rss twitter fb hatena gplus

*

真夏に見る♪悪夢の清涼剤 『ペーパーボーイ 真夏の引力』

T0013799p_113年位前から、毎年「夏の大作ハリウッド映画には自分の好みの物が無い。」と言っている私。ハリウッド映画が特に嫌いというわけではないのだけれど、何故か毎年、夏の大作映画は肌に合わなくて。

でも、こういうアメリカ映画なら好きだなあ。アメリカの片田舎で起こる、奇妙に時空がねじれたような感覚を起こさせるような出来事。真夏の太陽がじりじり照りつける中映画館に入ったら、「一時悪い夢を見た」、そんな風に感じさせるような物語。映画館から外に一歩出た途端、陽の光もその暑さも、入るまでとはちょっと違うものに感じさせる映画。夏だからこそ、余計悪夢が心に染みる…。

こちら、小さな作品に感じさせられる割に、俳優が粒ぞろいなんですよね。ニコール・キッドマンの「40女のクレイジーなバービードール」っぷりもいい。まさか、彼女がここまでダーティーな役を立派にこなすなんて。『イノセントガーデン』もそうだけど、彼女の役どころは確実にポイントを押さえてる!

ザック・エフロンも、『ハイスクール・ミュージカル』で一躍トップアイドル俳優になったのに、まさかオシッコをかけられてしまう役だなんて!?マシュー・マコノヒーに至っては、今年もう断然、注目俳優。『キラー・スナイパー』でのキレキレ演技に始まって、『バーニー みんなに愛された殺人者』でも町の実力者たる検事役、この作品と来て、それから今年は何と言っても『マジック・マイク』!特筆すべきはもう彼って感じ。

もちろん、ジョン・キューザックの汚れっぷりも初めて見たような気がするし。つまりこの作品て、『キラー・スナイパー』と並んで“みんなの汚れっぷりに圧倒される映画”って感じ。うん、こういうのってもう、間違いがないでしょう!きっと『キラー・スナイパー』も、ジーナ・ガーションの役をニコールが演じていたら、公開されていたりして!?
でも、一番驚いたのはメイシー・グレイが出てるとこ。私、この人の声本当に好き!女中役でオーラはないけどいい感じ。

001_main

’12年、アメリカ
原題:the Paperboy
監督:リー・ダニエルズ
製作:ヒラリー・ショー、リー・ダニエルズ他
製作総指揮:ダニー・ディムボート、トレバー・ショート他
原作:ピーター・デクスター
脚本:ピーター・デクスター、リー・ダニエルズ
撮影:ロベルト・シェイファー
音楽:マリオ・グリゴロフ
キャスト:ザック・エフロン(ジャック)、ニコール・キッドマン(シャーロット)、マシュー・マコノヒー(ウォード)、ジョン・キューザック(ヒラリー)、デビッド・オイェロウォ(ヤードリー)、スコット・グレン(W.W.)、メイシー・グレイ(アニタ)、ネッド・ベラミー(タイリー)、ニーラ・ゴードン(エレン)

 

関連記事

『エル・クラン』 ブラックテイストな犯罪一家物語

アルゼンチンで大ヒットした、と聞いて思い出すのが去年の『人生スイッチ』...
記事を読む

『ヘイトフル・エイト』 密室の曲者揃い踏み!!

エンニオ・モリコーネのオスカー、おめでとう。この作品で獲りましたね。 ...
記事を読む

『ヴァバンク』ポーランドの国民的娯楽作

今年のポーランド映画祭でかかった81年の作品ですが、ポーランドでは誰も...
記事を読む

後味の悪い映画と言えばコレ! 『ファニーゲーム』

史上最強に後味の悪い映画として、悪名高き作品。 私は、DVDで見た時は...
記事を読む

『ピエロがお前を嘲笑う』 ドイツ発のサイバーサスペンス

ドイツ発のサイバークライム/ハッカーを描いたスリラー。 ギークな童貞主...
記事を読む

1,246

コメント(7件)

  1. とらねこさん、おはようございます。

    よかったですねコレ。
    ほんと、悪夢から放り出されたような感じ。
    役者陣もまんべんなくタガ外れてて。(笑)
    私、原作もいい感じで読みすすんでおります。

    きょうはプール
    明日は「ワールド・ウォーZ」。
    昨年よりぜったい涼しい有難き札幌の夏であります。
    そちらは昨年よりさらに暑いそうで大変そう。
    どうですか、この際、北海道へ移住しませんか?(笑)
    ああ、そちらの方々、長くて寒い冬がダメですもんね~
    (^ ^);

  2. vivajijiさんへ

    こんばんは〜♪コメントありがとうございました。
    クズとキチ◯イしか居ない作品でございましたが…私、大満足♪ディープなアメリカの暗部を見事に描き出した作品だと思います^^。沼映画としてもなかなか味わいがあって。

    明日はワールド・ウォーZですか。私も来週辺りに見ようかと思ってるんですが、もしかしたら違う作品にしてしまうかも…。
    明日は私は『青春トルコ日記 処女すべり』を見ますw

    いいなあ、北海道。今頃もやっぱり涼しいんでしょうか?こちらは刺すように暑いですー。
    そうそう、今年の初めにスキーしにニセコに行きましたよ。
    ブログ書かなかったんですが…。
    ジンギスカンにお寿司に牛乳!(これ大事!)ポテトとコーンと…美味しいものだらけですよね。札幌だったら十分都会だし。
    冬は残念ながら、雪だらけでほぼ動きたくなくなりそうです…。

  3. 爽やかそうなキービジュアルに惹かれて観に行ったんで、こんなビッチな映画とは思いもよらず(笑
    まあプレシャスの監督と分かって、なるほどなという感じです。
    若年系「スプリング・ブレイカーズ」塾女系「ペーパーボーイ」は今年の二大ビッチ映画では。
    しかしそのビッチの魅力的な事。
    これはやっぱりニコールの映画でした。

  4. ノラネコさんへ

    こんばんは〜♪コメントありがとうございました!
    アハハ!本当、ビッチビチな作品でしたねえ〜w。『プレシャス』のリー・ダニエルズ、前作とは傾向が全く違うとは言え、双方ともに最高!
    私はプレシャスは素晴らしいとは認めながらも、悲しくてやり切れない思いに駆られ、心底辛くなりました。今思い出しても泣けてくるぐらい…。でもこちらの方は心から大好き!

    ふふふ、『スプリング・ブレイカーズ』が若年ビッチ、『ペーパーボーイ』が熟女ビッチ、の双ビッチ作品、となww
    確かに!ノラネコさんもベストに入るかな?私、今年ホラーにあまり当たりがないためも手伝ってか、この辺りのボンクラ作を、こぞってベストに挙げそうな勢いですわい。もうボンクラづくし!




管理人にのみ公開されます

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


スパム対策をしています。コメント出来ない方は、こちらよりお知らせください。
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...

【シリーズ秘湯】乳頭温泉郷 鶴の湯温泉に泊まってきた【混浴】

数ある名湯の中でも、特別エロい名前の温泉と言えばこれでしょう。 乳頭温...

2016年12月の評価別INDEX

年始に久しぶりに実家に帰ったんですが、やはり自分の家族は気を使わなくて...

とらねこのオレアカデミー賞 2016

10執念…ならぬ10周年を迎えて、さすがに息切れしてきました。 まあ今...

2016年11月の評価別INDEX & 【石巻ラプラスレポート】

仕事が忙しくなったためもあり、ブログを書く気力が若干減ってきたせいもあ...

→もっと見る

【あ行】【か行】【さ行】【た行】 【な行】
【は行】【ま行】【や行】 【ら行】【わ行】
【英数字】


  • ピエル(P)・パオロ(P)・パゾリーニ(P)ってどんだけPやねん

PAGE TOP ↑