rss twitter fb hatena gplus

*

124★次の朝は他人

’11年、韓国
原題:the Day He Arrives
監督・脚本:ホン・サンス
撮影:パク・ヨンヨル、ジ・ヨンジョン
キャスト:ユ・ジュンサン(ユ・ソンジュン)、キム・サンジュン(ヨンホ)、ソン・ソンミ(ポラム)、キム・ボギョン(キョンジン/ソン・イェジン)、コ・ヒョンジョン(映画ファン)

正直言うと、『高地戦』の後に見てしまったのがいけなかったのかもしれない。正直言うとこの監督さん、自分とはあまり肌が合わない感じがしますです。他人の恋愛話は、うん確かに、面白い部分もあるんですよ。自分と似たようなことをしている訳だし。頑張って!リア充乙!以上!という感じになってしまったのでした。ああ、私っていつからこんな非リア充体質になってしまったのー?



私は『ハハハ』とこれしか見ていないのだけれど、全く同じ台詞があるんですよ。「あいつは、ピアノを弾かなければいい奴なのに」という台詞が。「私ってどう見える?」とかね。さらにまた今回も似たような、自分の半径100m範囲内の恋愛物語。彼らが行く場所は、酒場・お洒落な酒場・居酒屋、ここをグルグル回るのみ。呑みながら喋る彼らの会話も退屈この上なく、決して刺激のあるものではないのでした。

主人公は4本映画を撮ったけれども、今は人に教える仕事しかしていない、ノンビリモードな田舎暮らし。映画は撮りたくても撮れない状況を強いられているのか、それとももう撮らないつもりで居るのかが分からない。何にせよ、後ろめたく思っているところがとてもリアルで、あの心理は何となく分かる気がする。「映画監督」という職業は言ったもん勝ちなの?^^; 確かにそうなのかもしれない。なんだかどの職業も、バンドマンとあんまり変わらないのね。(「バンドマン」て言い方は今は古いか?でも、「ミュージシャン」て言い過ぎじゃん。)

ソウルには通り過ぎるつもりでやって来たのに、以前の知り合いと会って飲むことになり、ズルズルと腰を上げることが出来ない状況でいる。この設定がなかなか面白かった。女性に対するスタンスも、本気にはもうなりたくないのか、誰とも本気になれない気持ちなのか、とにかく真剣さは無い。一晩過ごした翌日に、「頑張って生きて行け、日記を毎日書け(三行でもいいから)」みたいなロクでもないアドバイスをする姿に、私だったら心底ウンザリ。相手への嫌悪と自己嫌悪ですっかり凹んだ気分を体験させてもらったけれど、相手の女性は真面目に聞いてて馬鹿みたい。

 

関連記事

『キャロル』 女性の心理はファッションに表れる

行間こそ映像力!…と、最近思う。 物語の合間に立ち昇ってくる何か。 こ...
記事を読む

『三人の結婚』 恋愛はいつだって修羅場ゲーム

恋愛の駆け引きはゲームに見せかけて、真剣勝負。 ドワイヨンの恋愛活劇は...
記事を読む

『アタラント号』 夫婦は何かを乗り越えるべし

「映画史上の傑作」特集にて、ようやく鑑賞が叶った作品。何故見たかったか...
記事を読む

『コシュ・バ・コシュ 恋はロープウェイに乗って』 ロープウェイ映画の傑作

バフティヤル・フドイナザーロフの、『少年、機関車に乗る』に続いての長編...
記事を読む

『ラブバトル』 男と女はいつも泥沼

齢70歳にして、これですか〜… いやあ、フランス人はさすがだな!
私の...
記事を読む

1,263

コメント(3件)

  1. 昨日コメントしようと思ったのですが睡魔に負けました(笑)


    あり得ないっちゃあり得ない話でしたね。
    朝起きて、「何であたしこんなのと付き合ってるんだろ?」とか、ふと思う瞬間とかってもしかしたらあるようにも思うんだよね。そのあり得なさが何となく浮かんでしまった私にとって、これってアリなのかも?と思えてしまったのでした。
    でも、普通に考えたら噴飯ものでしょうね(笑)

  2. rose_chocolatさんへ

    こんばんは〜♪コメントありがとうございました。

    そうそう、roseさんとは映画がカブっているので、たくさんお話できますよね〜!

    ふーん、roseさんには「あり得ない話」のように思われたんですね。確かに、「よくある話ですよね」なんて言われたら、「どんだけ遊んでるんだ」という話になりますがw。

    でも、一晩過ごして翌朝は他人のよう…というのはそんなに「ない」話とも思いませんよー。
    ただ、Hした翌日に、「立派に生きていけよ」なんて偉そうに余計なお説教まで聞かされた日には、「うわあコイツのハズレっぷりキツイ」って私なら思いますw。まあ、この作品は言わばダメ男の話でした。それも、監督自身の姿を思わせるという。…そんなリアリティはものすごくありましたww




管理人にのみ公開されます

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


スパム対策をしています。コメント出来ない方は、こちらよりお知らせください。
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...

【シリーズ秘湯】乳頭温泉郷 鶴の湯温泉に泊まってきた【混浴】

数ある名湯の中でも、特別エロい名前の温泉と言えばこれでしょう。 乳頭温...

2016年12月の評価別INDEX

年始に久しぶりに実家に帰ったんですが、やはり自分の家族は気を使わなくて...

とらねこのオレアカデミー賞 2016

10執念…ならぬ10周年を迎えて、さすがに息切れしてきました。 まあ今...

2016年11月の評価別INDEX & 【石巻ラプラスレポート】

仕事が忙しくなったためもあり、ブログを書く気力が若干減ってきたせいもあ...

→もっと見る

【あ行】【か行】【さ行】【た行】 【な行】
【は行】【ま行】【や行】 【ら行】【わ行】
【英数字】


  • ピエル(P)・パオロ(P)・パゾリーニ(P)ってどんだけPやねん

PAGE TOP ↑