rss twitter fb hatena gplus

*

全てのロードムービーの原点 『オン・ザ・ロード』

on-the-road_1ケルアックの『路上』!これがとうとう映画化される日が来るなんて。『路上』の好きな人なら、不安が大きいのも当然だし、見に行く気が起きない人が居てもおかしくはない。私も同じ気持ちだったし、実際にそんな風に言うシネフィルの人も居た。

でもでも!こんなに素晴らしい、最高の状態の『路上』になるとは!コッポラが映画化権30年経ってようやく実現させた企画だったとか。ウォルター・サレスの『モーターサイクル・ダイヤリーズ』は素晴らしかったけれど、それ以上に、撮影のエリック・ゴーティエが先に挙げた『モーターサイクル・ダイアリーズ』、そして『イントゥ・ザ・ワイルド』を担当していたとは。この流れはロードムービーの原点である『路上』を手がけるに十分な堂々たる経歴!映画化した際に本の魅力を失わなかった作品として語り継がれる傑作になりそう。むしろ、映画の方がより魅力を感じるぐらいでしたよ。

ケルアックの『路上』については…。もうとにかく、ロードムービーを見る毎にこの作品のことを思い出していた、と言っても過言ではないんですよ。それなのに、読んでいる間はとても惹かれていたのだけれど、読み終わると同時にすでに冷めている自分が居た。後から考えてみると、何故惹かれたのか、私には正直上手く答えられない。でも嵐のような印象だけが残っていて、それがいつまでも冷めやらぬ後味として心の中に残っていた作品。青春映画って大概そういうものかもしれない。後からごちゃごちゃと理屈をつけて語ろうとすると、途端に色失せたように感じ、突如として自分自身をオヤジ臭く感じるような。

この間、twitterで青春映画についてonoderaさんと話していたところ、ハッと気付かされたことがあった。私がとある青春映画について、最後に主人公が学ばないし成長もしていないことを不満点として挙げたところ、彼は「それこそが青春映画の魅力なんだ」と教えてくれた。なるほどそうか!と目から鱗が落ちた思い。この作品でも、ラストには時が経っていて、主人公はいつの間にか大人になっている。そこから何を学んだとか、賢くなってどのように変わったか、それは分からない。ただ時は流れて、突然に懐かしい思いに駆られる。だからこそ美しかったんだ。

というのが上手い説明になっているかどうかは、まだ分からないけれど。過ぎ去った青春について説教臭く語ったりしないこと。あの時もう少し自分が青くなければ、などと何度思い返してみても仕方がない。ただただ青くて、馬鹿で、だからこそ尊いもの。
on-the-road-image

’12年、フランス、イギリス、アメリカ、ブラジル
原題:on the Road
監督:ウォルター・サレス
製作:レベッカ・イェルダム、ロマン・コッポラ他
製作総指揮:フランシス・フォード・コッポラ、ジェリー・レイダー
原作:ジャック・ケルアック
脚本:ホセ・リベーラ
撮影:エリック・ゴーティエ
音楽:グスターボ・サンタオラヤ
キャスト:サム・ライリー(サル・パラダイス)、ギャレット・ヘドランド(ディーン・モリアーティ)、クリステン・スチュワート(メリールウ)、エイミー・アダムス、トム・スターリッジ、ダニー・モーガン、アリシー・ブラガ、エリザベス・モス、キルステン・ダンスト(カミール)、ヴィゴ・モーテンセン(オールド・ブル・リー)、テレンス・ハワード、スティーブ・ブシェミ

 

関連記事

レナード・カッスル 『ハネムーン・キラーズ』トリュフォーが夢中になった殺人カップル

トリュフォーが激賞した、“ロンリー・ハート事件”を描いたレナード・カッ...
記事を読む

『バクマン。』 ジャンプ王道指向プロ映画

よくある話なんですけど、小学校の時私も漫画書いてたんですよ。ストーリー...
記事を読む

『わたしに会うまでの1600キロ』 人生のリセット

ジャン=マルク・ヴァレの描く痛みは苛烈だ。情熱的な表現を得意としながら...
記事を読む

『幕が上がる』 溢れ出るももクロパワー!

ももクロは誰一人顔も分からない、何人グループかも知らない、“ももクロと...
記事を読む

リンクレイターの最新作が必見すぎる! 『6才のボクが、大人になるまで。』

リンクレイターは1周してしまった。トリュフォーが5本かけてやったことを...
記事を読む

2,126

コメント(2件)

  1. 全く同感です。
    すべてのロードムービーの原点はケアルックの「路上」だと思います。
    原作本も翻訳者が変わり別物に格段に良くなりました。

  2. ヒデさんへ

    こんばんは。初めまして、コメントありがとうございました。
    『路上』素晴らしいですよね。
    こちらの映画も、名作である原作に恥じない、映像の素晴らしさを感じることが出来ましたよ。
    新訳の方は特に読んでいませんので、旧訳との比較は出来ません…。




管理人にのみ公開されます

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


スパム対策をしています。コメント出来ない方は、こちらよりお知らせください。
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...

【シリーズ秘湯】乳頭温泉郷 鶴の湯温泉に泊まってきた【混浴】

数ある名湯の中でも、特別エロい名前の温泉と言えばこれでしょう。 乳頭温...

2016年12月の評価別INDEX

年始に久しぶりに実家に帰ったんですが、やはり自分の家族は気を使わなくて...

とらねこのオレアカデミー賞 2016

10執念…ならぬ10周年を迎えて、さすがに息切れしてきました。 まあ今...

2016年11月の評価別INDEX & 【石巻ラプラスレポート】

仕事が忙しくなったためもあり、ブログを書く気力が若干減ってきたせいもあ...

→もっと見る

【あ行】【か行】【さ行】【た行】 【な行】
【は行】【ま行】【や行】 【ら行】【わ行】
【英数字】


  • ピエル(P)・パオロ(P)・パゾリーニ(P)ってどんだけPやねん

PAGE TOP ↑