rss twitter fb hatena gplus

*

オーソドックスな古典的ホラー 『ポゼッション』

o065004231021262_650基本に忠実なホラーなのだけれど、画がとても良くて、こだわりが感じられるんですよね。物語がゆっくり進むのも、ホラーであれば前半はこれぐらい丁寧に見せて欲しいよね、という焦らしの部分、「ここはきちんとやらなきゃ駄目なとこ!」と十分分かってやってる感じがするのでした。

呪いの小箱を手に入れたことから、次第次第に箱に引きこまれ、囚われていく次女。箱の鏡に映った顔が歪んで白目を剥いているかのように見えたり、口から指がニュッと出て来たり、ブランコに乗る少女の姿が邪悪な顔で振り向いたり。恐ろしいというよりは、むしろ美しい!と思ってしまうほど、良い画のシーンが多くて「うん、こういうの好きなのね!分かる分かる!」とグッと来てしまいました。

ただ、想定範囲外のことがほとんど起こらないので、もう少し驚きがあっても良かったかも。個人的に、時間がやけに長く感じてしまったところがちょっと残念。

この先、ちょいネタバレ*************

 

でも、実際にインターネットのオークションサイト「eBay」に“ディビューク”を封印した小箱が掲載されたことをヒントに、この作品が作られたらしい。そう考えると、物語の多少の味気なさにも、「このまま実話として存在したかもしれない」と想像すると、(いや!あったに違いない!)嫌でもワクワクしてしまう。だって、ヘルレイザーの小箱はリアリティの無い悪魔たちがドバーンと出て、突然違う世界の扉が開けてしまうけれど、こちらはあくまでも(ジョークではありましぇん)、本当にありそうな展開なんですよね。顔からドバっと手が出るシーンは、一瞬映るけれどあれはちょっぴり笑ってしまった。

それにしても、体内に居る悪魔の形が、レントゲンに映っちゃうというのは新しすぎてちょっぴりお口アングリ…。

’12年、アメリカ
監督:オーレ・ボールネダル
製作:サム・ライミ、ロバート・G・タパート他
製作総指揮:スタン・ワートリーブ、ピーター・シュレッセル他
脚本:ジュリエット・スノードン、スタイルズ・ホワイト
撮影:ダン・ローストセン
音楽:アントン・サンコー
キャスト:ジェフリー・ディーン・モーガン、キーラ・セジウィック、マディソン・ダベンポート、ナターシャ・カリス、グラント・ショウ、マティスヤフ

 

関連記事

『ヒメアノ~ル』 塚本遺伝子の本気汁

今年の邦画ベスト1はこれでしょう。 テンポの上手さに心を掴まれてしまう...
記事を読む

『アイアムアヒーロー』 邦画ゾンビのイキのイイ傑作!

「邦画にしては、珍しく出来の良いゾンビ映画」との呼び声の高かった今作。...
記事を読む

『ノック・ノック』 浮気男はとりあえず、ぷっころす♪

時々やり過ぎがちなボクちゃん、イーライ・ロス 前回の『グリーン・インフ...
記事を読む

『グッドナイト・マミー』 未公開映画特集の中に優れたホラー発見!

こんなに面白い作品が未公開だなんて、勿体無い! マンション内で繰り広げ...
記事を読む

リア充がセ●クスババ抜き&鬼ごっこ 『イット・フォローズ』

タランティーノ絶賛の声が聞こえてきたが、どんなもんかと。 開けてみたら...
記事を読む

1,771

コメント(6件)

  1. >物語がゆっくり進むのも、ホラーであれば前半はこれぐらい丁寧に見せて欲しいよね、という焦らしの部分、「ここはきちんとやらなきゃ駄目なとこ!」と十分分かってやってる感じがするのでした。


    するのでした!

    >ブランコに乗る少女の姿が邪悪な顔で振り向いたり。恐ろしいというよりは、むしろ美しい!と思ってしまうほど、良い画のシーンが多くて「うん、こういうの好きなのね!分かる分かる!」とグッと来てしまいました。


    来てしまいました!

    >想定範囲外のことがほとんど起こらない

    パンチラは想定範囲外なので自分は「ヨシ!」と確信しまして時間が短く感じれました でへへ

    >体内に居る悪魔の形が、レントゲンに映っちゃうというのは新しすぎてちょっぴりお口アングリ…。

    そうですね これはアカンと思います

    そんなわけで この映画は好きです
    主演女優さんが素晴らしいです

  2. よしはらさんへ

    こんばんは〜♪コメントありがとうございました。

    ですよね、ですよね!これ、シンプルでオーソドックスなんですけど、嫌な感じはしないですよね。
    よしはらさんの方が私よりずっと、この作品好き好きな印象ではありますけど、
    ここアリ!…てのとここは無し!のポイントが重なってて、あーうれしいな♪^^*

    パンチラの「良しっ!」ぷりには負けますがw

    そうそう、主演女優の子!初め、出て来た時はお姉ちゃんの方が美人さんなのかな、と思ったんですが、物語が進むに連れて、下の子の方がポテンシャルが高いのを感じましたよ〜。

  3. きちんとできてて、よかったです。
    悪魔つきということで、それ以上の怖さを出すのは難しかったのかも。
    はじめは、お姉ちゃんと2人で、どっちが…? と思いましたが、途中から主役と脇役に分かれちゃいましたね。

  4. ボーさんへ

    こんにちは〜♪コメントありがとうございました。
    うわー!すいません!
    いただいたコメントが、何故かスパム扱いになってしまってました。
    スパムがたくさん届くため紛れてしまい、気づくのに時間がかかってしまいました!スミマセン…。
    エログロ系記事の場合だと、時々スパム扱いされてしまうことがあるみたいで><。。

    そうそう、なかなか良く出来てましたよね!当たり前のことをちゃんと出来てる、安心印のホラーという感じで。
    そうそう、お姉ちゃんの方が最初は可愛いかな?と思ったんですが、後からしっかり主役として活躍してた妹ちゃん、いくら小さいとは言え、こういうのって役者の力量ですよねえ。




管理人にのみ公開されます

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


スパム対策をしています。コメント出来ない方は、こちらよりお知らせください。
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...

【シリーズ秘湯】乳頭温泉郷 鶴の湯温泉に泊まってきた【混浴】

数ある名湯の中でも、特別エロい名前の温泉と言えばこれでしょう。 乳頭温...

2016年12月の評価別INDEX

年始に久しぶりに実家に帰ったんですが、やはり自分の家族は気を使わなくて...

とらねこのオレアカデミー賞 2016

10執念…ならぬ10周年を迎えて、さすがに息切れしてきました。 まあ今...

2016年11月の評価別INDEX & 【石巻ラプラスレポート】

仕事が忙しくなったためもあり、ブログを書く気力が若干減ってきたせいもあ...

→もっと見る

【あ行】【か行】【さ行】【た行】 【な行】
【は行】【ま行】【や行】 【ら行】【わ行】
【英数字】


  • ピエル(P)・パオロ(P)・パゾリーニ(P)ってどんだけPやねん

PAGE TOP ↑