rss twitter fb hatena gplus

*

113★残酷メルヘン 親指トムの冒険

’10年、フランス
原題:Le Petit Poucet
監督:マリナ・ドゥ・ヴァン
脚本:マリナ・ドゥ・ヴァン、ベルトラン・サンティーニ
製作:シルベット・フリードマン、ジャン=フランソワ・ルプティ
原作:シャルル・ペロー
撮影:バンサン・マチアス
音楽:アレクセイ・アイグイ
キャスト:ドニ・ラヴァン、アドリアン・ドゥ・ヴァン、レイチェル・アルディティ、バレリー・ダッシュウッド、イリアン・カラバー



なかなかありそうでなかった、残酷童話メルヘン物。

とても丁寧な作りの、よく出来たホラー・ファンタジーで、怖くはないけれど雰囲気がバッチリ。
「現代の童話」とでも言うべき、現実にどこか即した、リアリティのある怖さと、「うわあそんな」という現実から離れたファンタジー部分の、このフュージョン(融合)ぷりが素晴らしい。こういう映画が見たかったし、今後も作られればいいのになあと思ってしまうほど、大好きな分野でした。でも、この作品ほど完成度の高いものはなかなか望めない。それほど面白いのです。
(それなのにレイトショー限定公開だなんて、本当に残念!)

マリナ・ドゥ・ヴァンは、これまでオゾンの『8人の女たち』や『まぼろし』の脚本家で、さらに『イン・マイ・スキン』の監督兼脚本(出演も)もしていたのです!なんとっ。「さすが、良く練られたいい脚本だなあ」と思ったのですが、それも当然の出来だったのですね。ちなみに私『まぼろし』は大好きな作品(『イン・マイ・スキン』は結構怖いので、見る前に覚悟してからどうぞ)。
ここに挙げたどの作品も、全て脚本の完成度が相当なもので、どれも面白く、退屈をさせない驚くべき展開のものばかりだと思いませんか?

時代は、飢餓の蔓延する片田舎。トムとその4人兄弟の家族は、ひっそりと森に住んでいます。働いても次第に手に入る食べ物は減ってきて、仕方なしに父親は口減らしを考える・・・というストーリー。

何より、「食べる」という行為は、この本能こそが私達を生かしているんだ、と。当然分かってはいるけれども、普段改めて考えたりはしない。そんなことを再認識させられるホラーでした。家族たちは食べるためにウサギを殺そうとするが、その時に「太らせてからにしよう」と「長男の誕生日である、次の日曜日まで」待つことにします。この全く同じ台詞を、兄弟達は鬼に捕まった時に言われてしまう。「太らせてから食べよう」「末娘の誕生日の翌日の日曜まで」、と。彼らはこの間ウサギたちを「生きるために食べた」けれども、今度は自分たちが食べられる方に回る。

作品の中では、執拗に「食べる」行為が繰り返されます。
「食べること」は生命に結びついていて、食べられない危機は命を脅かすものであり、食べられるという恐怖も味わうことの出来るホラー。ここで描かれる「食べる」シーンが強烈であるのは、普段こうしたことに考えを巡らせない我々に、実感させるためかもしれません。
この飽食の時代に、本来自分たちの生活の最も身近なところに、ホラーの題材が転がっていたとは・・!本能に直結しているからこそ強烈な印象を与える。私は感激してしまいました。

前半の静かな中での緊張感とは打って変わって、後半はまるで「ドニ・ラヴァン・ショー!」彼の演技を見ているだけで、ものすごく面白かった。私、こういう癖のある親父の演技を、「もっとも美味しいもの」として堪能してしまう性癖があります。雨の中、家に帰る道すがら、ホクホクと幸せな気持ちで、ドニ・ラヴァンの演技を反芻してしまいました。

かさぶた一つを食べる時のあの表情とかね、常人じゃないし!

パンズ・ラビリンス』の残酷ファンタジー感とか、『ヘルボーイ』のロン・パールマンのCG要らずな鬼っぷりの好きな人には、きっと楽しめる本作だと思いますよ。

 

※ストーリー・・・
イギリスのとある田舎。5人兄弟の末っ子として生まれた親指トムは、大飢饉のあおりを受けて、両親に他の兄弟と共に森の奥に捨てられてしまう。森で迷ったトムたちは偶然にも立派なお屋敷にたどり着く。しかし、そこに住んでいたのは人喰い鬼だった・・・

 

関連記事

『エクス・マキナ』 古くて新しいSFと、ミニマリズムの閉塞的映像美

デジタルで映像がより鮮明になるに伴って、何処に一番美しさを感じますか。...
記事を読む

13日の金曜日スペシャル! 『10 クローバーフィールド・レーン』

13日の金曜日、おめでとうございま〜す! って、何がめでたいのかサッパ...
記事を読む

『ロブスター』 人間の世界で生きていて楽しい?生まれ変わるなら何になりたい?

これは、今一番自分が見たかった世界かもしれない。あなおそろしや。 ヨル...
記事を読む

『オデッセイ』 ユーモアとポジティブさと理系男子

「宇宙で一人取り残される話」と聞いて、思い出す映画は何?
人によっては...
記事を読む

『スター・ウォーズ フォースの覚醒』を 109シネマズ大阪エキスポシティ で見た!

このミーハー野郎が!…と言われるのは覚悟の上でございます。 映画ファン...
記事を読む

1,329

コメント




管理人にのみ公開されます

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


スパム対策をしています。コメント出来ない方は、こちらよりお知らせください。
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
『沈黙』 日本人の沼的心性とは相容れないロジカルさ

結論から言うと、あまりのめり込める作品ではなかった。 『沈黙』をアメリ...

【シリーズ秘湯】乳頭温泉郷 鶴の湯温泉に泊まってきた【混浴】

数ある名湯の中でも、特別エロい名前の温泉と言えばこれでしょう。 乳頭温...

2016年12月の評価別INDEX

年始に久しぶりに実家に帰ったんですが、やはり自分の家族は気を使わなくて...

とらねこのオレアカデミー賞 2016

10執念…ならぬ10周年を迎えて、さすがに息切れしてきました。 まあ今...

2016年11月の評価別INDEX & 【石巻ラプラスレポート】

仕事が忙しくなったためもあり、ブログを書く気力が若干減ってきたせいもあ...

→もっと見る

【あ行】【か行】【さ行】【た行】 【な行】
【は行】【ま行】【や行】 【ら行】【わ行】
【英数字】


  • ピエル(P)・パオロ(P)・パゾリーニ(P)ってどんだけPやねん

PAGE TOP ↑