAVEN」が
    一番インパクトあったなぁ。

    http://cinechan.at.webry.info/201404/article_11.html

  2. CINECHANさんへ

    こんばんは〜♪コメントありがとうございました。
    はい、気に入ってます!w
    ファウンド・フッテ−ジ形式のホラ−・ファンタジ−って、トンデモ加減がグンとプラスされちゃうんで、なんか美味しいですよね。
    去年の『トロ−ルハンタ−』もなかなか面白かったな〜。
    やはり『セイフ・ヘイブン』がお気に入りでしたか。
    ギャレス・エヴァンスとティモ・ジャイアントの名は、『ザ・レイド』以来ちょっと忘れてたんですが、もうこの作品でバッチリ!みんな記憶に残ったんじゃないですかね?




管理人にのみ公開されます

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


スパム対策をしています。コメント出来ない方は、こちらよりお知らせください。
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...

【シリーズ秘湯】乳頭温泉郷 鶴の湯温泉に泊まってきた【混浴】

数ある名湯の中でも、特別エロい名前の温泉と言えばこれでしょう。 乳頭温...

2016年12月の評価別INDEX

年始に久しぶりに実家に帰ったんですが、やはり自分の家族は気を使わなくて...

とらねこのオレアカデミー賞 2016

10執念…ならぬ10周年を迎えて、さすがに息切れしてきました。 まあ今...

2016年11月の評価別INDEX & 【石巻ラプラスレポート】

仕事が忙しくなったためもあり、ブログを書く気力が若干減ってきたせいもあ...

→もっと見る

【あ行】【か行】【さ行】【た行】 【な行】
【は行】【ま行】【や行】 【ら行】【わ行】
【英数字】


  • ピエル(P)・パオロ(P)・パゾリーニ(P)ってどんだけPやねん

PAGE TOP ↑