rss twitter fb hatena gplus

*

ホラー集大成deお祭り騒ぎ! 『死霊のはらわた』

20120228-4-この弁当凄くない?これ1、2年位前だったかな。twitterで回ってきた「死霊のはらわた弁当」。トラウマ級の弁当ですよね。箱の蓋開けてこんなん出て来たら、勉強なんか頭に入らんわ^^;

本人製作によるリメイクということで、ずーっと前から楽しみにしていた今作。ただ、よくよく考えたらサム・ライミのプロデュース作品て、多分にイマイチだったりするんですよね。そう気づいて、あんまり楽しみにするのもアレかあ、と思い直す私。しかし、公式HPこそ簡易に出来上がっているけれど、公式Tumblrが(英語版しかありませんけど、いいですね?了解しました?なんて確認をされてから飛ぶようになってる)メチャメチャ良くて。Tumblrでは一般の人が手を入れたアートワークがたくさんUPされているのだけれど、いかにオリジナルを好きな人たちが大勢居るか、皆が楽しみに待ち、盛り上がっている様がヒシヒシと伝わって、否が応でも私も盛り上がってしまったのですよ。この「死霊のはらわた」アート群が素晴らしいものばかりだったので、自分のブログを美術館みたいに飾りたーい♪と思った私でした。

死霊のはらわた
映画の方は、ちゃんと楽しめるものに仕上がっていたと思う!オリジナルのキレの良さ、シンプルさが好きな私には、少しガチャガチャした印象に思えたけれど、基本はちゃんと抑えてるし、何が何でも楽しませよう!という精神が好感度高し。何種類もの武器を使ったり、いろんなタイプの切り株描写にも細かい工夫を感じられて素晴らしい。勢いの良い直球ホラーの気持ちよさをちゃんと堪能出来てしまった。さらにラストシーンにかけてのオリジナルへの裏切りっぷりなど、オリジナルとの違いを出そうと苦心している様が感じられるんですよね。tumblr_mlqs9rdds71rk3dugo1_500
オリジナルとは違うラストを目指し始めた辺りから、「まだ終らないぜベイベー!」とばかりにさらに頑張っていく感じ、嫌いじゃないです。いいと思いまーす。楽しければいいんだから!みたいな精神を感じたり。

tumblr_ml39koymMB1rk3dugo1_500なんか『キャビン』みたいな作品でしたよ。『リング』みたいだったり、『キャリー』っぽいシーンがあったり、『悪魔のいけにえ』っぽくなったり、『シャイニング』ぽかったり、『死霊のはらわた』と言いながら、実はオールスターキャスト!?みたいな。『殺し屋1』みたいな死に方のシーンもあったし、ラストなんてブルース・キャンベルが「Smoking!」ってこの台詞、それ『マスク』のジム・キャリーの決め台詞だよね。角度でも同じだし。…あ、でもフレディだったのかな?フレディもあの角度だよね。オリジナル以前からの朋友ブルース・キャンベルが出てる!てだけで嬉しくなりますよね。tumblr_mkjmtvAGcE1rk3dugo1_500
ただ、地下室の使い方や、鏡の割れるシーンの怖さ、霊に取り憑かれた仲間の豹変した姿など、後のホラーにいくらでも見られるこの作品へのオマージュが、せっかくのリメイクで少し物足りないものになっていたこと、これはちょっと痛恨のポイント減でしょう。木に犯されるシーンの異常なテンションなどは、あまりにアッサリしていてガッカリ。それぞれの印象的なシーンほど、そのままにやることへのためらいがあるのか、結果的にオリジナルの持ってるレベルへ到達出来ていないんですよね。レイプシーンやヴードゥーのシーンに至っては、オリジナルをリスペクトすらしていないんじゃないか、と思えるぐらいアッサリしたものになっていた。tumblr_mlrx58oDQF1rk3dugo1_500
個人的に良かったのは、死ぬ前に膝枕をするシーンの画面の馬鹿馬鹿しさ。しかしその後、オタクロン毛青年がひきつったように笑い出してしまうことにより、笑いを保つことが出来ず白けたものになってしまうんですよね。逆にライミホラーの楽しさの難しさ、照れない・ブレないことへの難しさをふと感じてしまった。

ただ、すごく楽しく満足出来た割に、書き始めたらいつの間にか文句がたくさん出てしまったのは、私がオリジナルを好きすぎるせいだと思う。なんたって、15の時から好きなホラーなんですよ。

ヤンキーの友人と一緒に見たのだけれど、この彼女、学年で一番綺麗な一番の不良の子でした。人形みたいな綺麗な子だったのだけれど、暴走族の頭と付き合っていて、時々顔に痣を作って学校に現れた。彼女が家にたまにしか帰らないので、親に殴られたらしい。

で、この彼女、森のレイプシーンで、「この女絶対感じてる」って言ったんですね。私はあの台詞が忘れられなくて…。私は15なので当然処女だった訳ですけど、「この女、やってるな…!」と思った。この作品は私にとっての初ホラーであり、大人への階段を登る一歩でもあったんだナ〜なんて、思ったりしますw。

監督:フェデ・アルバレス
製作:ロブ・タパート、サム・ライミ、ブルース・キャンベル
製作総指揮:ネイサン・カヘイン、ジョー・ドレイク他
脚本:フェデ・アルバレス、ロド・サヤゲス
撮影:アーロン・モートン
キャスト:ジェーン・レヴィ(ミア)、シャイロー・フェルナンデス(デビッド)、ルー・テイラー・プッチ(エリック)、ジェシカ・ルーカス(オリビア)、エリザベス・ブラックモア(ナタリー)

tumblr_ml55wa7NgV1rk3dugo1_500tumblr_ml55zl9ATg1rk3dugo1_500tumblr_ml5n7rMzVg1rk3dugo1_500tumblr_mlb8iyXb0N1rk3dugo1_500 tumblr_mkqw7ugy5C1rk3dugo1_500

 

関連記事

『ヒメアノ~ル』 塚本遺伝子の本気汁

今年の邦画ベスト1はこれでしょう。 テンポの上手さに心を掴まれてしまう...
記事を読む

『アイアムアヒーロー』 邦画ゾンビのイキのイイ傑作!

「邦画にしては、珍しく出来の良いゾンビ映画」との呼び声の高かった今作。...
記事を読む

『ノック・ノック』 浮気男はとりあえず、ぷっころす♪

時々やり過ぎがちなボクちゃん、イーライ・ロス 前回の『グリーン・インフ...
記事を読む

『グッドナイト・マミー』 未公開映画特集の中に優れたホラー発見!

こんなに面白い作品が未公開だなんて、勿体無い! マンション内で繰り広げ...
記事を読む

リア充がセ●クスババ抜き&鬼ごっこ 『イット・フォローズ』

タランティーノ絶賛の声が聞こえてきたが、どんなもんかと。 開けてみたら...
記事を読む

2,888

コメント(7件)

  1. キャラ弁・・・・w
    よくでき過ぎでしょ。
    これオカンに作られたらもはや嫌がらせσ^_^;

  2. ノラネコさんへ

    こちらにもありがとうございます。
    そうそう、究極のキャラ弁!でもこれ、弁当の蓋にチェーンとかついてるし、多分、食べる用に作られた弁当では無いですよね。
    私もキャラ弁を作れるお母さんになりたいなあ♪さすがに、これは真似しませんがw

  3. 2013年版、やっと観ました。
    本寸法のホラーを充分堪能した・・・、のに、何故かケチを付けたくなる作品でした。
    オリジナル版でさえ、最近漸く見た新参物ですが・・・
    「面白いけど、何か違うなぁという思い。」その思いが吹っ飛んだのが最後の最後でのブルース・キャンベル登場のバカバカしさ。
    あれにも元ネタがあるんですね。

  4. imaponさんへ

    こんばんは〜♪コメントありがとうございました!
    お、見ましたか、リメイク版!この間imaponさんは、きちんとオリジナルを予習されてましたよね♪
    私も、こちらはなかなか良くて楽しめたことは楽しめたんですが、なんかちょっとユーモアの無い感じがイマイチ、ライミ版とセンスが違ってて…。
    私もなんだかんだ文句を付けたくなってしまった今作でした。
    ブルース・キャンベルは確かにちょっとビックリでしたね。ゲゲゲの鬼太郎の終わり方みたい…。




管理人にのみ公開されます

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


スパム対策をしています。コメント出来ない方は、こちらよりお知らせください。
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...

【シリーズ秘湯】乳頭温泉郷 鶴の湯温泉に泊まってきた【混浴】

数ある名湯の中でも、特別エロい名前の温泉と言えばこれでしょう。 乳頭温...

2016年12月の評価別INDEX

年始に久しぶりに実家に帰ったんですが、やはり自分の家族は気を使わなくて...

とらねこのオレアカデミー賞 2016

10執念…ならぬ10周年を迎えて、さすがに息切れしてきました。 まあ今...

2016年11月の評価別INDEX & 【石巻ラプラスレポート】

仕事が忙しくなったためもあり、ブログを書く気力が若干減ってきたせいもあ...

→もっと見る

【あ行】【か行】【さ行】【た行】 【な行】
【は行】【ま行】【や行】 【ら行】【わ行】
【英数字】


  • ピエル(P)・パオロ(P)・パゾリーニ(P)ってどんだけPやねん

PAGE TOP ↑