rss twitter fb hatena gplus

*

ニコラス・ウィンディング・レフン製作 『アウトロー』(’12年、アイスランド)

T0018719pこちらの作品もまた、“未体験ゾーンの映画たち 2014”にて見た作品。ちなみに、好きな作品に投票出来るようになっているんですね。私はこの作品に投票しておきました。

この惹き句、「『ドライヴ』のニコラス・ウィンディング・レフン監督最新作!」ってちょっと言い過ぎ。実際は製作総指揮だしね。でも、そう言いたくなる気持ちは分かる。レフン監督作品の古いものにソックリなんだもの。『プッシャー』(’96)シリーズや、同じく『プッシャー』のリメイクでレフン監督が製作を務めた作品なんかに、良く似てるのです。とあるドラッグビジネスに足を突っ込んでしまった若者の話。レフン監督はこれと全く同じようなドラッグディーラーの話、『プッシャー』にて一躍デンマークの寵児になったのだけれど、今回はアイスランド。この手の作品て、どの国でも人気があるのかな。同じような話をいくつも見ているけれど、毎度面白く見てしまうんですよね。

こちら、初監督のオスカー・ソー・アレクセルソンが自身で脚本を書いた作品なんですね。『プッシャー』のような、来る破滅でもがき苦しんだり金策に励んで泥沼にハマっていく姿を描いたものと少し違うのは、こちらはノワール物の面白さが全面に出てて、裏の世界のビジネスの中で何とか自分だけは上手くやっていこうとし、それが半分は成功してしまうところ。さらにこの、のし上がった先から、ズドーンと突き落とされて行くところがまた素晴らしい。このきっかけになるのが、主人公のレイプ。ノーマルな男がレイプされてしまうのって、きっと恐ろしいほどの屈辱に違いないよね…。さらにこのシーンのリアルなことに、終わった後相手が下半身を洗い流すシーンがある。そこで、こびりついたウ●コが水と一緒に流れるという…チ●コについたウ●コ!汚い話でごめんね!これをきちんと描くという、素晴らしいリアリズム!私はここに感激しましたね。いやあいい映画でした。

’12年、アイスランド
原題:Black’s Game
監督・脚本:オスカー・ソー・アクセルソン
製作総指揮:ニコラス・ウィンディング・レフン
撮影:ベルグステイン・ビョルゴルフソン
音楽:フランク・ハール
キャスト:ソー・クリスチャンソン(ステビ)、ヨハンネス・ハウクル・ヨハネッソン(トティ)、デイモン・ヤンガー(ブルーノ)、マリア・ビルタ(ダグニー)、スロストゥル・レオ・グンナルソン(ファラオ)

 

関連記事

『極道大戦争』 Yakuza Apocalipseって名前は格好イイんだけどね

これはまた、やっちまった感の強い駄作。今回はハズレ三池でした。 ヤクザ...
記事を読む

モンキーなのか、ボノボなのか 『ガンズ&ゴールド』

これはなかなかの拾い物!予想外の秀作でした。 囚人映画はやっぱり好き。...
記事を読む

『沖縄やくざ戦争』『カミカゼ野郎 真昼の決斗』@チバちゃん祭り! Sonny Chiba A Go Go!

沖縄やくざ戦争 こちら、実際に起こった、沖縄でのやくざの抗争を元にした...
記事を読む

三池×クドカン クドめのヤクザアクションコメディ『土竜の唄 潜入捜査官REIJI』

三池監督の新作映画がやって来た!三池さん×クドカンのタッグは、『ゼブラ...
記事を読む

映画の極北へようこそ 『オンリー・ゴッド』

来たぁ~!ニコラス・ウィンディング・レフン監督最新作。これぞ、首を長~...
記事を読む

2,578

コメント(3件)

  1. アウトロー

    アイスランド、レイキャビク。 泥酔し暴行事件を起こし、起訴される事になってしまった学生のステビ(ソー・クリスチャンソン)。

  2. この手の作品は、哀生龍もついつい見てしまう上、残酷な内容であっても楽しめてしまいます。
    北欧の作品は映画もドラマも、割と丁寧に登場人物の私生活部分が描かれるので、余計に面白味を覚えるのかも? と思っています。

    レイプ・シーン!!
    「こいつ、男も襲うタイプだな」と思いながら見ていたので、「ついにやったか!」と。
    襲われた方の事後の様子が描かれることは多いけれど、襲った方の事後の様子を描いたのは見た記憶がありません。
    斬新でリアルで衝撃的。
    そんなシーンもまた面白いと楽しんでしまいました(笑)

  3. 哀生龍さんへ

    こんばんは〜♪コメントありがとうございました。
    なるほど!そうなのかも。北欧のドラマという枠組みで、何となく我らにしっくりくる感覚!

    レイプシーン、「コイツはやりそうだ」と思いながら見ていらっしゃったんですか…さすがの洞察力(笑)
    ホント、事後処理の丁寧な演出には瞠目する他ありませんw
    あんなの見たことないですよね!ククク…素晴らしい




管理人にのみ公開されます

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


スパム対策をしています。コメント出来ない方は、こちらよりお知らせください。
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...

【シリーズ秘湯】乳頭温泉郷 鶴の湯温泉に泊まってきた【混浴】

数ある名湯の中でも、特別エロい名前の温泉と言えばこれでしょう。 乳頭温...

2016年12月の評価別INDEX

年始に久しぶりに実家に帰ったんですが、やはり自分の家族は気を使わなくて...

とらねこのオレアカデミー賞 2016

10執念…ならぬ10周年を迎えて、さすがに息切れしてきました。 まあ今...

2016年11月の評価別INDEX & 【石巻ラプラスレポート】

仕事が忙しくなったためもあり、ブログを書く気力が若干減ってきたせいもあ...

→もっと見る

【あ行】【か行】【さ行】【た行】 【な行】
【は行】【ま行】【や行】 【ら行】【わ行】
【英数字】


  • ピエル(P)・パオロ(P)・パゾリーニ(P)ってどんだけPやねん

PAGE TOP ↑