rss twitter fb hatena gplus

*

新たな祝日ホラー来る! 『ファーザーズ・デイ 野獣のはらわた』

poster2父の日の惨劇!パパを犯し殺す、パパ専門の大量殺人鬼ファックマン。ファックマンとは誰か!?…ってもう、意味分かんな~い!トロマプレゼンツのイケイケGoGo!なゴアホラーを見ました。

数限りない細かいギャグが広い切れない!監督・脚本、“アストロン6”って何?エクスプロイテーション風味の持ち味の、カナダのインディーズ映画らしいです。トロマのロイド・カウフマンからの出資を受けて発動。武蔵野館では、「アストロン6の進撃!」なんていう特集が。第一弾の方の『マンボーグ』、チラシを見る限りだと、この辺も好きな人は好きそう…。それにしてもこの『ファーザーズ・デイ 野獣のはらわた』は、目の付け所もいいし“はらわた”も付いてるし(はらわた映画は傑作揃い!)、こりゃ私も行かなきゃだわ。なんてノコノコと出掛けたのでした。シアターNがあった頃なら、絶対シアターNでやったに違いないこの辺の作品。どうやら、ヒューマントラストシネマ渋谷がシアターN後継者か?!なんて思いきや、新宿武蔵野館も実は結構頑張ってるんですよネ。『ムカデ人間2』だってここでやったし。

ホラー映画って、“何の日”みたいなホラー映画が多いけれど、「父の日」ってのは無かったね!これがまず素晴らしい。人の子の親、誰かの父親だと分かると直ぐ様犯されてしまう!というのもとってもエグ~い!臓物なんかもドバドバ出てくるし、すごくエンタメ色も強くて、大満足!素晴らしかったなあ。ジョークも面白かったし、吹き出しちゃうこと間違いなしでした。そしてサービス精神満点過ぎ!。

’11年、アメリカ、カナダ
監督・脚本:アダム・ブルックス、ジェレミー・ガレスピー他
製作:ロイド・カウフマン、マイケル・ハーツ
製作総指揮:マット・マンジョリデス、アダム・ブルックス
音楽:ジェレミー・ガレスピー
キャスト:アダム・ブルックス(エイハブ)、マシュー・ケネディ(サリバン神父)、コナー・スウィーニー(トゥンク)、エイミー・グローニング(チェルシー)、ギャレット・ナティク(ウォルナット)、ブレント・ニールス(ティーゲル警部)、メレディス・スウィーニー(メアリー)、マッケンジー・マードック(ファックマン)、ロイド・カウフマン(神/悪魔)

 

関連記事

『ヒメアノ~ル』 塚本遺伝子の本気汁

今年の邦画ベスト1はこれでしょう。 テンポの上手さに心を掴まれてしまう...
記事を読む

『アイアムアヒーロー』 邦画ゾンビのイキのイイ傑作!

「邦画にしては、珍しく出来の良いゾンビ映画」との呼び声の高かった今作。...
記事を読む

『ノック・ノック』 浮気男はとりあえず、ぷっころす♪

時々やり過ぎがちなボクちゃん、イーライ・ロス 前回の『グリーン・インフ...
記事を読む

『グッドナイト・マミー』 未公開映画特集の中に優れたホラー発見!

こんなに面白い作品が未公開だなんて、勿体無い! マンション内で繰り広げ...
記事を読む

リア充がセ●クスババ抜き&鬼ごっこ 『イット・フォローズ』

タランティーノ絶賛の声が聞こえてきたが、どんなもんかと。 開けてみたら...
記事を読む

1,223

コメント(3件)

  1. とらねこさん☆
    うひーっ
    これはまた凄そう・・・
    笑えるホラーっていうのがツボですね。
    こういうB級も好き♪

    わたくしの好きなジャンルがまだ掴めないとおっしゃってらっしゃいましたが、こんなのも好きです。
    わざわざ観に行くかどうかは別として(爆)

  2. ノルウェーまだ〜むさんへ

    こんばんは〜♪コメントありがとうございました。
    わっビックリした!ここへコメントくださるとは思わなかった^^;
    まさかこの手の物もお好きだったとは!
    いやあ、女子のお一人様ってこの手の映画は少ないですよ〜。でもたまに居るんですよね。
    トロマムービーってとにかく、B級感満載で素晴らしいのです。
    去年の『チキン・オブ・ザ・デッド』辺りから入るのはいかが?w

  3. 『ファーザーズ・デイ 野獣のはらわた』を新宿武蔵野館3で観てこっちはのりのりアストロンふじき★★★★

    五つ星評価で【★★★★しまった、面白い】

    同じ製作グループ、アストロン6の『マン・ボーグ』が好きな事やってればボクちゃん満足のオナニー映画だったので躊躇していたんだけ …




管理人にのみ公開されます

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


スパム対策をしています。コメント出来ない方は、こちらよりお知らせください。
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...

【シリーズ秘湯】乳頭温泉郷 鶴の湯温泉に泊まってきた【混浴】

数ある名湯の中でも、特別エロい名前の温泉と言えばこれでしょう。 乳頭温...

2016年12月の評価別INDEX

年始に久しぶりに実家に帰ったんですが、やはり自分の家族は気を使わなくて...

とらねこのオレアカデミー賞 2016

10執念…ならぬ10周年を迎えて、さすがに息切れしてきました。 まあ今...

2016年11月の評価別INDEX & 【石巻ラプラスレポート】

仕事が忙しくなったためもあり、ブログを書く気力が若干減ってきたせいもあ...

→もっと見る

【あ行】【か行】【さ行】【た行】 【な行】
【は行】【ま行】【や行】 【ら行】【わ行】
【英数字】


  • ピエル(P)・パオロ(P)・パゾリーニ(P)ってどんだけPやねん

PAGE TOP ↑