rss twitter fb hatena gplus

*

アルモドバルがまさか!爆笑ゲイコメディ 『アイム・ソー・エキサイテッド!』

i-am-so-excited-poster
好き好き大好きアルモドバル!

もはや「巨匠」と呼ばれるような立場なのに、前作『私が、生きる肌』では若返ったかのようなみずみずしい(笑)変態作品に戻った後、今度は180度違う方向へと思いっきり変身、なんと爆笑コメディ!下品で過激なオゲレツギャグ満載の、やりたい放題な楽しい作品でした。

スノッブなアルモドバル好きからは、正直目を顰められてしまうようなタイプの作品かもしれない。『私が、生きる肌』の大人気っぷりとは違い、スペイン本国ではこちら、早めに公開終了の運びとなったらしい。脚本も監督も全て彼自身が手がけ、俳優によるアドリブなど無かったというこの作品、遠慮など何も無しお構いなしに、ハイテンションで繰り広げられるオカマたちの熱き笑い。圧倒される!まるで「何も怖いものなど無い」と言わんばかり。「深刻な経済危機に陥っているスペインを笑わせたかったのではないか」なんて、ハビエル・カマラさんは言っていたっけ。いや何度も言いますけど、これまで尊敬されるような作品を長年たくさん作ってきたアルモドバルがですよ、こんな作品をポンと出してくるなんて、そんな引き出しがあったなんて。もうもうもう、そんな態度がまた最高にカッコイイ!私の大好きなハイテンションなオカマがたくさん出て来て、ああ、楽しくて嬉しくて、涙まで出て来ちゃった。

飛行機の中で繰り広げられる馬鹿騒ぎ、このコメディの構造自体はとっても上手。「到着するはずの場所に着かないと分かるタイミング」、「客たちが家族や恋人に電話をかけることで、それぞれのエピソードやキャラクターを説明するという手際の良さ」。それからいよいよ、第一のショータイム、オカマ スチュワードたちの歌と踊り!こんなに濃ゆ~い話に濃いギャグ続きなのに飽きさせず、さらにヒートアップして、いよいよ驚きの機内での乱交タイムと来た。飛行機内でのセックスってちょっとだけ憧れますよね!?でも、さすがにここまで来ると呆れてしまう、ほとんどギャグ。もう弾は撃ち尽くしたかと思った頃の、ノルマ(セシリア・ロス)の打ち明け話がまた絶妙だったな。

ゲイコメディに慣れていない人にはちょっと苦手かもしれないけれど、この分野が好きな人ならきっと気に入ってくれるはず♪

Im-so-excited-feat

’13年、スペイン
原題:Los amantes pasajeros
監督・脚本:ペドロ・アルモドバル
キャスト:カルロス・アレセス、ハビエル・カマラ、ラウル・アレバロ、ロラ・ドゥエニャス、セシリア・ロス、ブランカ・スアレス

 

関連記事

『帰ってきたヒトラー』 このご時世じゃ笑いたくてもワロエナイ!

ヒトラーは生きていた!? 「源義経はモンゴルに渡り、チンギス・ハーンに...
記事を読む

『神様メール』 新・新約聖書がもし書かれたなら

映画の面白さについて語るのはいつも難しいことだけれど、とりわけこの作品...
記事を読む

『これが私の人生設計』 窮屈なイタリア社会を笑う

イタリア映画祭で評判だったこの作品は、イタリアの国民性を感じるコメディ...
記事を読む

パン・ホーチョン 『愛のカケヒキ』 女同士のバトルが面白い!

中国映画週間にて。 そうか、香港は中国に返還されたから、“香港映画”で...
記事を読む

アレックス・デ・ラ・イグレシアでデラ上がる! 『グラン・ノーチェ!最高の大晦日』

ラテンビート映画祭にて鑑賞。 アレックス・デ・ラ・イグレシアに遅らばせ...
記事を読む

2,443

コメント(5件)

  1. とらねこさん☆
    わお、結構楽しめたようですねー
    涙まで出ちゃうとは・・・
    割とオカマもゲイも平気なんだけど、なんとなくのれませんでした。
    もうちょっと捻ってくれていると思っていたからかなー

  2. ノルウェーまだ〜むさんへ

    こんばんは〜♪コメントありがとうございました。
    あれれ、すいません、コメント返したと思ってたのに、ちゃんと反映されてなかった…。スマホのwordpressアプリが使い勝手がイマイチなんですよね…。

    私って、いつもそうなんですけど、どこまでも下品なゲイネタ・エロネタに嬉々としてついていってしまうようで、そんな時どうも女性と合わないな〜という部分があったりしますw。いや、日本人と合わないというべきか。すみません…。
    巨匠なのに、こんなにはしゃいでくだらないお下劣ギャグをやってしまうところに感激してしまいました。

  3. アイム・ソー・エキサイテッド!

    アレの、大掛かり過ぎるメタファー
    公式サイト。スペイン映画。原題:Los amantes pasajeros(キャビンの恋人たち)、英題:I’m So Excited!。ペドロ・アルモドバル監督、カルロス・アレセス、ハ …

  4. これはただの変態映画じゃないですね。スケールの大き過ぎる大妄想映画なのです。

  5. 佐藤秀さん

    こんばんは〜♪コメントありがとうございました。
    本当ですね!いやあ、嬉しいですね。実はあまり評価が高くなくて、ガッカリしていたところだったんですよ!




管理人にのみ公開されます

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


スパム対策をしています。コメント出来ない方は、こちらよりお知らせください。
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...

【シリーズ秘湯】乳頭温泉郷 鶴の湯温泉に泊まってきた【混浴】

数ある名湯の中でも、特別エロい名前の温泉と言えばこれでしょう。 乳頭温...

2016年12月の評価別INDEX

年始に久しぶりに実家に帰ったんですが、やはり自分の家族は気を使わなくて...

とらねこのオレアカデミー賞 2016

10執念…ならぬ10周年を迎えて、さすがに息切れしてきました。 まあ今...

2016年11月の評価別INDEX & 【石巻ラプラスレポート】

仕事が忙しくなったためもあり、ブログを書く気力が若干減ってきたせいもあ...

→もっと見る

【あ行】【か行】【さ行】【た行】 【な行】
【は行】【ま行】【や行】 【ら行】【わ行】
【英数字】


  • ピエル(P)・パオロ(P)・パゾリーニ(P)ってどんだけPやねん

PAGE TOP ↑