rss twitter fb hatena gplus

*

ダニー・ボイル監督最新作は記憶モノ! 『トランス』

319a7672 ダニー・ボイル監督の最新作だ、やった~!と大喜びで飛びついたこの作品。機内で映画を見るとこうして、まだ公開されていない作品を見ることが出来る。これが映画好きにとってはたまらないのよね。

記憶系サスペンススリラーというと、私にとってはかつて最も好きなジャンルの一つだった。ノーランの『メメント』なんか、もう夢中になったなあ。こちらの作品も、真相が分からないままにあれよあれよと進み、そのスタイリッシュさや疾走感がどこまでも気持ちがいい。なんだかダニー・ボイルは近年、何とも若々しくフレッシュな映画作りをするんだなあ、と驚いてしまう。しかもセンス良く上手に、つまらなくなる前のギリギリのところで回避し、冒険心を忘れない。たとえば『127時間』も『スラムドッグ$ミリオネア』も、大絶賛する人もあれば、そうでもない人も居た。賛否両論で問題作、だからこそ無視せずにはいられないような、そんなテイスト。娯楽作品として上手に漂着するのは、そういうものなのかも、なんて思ったりもする。そして彼はそれを十分に理解した上であえてやっている感じ。

この作品、見終わった後はなかなか面白かったと思っていたけれど、他の映画をどんどん見て上書きをしていったら、割とこの作品の印象が薄いようにも思ったり。どうしてもサスペンスタッチの物語は、オチが分かった時点で急激に醒めてしまう、というのもある。この世界に魅入られトランス状態に陥っていたのもこの映画の魔力なら、そこから醒めてしまった今改めて思えば、さほど驚くべきでもなかったような…。でもやはり、この手の物が一番好きだった昔の自分なら、やはりこの作品を大絶賛していたと思うし、これが大好きな人は大勢居ると思いますよん。

poster

2013年、イギリス、アメリカ
原題:Trance
監督:ダニー・ボイル
製作:クリスチャン・コールソン
製作総指揮:バーナード・ベリュー、フランソワ・イベルネル他
脚本:ジョー・アハーン、ジョン・ホッジ
撮影:アンソニー・ドッド・マントル
音楽:リック・スミス
キャスト:ジェームズ・マカヴォイ、ロザリオ・ドーソン、ヴァンサン・カッセル

 

関連記事

『エル・クラン』 ブラックテイストな犯罪一家物語

アルゼンチンで大ヒットした、と聞いて思い出すのが去年の『人生スイッチ』...
記事を読む

『ヘイトフル・エイト』 密室の曲者揃い踏み!!

エンニオ・モリコーネのオスカー、おめでとう。この作品で獲りましたね。 ...
記事を読む

『ヴァバンク』ポーランドの国民的娯楽作

今年のポーランド映画祭でかかった81年の作品ですが、ポーランドでは誰も...
記事を読む

後味の悪い映画と言えばコレ! 『ファニーゲーム』

史上最強に後味の悪い映画として、悪名高き作品。 私は、DVDで見た時は...
記事を読む

『ピエロがお前を嘲笑う』 ドイツ発のサイバーサスペンス

ドイツ発のサイバークライム/ハッカーを描いたスリラー。 ギークな童貞主...
記事を読む

1,160

コメント




管理人にのみ公開されます

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


スパム対策をしています。コメント出来ない方は、こちらよりお知らせください。
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...

【シリーズ秘湯】乳頭温泉郷 鶴の湯温泉に泊まってきた【混浴】

数ある名湯の中でも、特別エロい名前の温泉と言えばこれでしょう。 乳頭温...

2016年12月の評価別INDEX

年始に久しぶりに実家に帰ったんですが、やはり自分の家族は気を使わなくて...

とらねこのオレアカデミー賞 2016

10執念…ならぬ10周年を迎えて、さすがに息切れしてきました。 まあ今...

2016年11月の評価別INDEX & 【石巻ラプラスレポート】

仕事が忙しくなったためもあり、ブログを書く気力が若干減ってきたせいもあ...

→もっと見る

【あ行】【か行】【さ行】【た行】 【な行】
【は行】【ま行】【や行】 【ら行】【わ行】
【英数字】


  • ピエル(P)・パオロ(P)・パゾリーニ(P)ってどんだけPやねん

PAGE TOP ↑