rss twitter fb hatena gplus

*

スペイン発、今年一番アツくて新鮮なモノクロ映画! 『ブランカニエベス』

138071979547747909225なんとユニークな映画が来たものよ!スペイン発のモノクロサイレント映画であり、スペインらしさに溢れた白雪姫。彼女の勇姿にアナタはきっと惚れる。

白雪姫を実写化したものは最近いくつもあって、クリステン・スチュワートの『スノーホワイト』、これは私的には退屈な駄目映画。次にターセム・シンの『白雪姫と鏡の女王』。抱腹絶倒のコメディで、戦闘シーンもずっと面白く、楽しめてしまう娯楽作。でも、この2つに共通してるのは「白雪姫が自ら戦う」という事と、ヒロインであるはずの白雪姫よりも、悪役の女王の方がずっと生き生きしてるということ。『スノーホワイト』ではシャーリーズ・セロンが美しくも恐ろしい女王を演じ、『白雪姫と鏡の女王』の方では、ジュリア・ロバーツがノリノリで演じている。2人とも、意地悪で嫉妬深いけれども、パワフルで権力を持った女ならではの怖さがあって迫力があった。

でも今度のスペイン製作のこの作品は、今まで見たことのないような、何ともオリジナリティに溢れたストーリー。スペインならではの白雪姫なんですよ!上品でクラシカルな映像美術、サイレント映画でありながら、伝統の古さを平気で壊す破格さをも感じさせるフレッシュな映像繋ぎ。斬新で目の醒めるような魅力に満ちているの。『アーティスト』を思い出す人も居るかもしれないけれど、それよりずっと面白いのがこちらの作品。

モノクロ映像に被る音楽がまたラテン音楽だったり、フラメンコの手拍子だけが鳴り響いくだけで、鳥肌が立ちそうになっちゃった。ブラボー!何て何てカッコイイの。まさか、白雪姫と闘牛がコラボするなんてね。ラストの心の高揚っぷりを是非経験してみて。マリベル・ベルドゥの憎らしげな継母も生き生きと演じていて素敵。全体的に、どこか血の匂いを感じるの。モノクロの中に情熱の赤を隠し持っている。死と隣り合わせの血、情熱の赤。見えないけれどひたひたと匂ってくる。濃厚で、だけどとても上品。。洗濯物に影絵が映り、くるりとターンして時間が流れるシーンなんて、とっても素敵。

blancanieves-twitter-screening_00

’12年、スペイン、フランス
原題:Blancanieves
監督・脚本・原案:パブロ・ベルヘル
キャスト:マリベル・ベルドゥ、ダニエル・ヒメネス・カチョ、アンヘラ・モリーナ、ホセ・マリア・ポウ、インマ・クエスタ

 

2013/10/13 | :アート・哲学

関連記事

『レッドタートル ある島の物語』 戻ってこないリアリティライン

心の繊細な部分にそっと触れるような、みずみずしさ。 この作品について語...
記事を読む

『ホース・マネー』 深い哀しみの中で封印された記憶

私がこの作品を見たのは、もう東京では終了間際だった。フリーパスポート期...
記事を読む

『LOVE 【3D】』 問題作にして、センチメンタルな“愛の定義“

3D技術が出来た時に、映画監督なら誰しも思いつくようなアイディア。 い...
記事を読む

『アンジェリカの微笑み』 オリヴェイラの美意識に酔う

マノエル・ド・オリヴェイラがとうとう亡くなってしまったのは去年(201...
記事を読む

ホセ・ルイス・ゲリン 『ミューズ・アカデミー』

幻惑する映像美を封じ込めての審美的議論。 能動的な誇大妄想狂の美という...
記事を読む

1,545

コメント(6件)

  1. おー!ということは昨日同じ回で観賞でした?
    書くの早いなあ(汗)
    最近忙しくてブログ全然手つかずで。

    そう、これ、「赤」なんだよね。私もそう思った。これは書く予定です。
    見えないけど赤が強烈!っていうのもスペインらしかった。私もこれ、推します!

  2. rose_chocolatさんへ

    こんばんは〜♪コメントありがとうございました。
    いやーすいません、実は試写会で鑑賞済みだったのでした。あ、枠は一人だったのですけどね。
    私もブログが今後、全然手つかずになりそう。またTIFFも始まっちゃうし、忙しくなりそうですね。

    おー、ロゼさんもモノクロなのに赤が強烈に思えましたか。想像力を刺激する力がどれほど強力なのか、って感じですよね。モノクロで極めて上品に見せながら、スペインらしい赤がまるですぐそこで色づいている感じ。
    roseさんの推し作品になりましたか!推しメンならぬ推しウーメン♪

  3. ブランカニエベス・・・・・評価額1700円

    純白のマタドール。

    「ブランカニエベス」とは、スペイン語で「白雪姫」の事。
    グリム童話をベースに、舞台を二十世紀前半のスペインに移し変え、数奇な運命を辿った美しき女闘牛…

  4. 「かぐや姫」も遭難ですけど、誰でも知ってる物語も切り口しだいでこんな斬新な映画になる。
    私はこの映画の構造と物語に、映画史のメタファーを見ましたが、それ故にモノクロ・スタンダードの無声映画というフォーマットにより説得力を感じました。
    カラートーキーじゃ絶対描けない実に映画らしい映画ですよ、これは!

  5. 遭難です× そうなんです○
    なんてこったい・・・(´~`;)

  6. ノラネコさんへ

    こんばんは〜♪コメントありがとうございました。

    >私はこの映画の構造と物語に、映画史のメタファーを見ましたが
    >それ故にモノクロ・スタンダードの無声映画というフォーマットにより説得力を感じました。

    そうなんですか!そこには気づきませんでした。まるで『アーティスト』みたいですね。

    私は、単にとても魅力的で見るべき価値のある映画として、理屈抜きで楽しめる素晴らしい作品だと思います。サイレントであるという理由で、観客が映画知識的に自分は足りないから見るべき映画ではない、などと考えずに見てくれるといいなと思います…。サイレントであることが、映画をチョイスする上でマイナス要因にならないことを祈るばかりです。
    何より、無声映画なのにここまで雄弁であることに驚いてしまいました。




管理人にのみ公開されます

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


スパム対策をしています。コメント出来ない方は、こちらよりお知らせください。
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...

【シリーズ秘湯】乳頭温泉郷 鶴の湯温泉に泊まってきた【混浴】

数ある名湯の中でも、特別エロい名前の温泉と言えばこれでしょう。 乳頭温...

2016年12月の評価別INDEX

年始に久しぶりに実家に帰ったんですが、やはり自分の家族は気を使わなくて...

とらねこのオレアカデミー賞 2016

10執念…ならぬ10周年を迎えて、さすがに息切れしてきました。 まあ今...

2016年11月の評価別INDEX & 【石巻ラプラスレポート】

仕事が忙しくなったためもあり、ブログを書く気力が若干減ってきたせいもあ...

→もっと見る

【あ行】【か行】【さ行】【た行】 【な行】
【は行】【ま行】【や行】 【ら行】【わ行】
【英数字】


  • ピエル(P)・パオロ(P)・パゾリーニ(P)ってどんだけPやねん

PAGE TOP ↑