rss twitter fb hatena gplus

*

異文化カップルの毒舌コメディ 『ニューヨーク、恋人たちの二日間』

66588_1ジュリー・デルピー初の監督作、『パリ、恋人たちの二日間』以来の作品…と思いきや、こちらですでに監督4作目。途中、フランス映画祭で公開された『血の伯爵夫人』と、今年に特集上映で公開されてた『スカイラブ』とを挟んでの新作、ってことなのね。

相変わらずこの姉さん、自虐的&お下劣ギャグのオンパレード!前作であまりに下ネタの多さにビックリしてしまったのだけれど、今回ももちろん健在、というか腕によりをかけて下品になってるっていうね(笑)。

女として言わせてもらえば、下ネタの一つも出てこない同性の友人て、本当退屈なんですよね。本音トークが出来ないのと同じ。でも女性の半分は、大概はつまんない奴なんですよ。こういうアンチフェミ発言は嫌われてしまうんだけど、お上品ぶってる女、単純に言うことが面白くない女、本当に多いんですー。ユーモアのセンスって大事。この間、仲の良い友人が福岡に転勤で行ってしまって、ふと思ったのだけれど、女っていい年になると、あんまり一緒にふざけたりしてくれない。でもこの友人は、すごくイイ女なんだけど、一緒に居る間ずっとゲラゲラ笑い合えるような女性。彼女が居なくなってしまって本当に残念!もっと東京に居る内に会えば良かった。今度、東京に帰って来たら、近くに住む約束などしてしまったのでした。

で、話はそれてしまったのだけれど、ジュリー・デルピーもこういうタイプなんだろうな。素直であけすけで面白い女。一緒に居て、大爆笑もすれば、心の中のいろんな話が出来そう。ただ正直言えば、ちょっと時々ついていけないぐらい下品なんだけどね。私より下品だなんて、みんな大丈夫?ついていける?この作品に(苦笑)。

物語は自分に絶望しているアラフォー女性というところから始まる。正直、ジュリー・デルピーの老けっぷりには心が傷ついてしまった…。ああいう薄い顔の女性って、たとえ美しくはなくとも老けて見えない、と相場が決っている。…そう思っていたのに。太ったのもあるのかな。女優さんの老け姿には、何故だか傷ついてしまうのだけれど。絶望した姿のジュリー・デルピーに向かってアフリカ系アメリカ人が言う、「でも君はフランス女性だから」。そうでない人種はどうすればいいの?

今作は、終始カラっと笑える、人種の違うあるカップルのスレ違いが描かれる。正直、テーマが前作とほぼ変わっていなかったので、少し退屈してしまった部分もあったかな。それこそ、『ビフォア・サンセット』シリーズ同様、9年後に撮ったら良かったかもしれない!?さておき、等身大の彼女が描かれた“女の本音”シリーズ、さほど興味はなくともついつい足を運んでしまうのだから、やっぱり彼女は偉大だな。

ImPiOMtlZ3hJ0L8Ro8e3L0NHTrR2Lf04

’12年、アメリカ
原題:2 Days in New York
監督:ジュリー・デルピー
製作:クリストフ・マゾディエ、スコット・フランクリン、ジュリー・デルピー
脚本:ジュリー・デルピー、アレクシア・ランドー
撮影:リュボミール・バクシェフ
キャスト:ジュリー・デルピー(マリオン)、クリス・ロック(ミンガス)、アルベール・デルピー(ジャノ)、アレクシア・ランドー(ローズ)、アレックス・ナオン、ダニエル・ブリュール、ビンセント・ギャロ

 

関連記事

『帰ってきたヒトラー』 このご時世じゃ笑いたくてもワロエナイ!

ヒトラーは生きていた!? 「源義経はモンゴルに渡り、チンギス・ハーンに...
記事を読む

『神様メール』 新・新約聖書がもし書かれたなら

映画の面白さについて語るのはいつも難しいことだけれど、とりわけこの作品...
記事を読む

『これが私の人生設計』 窮屈なイタリア社会を笑う

イタリア映画祭で評判だったこの作品は、イタリアの国民性を感じるコメディ...
記事を読む

パン・ホーチョン 『愛のカケヒキ』 女同士のバトルが面白い!

中国映画週間にて。 そうか、香港は中国に返還されたから、“香港映画”で...
記事を読む

アレックス・デ・ラ・イグレシアでデラ上がる! 『グラン・ノーチェ!最高の大晦日』

ラテンビート映画祭にて鑑賞。 アレックス・デ・ラ・イグレシアに遅らばせ...
記事を読む

1,115

コメント




管理人にのみ公開されます

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


スパム対策をしています。コメント出来ない方は、こちらよりお知らせください。
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...

【シリーズ秘湯】乳頭温泉郷 鶴の湯温泉に泊まってきた【混浴】

数ある名湯の中でも、特別エロい名前の温泉と言えばこれでしょう。 乳頭温...

2016年12月の評価別INDEX

年始に久しぶりに実家に帰ったんですが、やはり自分の家族は気を使わなくて...

とらねこのオレアカデミー賞 2016

10執念…ならぬ10周年を迎えて、さすがに息切れしてきました。 まあ今...

2016年11月の評価別INDEX & 【石巻ラプラスレポート】

仕事が忙しくなったためもあり、ブログを書く気力が若干減ってきたせいもあ...

→もっと見る

【あ行】【か行】【さ行】【た行】 【な行】
【は行】【ま行】【や行】 【ら行】【わ行】
【英数字】


  • ピエル(P)・パオロ(P)・パゾリーニ(P)ってどんだけPやねん

PAGE TOP ↑