rss twitter fb hatena gplus

*

フランス映画祭で見て来ました 『アナタの子供』

PROPOSITION-CINEMA痛いところを、何かとグリグリ抉(エグ)られる話ではありました。要は、熱烈に愛し合ったけれども別れてしまった男女が、再会してグダグダと泥沼を深くしていく話。竹を割ったような性格(?)の私に言わせれば、2人共どっちつかずで、見ていて「モギャー!」と発狂しそうにもなったけれど。

この手の話は、何となく覚えがあるような感情が描かれているので、見ていてこちらまで胃が痛くなってくる。再会一度目、元彼に未練があるというよりは恨みが深く、「あなたを忘れたから会う決心がついた」などと言ってみたり。そもそも本気で恨んでいたら、そんな自分の姿など見せたくないだろうに。…などと、すっぱり割り切れないのが人間。

この“再会◯度目”という言葉を二人が心の内で数えていたこと、これには引っかかりを感じたりもする。その後回を重ねる度に、彼らの感情や間に流れるものが形を変えていく。ドワイヨン監督がQ&Aで語ったように、「人間は波打つ存在である」と。主人公の思いはそりゃあ波打って、言ったそばから自身の言葉を裏切り続ける。「あなたにはもう会わない」と言った次の瞬間に、画面が切り替わって二人が会っていたり、ということはよくあることで…。

主人公アヤ(ルー・ドワイヨン)とルイ(サミュエル・ベンシェトリ)、二人の今の彼氏/彼女も、否応なしに巻き込んでいく。彼氏のヴィクトール(マリック・ジディ)も寛容さを示してみたかと思えば、影で奸計を巡らしてみたり。自分は若いから、と余裕を見せていたルイの彼女のガエル(マリリン・フォンテーヌ)は、そのこだわらなさが自分の敗北の原因だと悟り、去っていく。

以下、ネタバレで語ります*****************

o06400461main_large
いろいろ紆余曲折を経て終わってみれば、3人の物語ではなく、そのバランス力学は最初から傾きがあったのかも。所詮二人の物語で、その痛みを伴った復縁の難しさ、葛藤、苦悩。そんな話だったなあ、と思う。それこそ「二人の裸の男女のところへ、土足で踏み込んで来れるもう一人の男」だなんて。彼が勝利するよね。

この作品のタイトルも『アナタの子供』だけれど、そもそも「アナタの子供が欲しい」と一緒になるはずだったヴィクトールという婚約者の存在。それがこれほど薄かったとはね…。

そして、天使のような愛娘リナ(オルガ・ミシュタン)の存在。彼女が本当に可愛くて、この神経を擦り減らすような泥沼恋愛劇の中でたったひとり、光り輝いているように見えたのでした。

P.S.…それにしても、ルー・ドワイヨンは本当にジェーン・バーキンにそっくり。

’12年、フランス
原題:Un enfant de toi
監督・脚本:ジャック・ドワイヨン
製作:ヨリック・ル・ソー他
撮影:レナート・ベルタ
キャスト:ルー・ドワイヨン(アヤ)、サミュエル・ベンシェトリ(ルー)、マリック・ジディ(ヴィクトール)、オルガ・ミシュタン(リナ)

 

関連記事

『キャロル』 女性の心理はファッションに表れる

行間こそ映像力!…と、最近思う。 物語の合間に立ち昇ってくる何か。 こ...
記事を読む

『三人の結婚』 恋愛はいつだって修羅場ゲーム

恋愛の駆け引きはゲームに見せかけて、真剣勝負。 ドワイヨンの恋愛活劇は...
記事を読む

『アタラント号』 夫婦は何かを乗り越えるべし

「映画史上の傑作」特集にて、ようやく鑑賞が叶った作品。何故見たかったか...
記事を読む

『コシュ・バ・コシュ 恋はロープウェイに乗って』 ロープウェイ映画の傑作

バフティヤル・フドイナザーロフの、『少年、機関車に乗る』に続いての長編...
記事を読む

『ラブバトル』 男と女はいつも泥沼

齢70歳にして、これですか〜… いやあ、フランス人はさすがだな!
私の...
記事を読む

2,446

コメント(2件)

  1. これね・・・。 私はかなり険しかったです。
    淡々と家の中のような会話を見せられているのが辛かったです。しかも尺が長い。
    「脚本がほぼない」ことの功罪っていうのかな。それを考えさせられました。

  2. rose_chocolatさんへ

    こんばんは〜♪コメントありがとうございました。
    厳しかったですか。これ、私のTLでは、上半期ベストに上げている人も結構な数居ましたけど、roseさんは駄目ぽでしたか。

    ヒロインのアヤが、気持ちがグラグラ揺れる様を見せられる映画でしたから、割とそれに映画自体が振り回されるとも言えますしね。
    「アナタの子供」を持つ、という状態になって急に本能的に、「この男よりも他の男の子供が欲しい」と思うものかもしれないな。なんて思いました。




管理人にのみ公開されます

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


スパム対策をしています。コメント出来ない方は、こちらよりお知らせください。
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...

【シリーズ秘湯】乳頭温泉郷 鶴の湯温泉に泊まってきた【混浴】

数ある名湯の中でも、特別エロい名前の温泉と言えばこれでしょう。 乳頭温...

2016年12月の評価別INDEX

年始に久しぶりに実家に帰ったんですが、やはり自分の家族は気を使わなくて...

とらねこのオレアカデミー賞 2016

10執念…ならぬ10周年を迎えて、さすがに息切れしてきました。 まあ今...

2016年11月の評価別INDEX & 【石巻ラプラスレポート】

仕事が忙しくなったためもあり、ブログを書く気力が若干減ってきたせいもあ...

→もっと見る

【あ行】【か行】【さ行】【た行】 【な行】
【は行】【ま行】【や行】 【ら行】【わ行】
【英数字】


  • ピエル(P)・パオロ(P)・パゾリーニ(P)ってどんだけPやねん

PAGE TOP ↑