rss twitter fb hatena gplus

*

究極のイカダ映画 『コン・ティキ』

T0015438p海洋漂流物と言ったら今年、『ライフ・オブ・パイ』に続いてこの作品が来ましたよ~!しかも夏の暑い盛りの、今の時期にピッタリじゃない?

やっぱねー、男のロマンですよ。最高!くっそーいいなあ、憧れるよねーということをまんまとやってのけてしまう博士。自分の学説の正しさを証明するために、無謀な旅に出る。これって、憧れの究極的なものかもしれない。これこそ、自分がやってみたい最高の夢もしれない!そんな思いでいっぱいになってしまった。相変わらずノセられやすい私としては。

ポリネシアを発見したのはアジアではなく、南米のペルーだ!という自説の正しさを証明するために、筏(いかだ)で110日間の旅に出る。この旅の怖いところは、方向転換や自分で漕いだり出来る船ではなく、あくまでも海流に乗って海上を漂うだけのイカダだということ。計算通りに行かなければ、海に呑まれ一瞬でただの藻屑になってしまう、ということ。

自分の信念だけでこれをやってしまう、主人公トール・ヘイエルダール。事実を元にしたフィクション映画だから、当然安心して見ることは出来るのだけれど。この無謀な冒険に一緒になって旅立っていった男たちの、内心の不安を見るだに、「やっぱり無謀だよなあ」とつくづく思ってしまう。たとえば、「君が信じているものを否定するつもりはないが、現代文明の利器も使ってみてくれ。」とワイヤーを差し出されれば、それが筏の木と木を繫ぎ合わせる補強になると知りつつも、遠慮なく海に放り投げ捨てる!これ、なかなか心が折れるとおもいますよー、目の前でやられたら。

頼るべきものは信念の強さのみ!臆病風に吹かせられた同僚(約一名、冷蔵庫の営業マン)の不安がった顔がそこにあるだけでも、大分気持ちが削がれると思うもん。私だったら。肉体的にも精神的にもキツイ状態で、そのまま海流に抱かれるように、海の上を漂う。

ああっ羨ましい!私も一度やってみたい!

筏映画って、本当に素敵だな。もう、問答無用なんです。最高!

筏映画、他に『アギーレ 神の怒り』とかもありましたよね。後は、ボート映画でヒッチコックの『救命艇』。『激流』なんかも結構好きだったー。そして『ライフ・オブ・パイ』。まだ他にあるかな?イカダ映画。

’12年、イギリス・ノルウェー・デンマーク・ドイツ
原題:Kon-Tiki
監督:ヨアヒム・ローニング、エスペン・サンドベリ
製作:ジェレミー・トーマス
脚本:ペッター・スカブラン
音楽:ヨハン・セーデルクビスト
キャスト:ポール・スベーレ・バルハイム・ハーゲン(トール・ヘイエルダール)、アンダース・バースモー・クリスチャンセン(ヘルマン・ワツィンゲル)、ヤコブ・オフテブロ(トルステイン・ロービー)、トビアス・サンテルマン(クヌート・ハウグランド)、オッド・マグナス・ウィリアムソン(エリック・ヘッセルベルグ)、グスタフ・スカルスガルド(ベングト・ダニエルソン)、アグネス・キッテルセン(リブ・ヘイエルダール)

 

関連記事

『ジャクソン・ハイツ』 ワイズマン流“街と人”社会学研究

去年の東京国際映画祭でも評判の高かった、フレデリック・ワイズマンの3時...
記事を読む

『AMY エイミー』 今世紀一番ロックだったひと

エイミー・ワインハウスの名前は正直言って聞いたことがある程度で、特にフ...
記事を読む

『極私的エロス 恋歌1974』 40年前の日本女性の逞しさに惚れる

『ゆきゆきて、神軍』を撮った原一男監督作品。シネマヴェーラの「フィクシ...
記事を読む

20年来の愛を超えた告白 ツァイ・ミンリャン最新作 『あの日の午後』

何なんだろう、この愛は。最新作がこんな愛剥き出しの告白とは。驚き呆れ果...
記事を読む

ジャファール・パナヒ 『タクシー』 現実か否か?

東京フィルメックス映画祭にて鑑賞。 『チャドルと生きる』、『オフサイド...
記事を読む

1,594

コメント(1件)




管理人にのみ公開されます

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


スパム対策をしています。コメント出来ない方は、こちらよりお知らせください。
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...

【シリーズ秘湯】乳頭温泉郷 鶴の湯温泉に泊まってきた【混浴】

数ある名湯の中でも、特別エロい名前の温泉と言えばこれでしょう。 乳頭温...

2016年12月の評価別INDEX

年始に久しぶりに実家に帰ったんですが、やはり自分の家族は気を使わなくて...

とらねこのオレアカデミー賞 2016

10執念…ならぬ10周年を迎えて、さすがに息切れしてきました。 まあ今...

2016年11月の評価別INDEX & 【石巻ラプラスレポート】

仕事が忙しくなったためもあり、ブログを書く気力が若干減ってきたせいもあ...

→もっと見る

【あ行】【か行】【さ行】【た行】 【な行】
【は行】【ま行】【や行】 【ら行】【わ行】
【英数字】


  • ピエル(P)・パオロ(P)・パゾリーニ(P)ってどんだけPやねん

PAGE TOP ↑